BitMEX(ビットメックス)の使い方7ステップ完全マスター
BitMEXビットメックスの使い方を「手数料」「レバレッジ」や「入金」「注文方法」など、いま使い始める初心者でも分かるように解説します。

ビットメックスは 「知らないと損する、手数料を0円にする知識」や、
トレードで勝つために知りたい 「金利から上下を予想する知識」があるんです。

  この記事ではぼくが初めてトレードした日から、やってしまったミスとその対処法や、 ビットメックスで勝つための知っておいて欲しい知識その全てを盛り込みました。  

ヒロ
BitMEXはビットコインFXで利用者が世界で1番多い!

なぜ利用者が多いのかというと..!!

BitMEXが世界No1で選ばれる4つの理由

レバレッジ1倍から100倍まで自由にえらべる
手数料マイナス(受け取り)手数料もあり、手数料が格段に安い
出来高取引量世界一なので、注文が通りやすい
追証ゼロカットで借金リスクなしで安心

[ここから登録で]半年間手数料10%OFF

7ステップで完全マスター

はじめてBitMEXを使う方は10分程度の解説動画で、実際の操作をざっと確認しましょう。

まずはBitMEX(ビットメックス)の登録ページにアクセスして、メアドとパスワードを入力します。
本人確認はありませんので、パスポート等は不要です。

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

BitMEXの登録画面の使い方

登録するとメールが届きますので、メール本文にあるリンクをクリックしましょう。ここまで出来たら、アカウント作成は完了です。
さっそく入金しましょう。

BitMEXの入金画面の使い方

BitMEXは日本円の入金ができませんので、日本国内でビットコインを購入してBitMEXに送金する必要があります。

今回は日本国内で1番利用者の多いCoincheckを例に取って、CoincheckからBitMEXまでの送金方法を解説します。

コインチェックでビットコインを購入する

コインチェックでは販売所と取引所の2つの購入画面があります。
販売所はコインチェックが提示している価格で購入する分、手数料が高くなる傾向があります。

販売所でユーザーが提示している価格で購入すれば、手数料は国内最安値レベルで節約できますので、販売所で購入しましょう。

ビットコインを購入したら、BitMEXのサイトにアクセスし「アカウント」をタップします。

BitMEXのアカウントボタン-min

つぎに「入金」ボタンをタップします。

ビットコインアドレスをコピーします。

BitMEXのビットコインアドレス-min

再度、コインチェックのサイトに戻って、「コイン送金」を選択します。

「送金先リストの編集」を押して、新規宛先にビットコインアドレスを貼り付けます。
金額は送金したいビットコインの数量です。 手数料は早く送金したい場合は0.03BTC程度にしましょう。

概ね3時間程度でBitMEXに入金されますが、混雑している場合は半日程度かかる場合もあります。

BitMEXに着金したら

BitMEXでは1BTCを1XBTと表示します。
表示上はXBTですが、きちんとBTCとして出金できますのでご安心を。

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

注文画面の使い方

BitMEXに注文を入れてみよう

取引画面は「注文」「操作」「銘柄切り替え」「チャート」「注文履歴」の5つのウィンドウで構成されています。

BitMEX注文画面

BitMEX(ビットメックス)の基本的な注文方法は、テイカー(成行)注文メイカー(指値)注文、のつです。

数量はドル(USD)で入力しましょう

注文はドル単位で入れる

BitMEXではビットコインの発注数量をドル表示で入力します。
数量のバーに1と入力すると、1USD分なので約100円の注文です。

メイカー(指値)注文方法

BitMEXで指値注文を入れる方法

メイカー(指値)注文は数量「どのくらいの大きさの注文?」を、指値「いくらで」、買い.売りするか入力します。
上がると思ったら買い(ロング)で、下がると思ったら(ショート)を押します。

テイカー(成り行き)注文方法

BitMEXで成り行き注文を入れる方法-min (1)

テイカー(成り行き)注文は数量「どのくらいの大きさの注文?」のみを入力し、買い.売りするかだけです。

「成り行き注文は手数料が高い」ので、指値注文画面に表示される「Post-only」にチェックをすると、注文が指値に限定されます。

さらに高度な注文方法

ストップ成り行きの注文方法

BitMEXのストップ成り行きの注文方法

ストップ成り行きとは、指定した価格に到達した時に、自動的に注文する方法です。
「買い」と「売り」どちらかしか押せないようになっています。

「現在の価格より高い値段」を入力すると、「買いボタンが押せる」
「現在の価格より安い値段」を入力すると、「売りボタンが押せる」ようになっています。

基本的には「現在持っているポジションを損切りする時」に使います。

「トリガ時に決済」は最初からチェックが入っている項目ですが、
チェックが入っている事で「いま持っているポジション数のみ」が決済されます。
ここにチェックがないと誤った数量を入力した時に、余分なポジションを持つ可能性があります。

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

注文の取り消し方法

BitMEXの注文取り消し方法

注文を取り消す場合は注文画面から、下方向にスクロールして注文管理画面を表示します。

取り消したい銘柄の[X]を押せば取り消しできます。

注文の修正方法

BitMEXの注文修正方法

注文を修正する場合も同様で、下方向にスクロールして注文管理画面を表示します。
「数量」または「注文価格」を長押しする事で、修正値を入力できます。

利益確定および決済の方法

利益確定および決済をする方法は2通りあります。

BitMEXで手動により利益確定の決済を入れる方法

1つめは持っているポジションと同数の、反対注文を入力して
決済する方法ですが、この方法は入力ミスが発生しやすい方法です。

BitMEXでオーダー管理画面から利益確定決済を入れる方法

もう1つは注文管理画面の下の「オープンポジション」画面から決済する方法です。
ここに決済したい金額を入れれば指値(メイカー)注文で、「成行」ボタンを押せばテイカーで注文できます。

実現損益と未実現損益って?

実現損益は手数料などで既に発生しているもので、未実現損益はマイナス手数料や、現在の利益や損失などの未確定のものです。

未実現損益についてさらに詳しく

BitMEXの実現損益

実現損益は[注文手数料 + ファウンディング手数料]の合計です。
本来はマイナスになりますが、マイナス手数料の場合は受け取りになるので+表記になります。

BitMEXの実現損益

BitMEXの未実現損益

未実現損益は[値動きで得た損益]と[各種手数料]全ての合計です。

BitMEXの未実現損益

(ROE%)は利用した証拠金に対して、何%の利益を出したかが表示されます。
BitMEXは100分の1の証拠金しか使いませんので、100万円のポジションは1万円が証拠金です。

そのため1万円の利益が出ただけで(ROE%)100%になるので、少し大げさです。

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

BitMEXの手数料

BitMEX(ビットメックス)で発生する手数料は、この3種類です。

BitMEXの手数料

A 注文手数料(Taker/Maker)
B 決済手数料

C ファウンディング手数料

ビットコインの発注手数料

BitMEXの手数料はエントリーと決済でそれぞれ発生します。

ビットコインの場合は指値Maker(メイカー)で注文すると手数料は合計0円
成り行き(テイカー)で注文すると、0.2%(1BTC100万円の場合200円)です。

この計算にはマイナス手数料などの、少し複雑な計算があるので、詳しく知りたい方は↓↓↓をクリックして見てください。

手数料の詳しい計算式

指値注文のMaker(メイカー)手数料(A)

指値注文とは、金額を指定して注文を入れる方法です。
Maker手数料は-0.025%のマイナス手数料なので、成立すると受け取りになります。

参考

100万円の注文が成立した場合、-0.025%分の25円を受け取り。

成り行き注文のTaker(テイカー)手数料(A)

成り行き注文とは、金額を指定せずに「いますぐ」注文を成立させる方法です。
Taker手数料は0.075%なので、成立すると支払いになります。

参考

100万円の注文が成立した場合、0.075%分の75円を支払い。

決済手数料(B)

BitMEXでは決済時も0.05%の手数料が発生します。
これはビットコインの先物だけでアルトコインの決済手数料はありません。

ヒロ
A+Bが注文時の手数料なので、
指値なら手数料がかからず、成り行きだと発生するイメージです。
参考

100万円の注文指値の場合
(A)指値注文の手数料-0.025%が、エントリーで1回と決済で1回の合計2回発生。
マイナス手数料なので50円の受け取り。

(B)決済手数料0.05%発生するので、50円の支払い。
つまりエントリーと決済全てが指値の場合は、(A)+50円と(B)-50円により、手数料が合計0円になります。

100万円の成り行き指値の場合
(A)指値注文の手数料0.075%が、エントリーで1回と決済で1回の合計2回発生。 合計で150円の支払い。

(B)決済手数料0.05%発生するので、50円の支払い。
つまりエントリーと決済全てが成り行きの場合は、(A)150円と(B)50円により、手数料が合計200円になります。

アルトコインの手数料

アルトコインのは指値Maker(メイカー)で注文すると手数料はマイナス0.1%(100万円の場合100円の受け取り)

成り行き(テイカー)で注文すると、0.5%(100万円の場合500円の支払い)です。

ヒロ
アルトコインは成り行きの手数料が高いので、出来るだけ指値を使おう! 

全ての銘柄の手数料が見たい方は↓↓↓をクリックしてください。

BitMEX先物全銘柄手数料一覧
シリーズレバレッジメイカー料金テイカー料金決済料金
Bitcoin Cash (BCH)20x-0.0500%0.2500%0.0000%
EOS トークン (EOS)20x-0.0500%0.2500%0.0000%
イーサリアム (ETH)50x-0.0500%0.2500%0.0000%
カルダノ (ADA)20x-0.0500%0.2500%0.0000%
トロン (TRX)20x-0.0500%0.2500%0.0000%
ビットコイン (XBT)100x-0.0250%0.0750%0.0500%
ライトコイン (LTC)33.33x-0.0500%0.2500%0.0000%
リップル (XRP)20x-0.0500%0.2500%0.0000%

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

Funding(ファウンディング)手数料(金利)

ファウンディング手数料は、ポジションを持ち越すとかかる手数料です。

発生は8時間ごとの1日3回で-0.375%~0.375%の間で変動します。
手数料がマイナスの場合は、買い(ロング)は受け取り売り(ショート)は支払いになります。

ファウンディング手数料発生時間

日本時間 5:00 / 13:00 / 21:00

ファウンディング手数料は取引画面から確認が可能で、概ね0.01%以下の事が多いです。

BitMEXのファウンディング手数料の確認方法
ファウンディングコスト節約方法

BitMEXのビットコイン(XBT)取引は、決済期限がない無期限での取引が一般的。

しかし決済期限のある先物(例:XBTUSD1227)などは、ファウンディング手数料がかからないので、その期日までの長期ポジションであれば有利になる。

入金と出金の手数料

BitMEXでは取引所側の入金と出金の手数料は発生しません。
暗号資産の送金手数料(トランザクションフィー)のみが発生します。

トランザクションフィーは金額に関わらず0.001BTC程度が相場です。

BitMEXのレバレッジ

BitMEX(ビットメックス)レバレッジは最大100倍ですが、
アルトコインは銘柄ごとにレバレッジが異なります。

BTC(XBT)100倍
ETH50倍
BCH(ABC)20倍
LTC33倍
XRP20倍
EOS20倍
ADA20倍
TRX20倍

レバレッジの管理方法

BitMEXでは決められた最大レバレッジの中で、好きな数量の注文ができます。
何倍のレバレッジで注文するかは、注文をする時の注文数量で管理する。

1BTCが証拠金の場合

2BTC分の注文をしたらレバ2倍
10BTC分の注文をしたらレバ10倍

つぎにマージン(証拠金)の管理画面ですが、初期設定はクロスマージンになっており、ロスカットされた場合は証拠金が0になります。

それがイヤな方は、分離マージンを活用して証拠金の一部だけをトレードに使うようにしましょう。

クロスマージン

クロスマージンは、いまある証拠金が全てトレードに使える状態です。
維持率が高くなりロスカットリスクが下がりますが、カットされると全額失います。

分離マージン

分離マージンは、証拠金の一部だけをトレードに使う状態です。
維持率は低くなりますが、カットされても一部残ります。

BitMEXのクロスマージンから分離マージンへの変更
1x証拠金の1%しか使わないロスカットでも99%が残る
50x証拠金の50%しか使わないロスカットでも50%が残る
100x及びクロス証拠金の100%を使うロスカットで残らない
ヒロ
ちなみに、ぼくは初期設定のクロスから変更していません。 

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

チャート画面の見方と使い方

BitMEXのチャート画面で分析しよう

スマホで表示している場合は、このボタンを押して「有効」にします。

BitMEXスマートフォンでチャートを表示-min (1)

パソコン画面の場合は、チャートウィンドウの右下を引っ張る事で拡大できます。

BitMEXのチャートの使い方

チャート操作ボタンの使い方

時間切り替えボタンローソク足の時間軸の切り替える時に使う
設定ボタン色や表示ズレの修正などで使う
インジケーターボタン「MACD」などのオシレーターを表示する時に使う
比較ボタン2種類以上のチャートを比較する時に使う
大画面チャートボタンチャートを大画面表示する時に使う
キャプチャボタンスクリーンショットが撮影できる

その他のチャートツール一覧<br>
トレンドライン系トレンドや水系ライン、チャネルなどを引くときに使う
形状分析フィボナッチやピッチフォークを引くときに使う
ブラシ系線や楕円、四角などを引くときに使う
テキストテキストや吹き出し矢印を描くときに使う
チャートパターンエリオット波動などのチャートパターンを描くときに使う
スケール系リスクリワードバランスを見るときなどに使う
マーク系矢印やアイコンなどのイラストを描く時に使う
ズームチャートをズームする時に使う
スケールサイズを測る時に使う定規ツール
マグネットマグネットをオンにするとラインを引く時に、チャートに接着する
連続描画連続描画をオンにすると、連続でラインが引ける
インジケーターのロック鍵をオンにすると、ライン等の編集ができなくなる
インジケーター非表示非表示をオンにすると、ラインやインジが見えなくなる
レイヤー管理レイヤーをクリックすると、一括でインジなどの編集ができる
ゴミ箱ゴミ箱を押すと、描画した物が一括で消去できる

板の見方と使い方

BitMEXの板画面の見方と使い方

「デプスチャート」は表示されている板の厚さを視覚化したもので、
「最近の取引」はいわゆる「歩み値」の事で、実際に成立した注文が表示されます。

追証とロスカット

追証(おいしょう)とは、入金した証拠金以上の損失が出た時に「追加の証拠金」を請求されることです。
またの名をマージンコールとも言いますが、BitMEXには追証がありません。

追加入金が必要なマイナス圏に入る前にカットする「ゼロカット」という方式を取っていますので、借金をおうリスクはありません。

ロスカットされた場合は「精算通知」メールが届きますが、追加入金の催促はありません。

BitMEXの精算通知
BitMEXのロスカット基準

BitMEX(ビットメックス)ロスカット基準は、通貨ごとに異なります。

まず注文を入れる時には、「最小当初証拠金」が必要です。
BTC(XBT)は1%ですので、1XBTの注文を入れる場合は0.01XBTの証拠金が必要です。

ロスカット基準は0.5%ですので、残額が0.005XBTになると精算されます。

BitMEXのロスカット基準
銘柄最小維持証拠金最小当初証拠金
BTC(XBT)0.50%1.00%
XRP2.50%5.00%
BCH2.50%5.00%
ADA2.50%5.00%
EOS2.50%5.00%
TRX2.50%5.00%
ETH1.00%2.00%
LTC1.50%3.00%

大きなポジションのロスカット基準

ロスカット基準はポジションが大きい場合に限り変化します。
例えば1,000BTCの場合は、証拠金が5%の50BTCを下回るとカットされます。

ポジションが大きい場合のロスカット基準
銘柄最小維持証拠金
200XBT1.00%
300XBT1.50%
以降100XBTごとに+0.5%

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

証拠金維持率

証拠金維持率は「持っている資産」=「必要証拠金」が同数の時に100%になります。
BitMEXのはレバレッジ100倍なので、持っているポジションの100分の1が「必要証拠金」です。

証拠金が1BTC(XBT)の時の証拠金維持率

持っているポジション必要証拠金証拠金維持率
100XBT1XBT100%
1XBT0.01XBT10,000%

ロスカットされないための資金管理

BitMEXポジション精算価格の確認

ビットメックスではポジションを持つと「オープンポジション」の「精算価格」の欄にロスカットされる金額が表示されます。

事前にロスカット価格を計算するには、注文画面右上の[電卓]を使います。

BitMEXのロスカット計算機

「精算価格」のタブで、「数量」「参入価格」「レバレッジ」を入力すると、精算価格が表示されます。
「レバレッジ」は持っている証拠金の何倍分の「数量」かで入力しましょう。

BitMEXのアプリ

BitMEX(ビットメックス)のアプリは現時点ではリリースされていません。
2019年に一部のユーザーに公開してテストが行われていたので、まもなくリリースされる可能性があります。

現在はスマホのブラウザで全ての機能が利用でき、ホーム画面にショートカットを登録する事で、アプリのように利用できます。

androidの設定方法

androidアプリはありませんが、アプリのようにホーム設定ができます。
ログイン画面を表示して、「ホーム画面に追加」を選択します。

BitMEXのアプリ設定方法

スマホの注文が通らない場合

スマホからの注文は「誤動作防止機能」により、確認画面が表示されて注文成立まで時間がかかります。

スマホで素早く注文を入れるには、注文系の確認通知を全てオフにします。
ただしBitMEXは誤発注の取り消しが、絶対にできないのでこの方法を使う場合、証拠金の一部のみを使う「分離マージン」を推奨します。

BitMEXの注文をスマホで早く入れる方法

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

BitMEXの攻略法

BitMEXの攻略ポイントを覚えよう

ある程度ビットメックス(BitMEX)の操作に慣れたら、実践的にトレードするための攻略法を覚えましょう。

資金調達率の考え方

資金調達率(ファウンディング手数料)は、現在のポジションの買い(ロング)と売り(ショート)のバランスで決まります。
そのため資金調達率から、今後の値動きを予測する「需給指標」としての見方ができます。

BitMEXのファウンディング手数料の確認方法

まず、上の「資金調達率」の場合は0.01%ロングが支払い、ショートが受け取ります。
資金調達率がマイナス表示の場合、ロングが受け取り、ショートが支払います。

「支払う側にポジションがかたよって多い状態」です。

「0.02%を超えると、かたよりが過剰な状況」です。

かたよりが過剰な場合、是正のために反対に動く傾向があるのですが、
動く時間は概ね決まっていまして、ファウンディング手数料発生の数時間前から発生時間です。

ファウンディング手数料発生時間は日本時間5時、13時、21時です。

プラス表記(例:0.01%)マイナス表記(例:-0.01%)
ロングが支払い、ショートが受け取るロングが受け取り、ショートが支払う
ロングがたまっており、乖離している分売られて下げやすい。ショートがたまっており、乖離している分買われて上げやすい。

見せ板

ビットメックスでも見せ板は頻繁に出ます。
見せ板とは「実際に約定させるつもりのない注文」を、板に並べる事です。
板に大きな注文が並んでいるにも関わらず、歩み値を見ると「約定」しない。

少しずつ動かして実際には約定しないように動く
大きな注文が200万ドルを超える単位であれば、「見せ板の可能性が高いです」

BitMEXの見せ板

もし「売り側に大きな見せ板」がある場合、その板の下に個人投資家が並べるので、価格が下がります。
そのまま売り下がる場合もありますが、大抵の場合は「大きな売り見せ板を外します」

何が起きるかと言うと、売りのフタが外れるので「一気に上がる」わけです。
大口は少しでも安い価格で仕込むために、このような操作を行います。
大口側と逆のポジションになっていないか、確認する意味で注目しましょう。

アイスバーグ注文

アイスバーグ注文とは、板などの表面には出さずに、見えないように注文する事です。
参加者に気がつかれないように注文する事で、価格を動かさずにポジションをさばけます。

板の注文が少ないにも関わらず、歩み値で「どんどん約定」していたらアイスバーグ注文の疑いありです。

アイスバーグ注文は「大口が完全にクローズ」する時に行うものなので、
売り捌かれた場合は、その後の大口の買い注文は期待できなくなります。

ビットメックスには「アイスバーグ注文」を出す機能があり、
注文画面の[非表示]にチェックを入れると、板に注文が表示されなくなります。
※この場合指値のメイカーでも手数料0.075%がかかるようになる。

コンタンゴとバックワーデーション

BitMEXには決済期限がない「無期限」の他に、決済期限が定められた「先物」が存在する。
まず「先物はファウンディング手数料(金利)が発生しない」ので、長期ポジションに有利な事を覚えたい。

つぎに、同じビットコインにも関わらず先物ごとに価格差が生じる時の、捉え方を覚えたい。

先物の決済期限ごとに[期限が近い]ものより[期限が遠いもの]が高い状態をコンタンゴと言います。
コンタンゴは日本語で「順鞘」といい、「将来の値上がりが期待されている」正常な状態です。

[期限が近い]ものより[期限が遠いもの]が安い状態をバックワーデーションといい、日本語で「逆鞘」と言います。
これは直近で何らかの理由により急な買いが発生している状態で、「逆鞘に売りなし」という格言があるほど、買い手(ロング)が有利な状態です。

反対に「順鞘」の場合は最も価格が高い「長期先物」が、現在価格に近づいてくる可能性があるため「長期先物の売りが有利」ですが、「逆鞘に売りなし」ほどの強い意味合いはないので、ここは参考程度です。

BitMEXのロングショート比率

先ほどの資金調達率でのロングとショートの偏りを金利から読み解く方法は、
あくまでファウンディング手数料発生時間に向けた値動きを予測するための短期時間軸での考えです。

つぎにロングショートのかたよりを、もう少し長い時間でトレードに活用する方法を解説します。

まず基本をおさらいすると、「ロングがたまると、利確やロスカットで売り圧力」
「ショートがたまると、利確やロスカットで買い圧力」になります。

長い時間軸でポジションのかたよりを見るには、「チャートのどの部分でポジションがたまったか」が重要です。

Tradingviewのインジケーターで「Bitfinex」を検索し「Bitfinex Long vs Short」を表示します。
チャートと重ねて見る事で、価格の高い位置で積まれたロングの「クソポジ」やその逆を発見できます。

このインジケーターはBitfinexしか用意されていないので、どうしてもBitMEX分が見たい場合はBitMEXロングショートチェッカーを使います。

長期ポジションにおいてはBitfinexもBitMEXも相場への影響は同等程度なので、どちらも定期的に確認した方がいいです。

BitMEXの高等注文テクニック

「ストップ指値」と「トレイリングストップ」、「利食い指値」と「利l食い成行」の4つの特殊注文があり、うまく使う事で利益を伸ばす事ができます。

ストップ指値

ロスカットの時に「指値」で注文を出す事で、手数料を抑えられます。
ただしロスカット時は、予定外の値動きをしている可能性が高いので、指値で約定しない可能性があり危険なので使う事はないです。

トレイリングストップ

トレイリングストップは、価格の上昇や下落の「伸びに合わせて」ストップ(ロスカットまたは利益確定)を、伸ばしてくれる機能で、大変便利な機能です。

発注数量は「現在のポジション数」を入力し、トレイル値には「何ドル折り返したら」利確するかと入れます。

トレイリングストップは値動きに応じて、スロップロスの位置が伸びる

大きな下落や上昇が起きた場合に自動で決済してくれて、そこまでは持ち越してくれる機能です。

利食い指値

利食い指値は最初から板に指値を並べずに、「いくらになったら、いくらで指す」という高等テクニックです。
例えば10,000USDで指値を入れると嫌煙されてしまう時に、10,000USDをトリガー価格にして、9,950USDに指して玉をさばくような動作が可能です。

利食い成り行き

利食い成行は「決まった値段になったら、自動で成り行き決済する」方法です。
こちらも板に並べたくない時に、決まった価格「トリガ価格」到達で、成り行き決済できます。

BitMEXUPアップサイド利益契約

BitMEXUPアップサイド契約とは、毎週金曜日24:00(日本時間22:00)までの価格を予想するオプション取引です。

「UP 8月23日 10,500USD」いまの価格が10,000USDで、行使時点10,600USDの場合

行使時点で10,500USD以上なので、差額の600USDが受け取れます。
10,500USD以下の場合は購入したオプション代金がて全没収されます。

BitMEXDOWNダウンサイド利益契約

BitMEXDOWNダウンサイド契約とは、毎週金曜日24:00(日本時間22:00)までの価格を予想するオプション取引です。

「DOWN 8月23日 9,500USD」いまの価格が10,000USDで、行使時点9,400USDの場合

行使時点で9,400USD以下なので、差額の600USDが受け取れます。
9,500USD以上の場合は購入したオプション代金が全て没収されます。

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

ビットメックスのセキュリティ

ビットメックスのセキュリティレベルは高く、過去に目立ったハッキング被害もありません。
1日1回の出金は創業者3名のうち2名が、目視で出金依頼を確認し承認されない限り引き出しが行われません。

しかし個人のアカウントは、あくまで自己防衛する必要がありますので、しっかりセキュリティを強化しましょう。

2段階認証の設定方法

2段階認証とは、パスワードの他に数分間だけ有効な一時パスワードを発行する方法で、過去のパスワードが漏洩した場合も、この段階でブロックできる方法です。

まずトップページの[人型]のマークを押し「アカウントとセキュリティ」を選択します。
2段階認証を有効化で「Google Authentication」を選択します。

2段階認証を設定するには、ビットメックスのホーム画面で人型マークをクリックしてから、アカウントとセキュリティのページに移動します。 つぎに2段階認証のQRコードを表示し、グーグルの2段階認証アプリで読み込みます。

つぎにGoogle認証のダウンロードページで、AndroidかiOSどちらかをダウンロードします。
立ち上げたアプリで「QRコードを読み込む」か、認証コードを入力すれば完了です。

同じ画面の下に「安全なセッション時間」があり、チェックを外すとログイン継続時間が長くなりますがセキュリティレベルは下がります。

パスワードの変更方法

パスワードは定期的に変更し、他のサービスとは異なるものが望ましいです。
セキュリティレベルの高いパスワードを作成するのであれば、パスワード自動生成サービスの利用も手だと思います。

作成したパスワードはスマホなどには保存せず、紙などのオフライン上でBitMEXとは紐づかないように保存し、ブラウザのパスワード保存機能と2段階認証を合わせてログインするといいでしょう。

ビットメックスのtestnetでデモ取引

ビットメックス(BitMEX)testnet(テストネット)の使い方を解説します。
テストネットを活用する事で、実際の損失を出す事なくトレード手法のテストが可能です。

テストネットの操作方法はビットメックスの本番環境と全く同じですので、操作方法は「いま見ている」記事を参考にしてください。

入金方法だけ本番環境と違いますので、アカウント作成と入金方法だけ解説します。

testnetのデモアカウント作成

ビットメックスのtestnet(テストネット)のデモURLは本番URLとは異なります。
誤ってフィッシングURLを踏まない為にも、こちらのBitMEXtestnetからアクセスしてください。

ビットメックスのアカウントをすでに持っている場合でも、新たにテストネットのIDとパスワードの作成をする必要があります。

ログインすると0.1BTCがすでに反映されている状態ですが、テストデモ用の仮想資金なので出金はできません。

追加で入金する場合は本物のビットコインではなく、テストデモ用の仮想ビットコインを入金します。

testnetのデモアカウントへの入金方法

BitMEXのテストネットへの入金するには、テストネットの入金画面に表示されているテストネットビットコインの送金画面から手続きをします。

ビットメックスの本番環境と同様に「アカウント」から「入金」を選択します。
「テストネットビットコインは次の Faucet から自由に配布されます」の下をクリックします。

画像に載せている画面は3つのURLのうち、一番下のURLです。
ここに表示された乱数とtestnetビットコインアドレスと金額を入力してください。

これで本番と同様の環境で好きなだけ手法のテストができます!

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

アフィリエイトの始め方

ビットメックスでは全てのユーザーがアフィリエイトに参加できます。
まず「アカウント」を押し、「アフィリエイトのステータス」を選択します。
アフィリエイトのリンクを取得して、SNSやブログにリンクを貼ります。

アカウントを押し、アフィリエイトのステータスからアフィリエイトリンクを取得しコピーします

アフィリエイトは登録ユーザーの数と、直近の利用量はリアルタイムに反映されます。
ユーザーの毎日の利用分に応じて、日本時間21:00に口座に反映されます。

登録してくれたユーザーのトレード額の合計が999XBTまでは手数料の10%ですが、
1,000XBT以上で15%で、10,000XBT以上だと20%が紹介者に入ってくる仕組みです。

登録したユーザーも半年間手数料の10%割引を受けられるので、両者にメリットがある仕組みです。

手数料10%のメリットを訴求すると登録してくださる方が多い印象ですが、
既に口座を持っている方が再度アカウントを作り直す訴求は違反行為で、アカウントが凍結されますので、ご注意ください(経験済み)。

他にも自分で作成した口座で取得したアフィリエイトリンクで、自分でもう1つの口座を作成するいわゆる「自己アフィ」も凍結対象なので、ご注意ください。

インジケーター全種類まとめ

ビットメックスでは約140種類のインジケーターが登録されています。
調査時点の全てのインジケーターをまとめましたので、普段使っているものがあるかご確認ください。

A(あ)-Z(ん)順で使えそうなものは青文字で表記しています。

ABCDパターン Schiffピッチウォーク
Accumulative Swing Index Sine Line
AD SMIエルゴット
Average Direction Index Three Drivers Pattern
Connors RSI Time Cycles
Curve TRIX
Cyper Pattern VWMA
Date and Price Range XABCDパターン
Double Curve アーノルド・レガックス移動平均<
Elliott Collection Wave アーロン
Elliott Double Combo Wave アンカーノート
Elliott Impulse Wave インサイド・ピッチウォーク
Elliott Triangle Wave ウィリアム
Elliott Triple Combo Wave ウィリアム・アリゲーター
EMA Cross ウィリアム・フラタクル
Ghost Feed エンダーのフォース係数
Hull 移動平均 オーサム・インジケーター・オシレーター
MA With EMA Cross オン・バランス・ボリューム
MACD ギャン・スクエア
Mc Ginley ダイナミクス ギャン・ファン
Moving Average Channel ギャン・ボックス
Price Channel クリンシガーオシレーター
RSI ケルトナーチャネル
RVI 相対的活力指数 コボック曲線
インジケーター及びオシレーター「シ〜」
ジフザグ バルーン
シャンデ・モーメントオシレーター ピッチウォーク
シャンデクロールストップ ピッチライン
ショートポジション フィッシャー変換
ストキャスティクスRSI フィボナッチ・ウェッジ
ストキャスティング フィボナッチ・スパイラル
スムース・移動平均線 フィボナッチ・スピード抵抗ファン
チャイキン・オシレーター フィボナッチ・スピード抵抗円弧
チャイキン・マネー・フロー フィボナッチ・チャネル
チャプゾーン フィボナッチ・リトレースメント
チョピネス・インデックス フィボナッチ・円
データ範囲 フィボナッチ・延長ベースのトレンド
テキスト フィボナッチタイムゾーン
テキストリンク フィボナッチ時間ベースのトレンド
トリプルEMA プライスオシレーター
トレンドライン プライス出来高トレンド
トレンド角 ブラシ
トレンド除去価格オシレーター フラッグマーク
ドンチャンチャネル ヘッド&ショルダー
ネット出来高 ボーデクス・インディケーター
ノウンシェアアティング ボラタリティ履歴
ノート ボリンジャー%
バーのパターン ボリンジャーバンド
パラボリックSAR ボリンジャーバンド幅
バランスオブパワー レイ
インジケーター及びオシレーター「ロ〜」
ロングポジション 上矢印
移動平均の交差 真力指数
移動平均線 垂直線
右矢印 水平ライン
円ライン 水平レイ
円弧 折れ線
延長 線型回帰曲線
下矢印 相対ボラティリティ指数
価格ラベル 楕円
価格レンジ 長方形
幾小事情移動平均 投影
究極オシレーター 騰落ライン
傾斜長方形 平均トゥールー・レンジ
呼び出し 平行チャネル
交差しない角度 変換Schiffピッチウォーク
左矢印 補正係数
三角 方向性指数DMI
三角パターン 矢印
指数移動平均 予測
上下ライン 2重EMA

このリンクから登録すると半年間手数料10%OFF!!

おすすめの記事