bybit メリットのアイキャッチ画像

Bybitは、シンガポールで設立された日本人に人気がある海外大手の暗号通貨取引所ですが、自分の大事な資産を運用する上でどのようなメリットやデメリットがあるか気になるところです。

国内の取引所ではなく、海外の暗号資産取引所を使う上でのメリットやデメリットを事前に把握しておくことで、投資スタイルとのマッチングやリスク回避ができます。

 
Bybitのメリットとデメリットはどう?
 
Bybitの口コミ評判も知りたい!

ここでは、そんな海外の大手暗号資産取引所であるBybitを利用する上での、メリットやデメリットを洗い出していますので事前にチェックしておくのをおすすめします。

この記事を読むと分かること
  • Bybit(バイビット)のメリット
  • Bybit(バイビット)のデメリット
  • Bybit(バイビット)の特徴について
  • Bybit(バイビット)ユーザーの口コミ評判を紹介
  • Bybit(バイビット)が日本人ユーザーから人気な理由

Bybit(バイビット)の5つのメリット

Bybitを使うメリットは、大きく5つあります。

Bybitのメリット
  • 日本語に対応しており利用しやすい
  • 通貨ペアが豊富
  • クレジットカードで入金可能
  • ゼロカットシステム搭載
  • レバレッジ最大100倍

海外暗号資産取引所であるBybitならではのメリットも、Bybitにしかないメリットもありますので、利用の検討材料として利用することをおすすめします。

1.日本語に対応しており利用しやすい

Bybitは、公式サイトはもちろん困った時のサポートセンターやアプリなども全て日本語対応しており、高い安心感があるのがメリットです。

海外取引所の中には、日本語対応していない取引所もありますが、カスタマーサポートまで含めたBybitは、おすすめポイントのひとつです。

2.通貨ペアが豊富

Bybitは、150種類以上の取引ペアを用意しており、好きな暗号資産の取引が可能というメリットがあります。

Bybitには決済期限のあるインバース契約と、決済期限のない無期限取引があり、好きな取引ペアから好きな期間取引できるのがポイントです。

3.クレジットカードで入金可能

Bybitでは、クレジットカードでの入金に対応しており、実質日本円で仮想通貨が購入できる特徴があります。

Bybitで利用できるカードブランドは、VisaとMastercardの2銘柄でUSDT・BTC・ETH・USDC・XRPといった15種類以上の通貨を購入できるのがポイントです。

4.ゼロカットシステム搭載

Bybitは、口座マイナスをカットするゼロカットシステムを搭載しています。

ゼロカットシステムとは、想定と異なる相場変動によりロスカットが間に合わず損失が発生した際に、業者が損失分を負担してゼロまで戻してくれるシステムを指します。

Bybitは、ゼロカットシステムを搭載しているため、レバレッジを活かした取引に臨めるという特徴があります。

5.レバレッジ最大100倍

Bybitでは、最大レバレッジが100倍と海外仮想通貨取引所の中でも高水準となっています。

同社が提供するペアのうち、BTCとETHが最大100倍のレバレッジをかけて大きくトレードでき、その他の暗号資産は25倍〜50倍のレバレッジをかけたトレードが可能です。

Bybitは、レバレッジを大きくかけたトレードが可能な点が特徴のひとつです。

Bybit(バイビット)の3つのデメリット

海外取引所であるBybitには、3つのデメリットがあります。

Bybitのデメリット
  • 出金できる回数に制限がある
  • 円建てでトレードできない
  • 出金手数料が割高

海外取引所ならではのデメリットと呼べるものや、Bybitが抱えているデメリットもありますので、利用検討する材料として参考にするのをおすすめします。

1.出金できる回数に制限がある

Bybitでは、資産保護を目的とした出金制限を設けており、同社が設定している出金制限は、本人確認レベルに応じて段階が異なります

同社の出金制限は以下のように設定されています。

本人確認(KYC)レベル出金限度額
レベル02BTC
レベル150BTC
レベル2100BTC

また、アカウントのパスワードや登録携帯番号の変更、Google承認システムの手動で無効にするなどの行為後は、アカウントと資産セキュリティ保護のため24時間の出金制限がかかるので注意が必要です。

なお、以前Bybitが設定していた出金時間は廃止され、現在ではトランザクションの混雑状況にもよりますが、10分〜出金処理されています。

2.円建てでトレードできない

Bybitでは、日本円(JPY)建てでトレードできない点がデメリットのひとつとして挙げられます。

同社では、主に米ドル(USD)のペッグ通貨であるUSDTが使用されており、USDTとのペア取引が無難になります。

ペッグ通貨とは?

仮想通貨でありながら現物通貨と1対1のほぼ同等の価値で同じ値動きをする通貨を指し、USDTはUSDのペッグ通貨として普及しています。

普段使い慣れている、日本円を米ドル(USD)のペッグ通貨であるUSDTで運用することになるため、慣れてくるまで少し時間がかかるのがデメリットとして挙げられます。

3.出金手数料が割高

Bybitは、出金手数料が割高というデメリットがあります。

Twitterの口コミ評判では、Bybitの出金手数料が高いという口コミが散見されました。

その一方で、Bybitの出金手数料は安いというコメントもあり、違いとなっているのが暗号資産による出金手数料が異なることで出金にかかる手数料が異なっているようです。

Bybitでは、出金手数料は出金額にかかわらず一律となっているので、通貨の種類によってトランザクションによる差も発生している可能性があります。

Bybit(バイビット)の6つの特徴

Bybitには、大きく6つの特徴がある海外の暗号資産取引所です。

Bybitの特徴
  • 日本語対応で利用しやすい
  • 充分な取引量に対応できる
  • テストネットが利用できる
  • 最大100倍のレバレッジ
  • ゼロカットシステムを採用している
  • 頻繁に開催されるボーナスキャンペーン

Bybitは、海外取引所ならではの特徴に加え、独自のメリットもある人気の取引所です。

ここでは、Bybitがもつそれぞれの特徴をひとつずつ解説していますので、Bybitの特徴を活かせるように事前にチェックしておくことをおすすめします。

1.日本語対応で利用しやすい

Bybitは、日本語対応を全てにおいて完了しており、外国語に壁を感じる方でも安心して使える設計になっています。

ホームページだけでなく、困った時に相談できるサポートセンターや、スマホアプリも日本語対応しているため、日本国内の取引所と変わらない感覚で使えるのが特徴です。

2.充分な取引量に対応できる

Bybitは、ボラティリティーが大きくなったタイミングであっても通常どおり取引ができる体制が整っているのが特徴です。

直近であった、コロナウィルス蔓延による暗号資産相場が大きく変動した際、他の海外取引所の処理が一時滞った中、同社はサーバーがダウンすることなく動き続けたことで認知されています。

Bybitでは、いつでも充分な取引量に対応できるだけの環境が整っている点が特徴です。

3.テストネットが利用できる

Bybitでは、テストネットと呼ばれるデモ口座が利用できる特徴があります。

同社のテストネットでは、架空の資金を運用し暗号資産トレードに挑戦でき、いきなり投資しなくても学習できるメリットがあります。

Bybitでは、暗号資産トレードが初めてでも運用を体験できるテストネットが整っているため安心して本番さながらのトレードが可能です。

4.最大100倍のレバレッジ

Bybitでは、暗号資産トレードにおいて、最大100倍のレバレッジをかけたトレードができる特徴があります。

同社の最大100倍のレバレッジをかけられる通貨は、BTCとETHが対応しており、他のアルトコインについては25倍〜50倍のレバレッジをかけたトレードが可能です。

高レバレッジになれば、その分リスクも高まるのでBybitで高レバレッジにてトレードする場合はリスク管理も充分に行ってトレードするのをおすすめします。

5.ゼロカットシステムを採用している

Bybitでは、ユーザーの大きな損失を防ぐゼロカットシステムを採用しているのが特徴です。

ゼロカットシステムとは?

急激な相場変動によりロスカットが間に合わずに損失を抱えた場合に、口座残高を上回る損失分を同社がカットしゼロまで戻すシステムを指します。

Bybitでは、このゼロカットシステムを採用していることで、高いレバレッジをかけたトレードを万が一失敗しても負債を抱えることなくできるのが特徴です。

6.頻繁に開催されるボーナスキャンペーン

Bybitでは、平時から開催しているキャンペーンに加え、期間限定のキャンペーンも多数開催しており、豊富なボーナスキャンペーンが開催されているのが特徴です。

Bybitのキャンペーンは、入金額に応じるものや取引高に応じるものなど多方面から開催されていて参加しやすいのもメリットです。

Bybit(バイビット)ユーザーの口コミを紹介

Bybitには、どのようなユーザーからの口コミがあるのでしょうか。

同社は、海外の取引所ながら日本人に人気でユーザー数も数多く抱えており、さまざまな意見や口コミがSNSには投稿されています。

ここでは、Bybiのユーザーから寄せられた口コミをまとめました。

Bybit(バイビット)の良い口コミ

Bybit利用者からは、どのような良い評判があるのでしょうか?

日本人ユーザーが多くいる同社は、ユーザーからどのような口コミが集まっているのか気になるところです。

Bybitは、クレジットカードで入金して暗号資産を購入できる使い勝手の良さを評価している声がありました

Bybitでは、期間限定でクレジットカードでの入金手数料が無料となるキャンペーンを開催していたこともあり、キャンペーンのタイミングを利用して活用することをおすすめします。

Bybitの、カスタマーサポート・運営に対するよい口コミも見受けられました

海外取引所は、日本語対応しているとはいえ親切にかつ迅速に対応してくれる取引所は多くありません。

しかし、Bybitではこのユーザーに対しては問題解決へと結びつけており、期待値を超える対応してくれたことに対していい口コミが寄せられていました。

Bybit(バイビット)の悪い口コミ

Bybitには、どのような悪い評判・口コミがあるのでしょうか。

実際に利用しているユーザーは、同社に対してどんな不満を抱えているのかをチェックすることで未然に避けられたり対策を講じることが可能です。

ここで、Bybitに対する悪い評判・口コミを集めてみました。

Bybitの、手数料が高いという口コミが見受けられました

同社では、MakerとTakerそれぞれの手数料が異なる取引があり、注文方法やタイミングによっては手数料がより多くかかるTakerとなってしまいます。

また、同社の定めるVIPレベルが低い間は、どうしても手数料は高めに設定されています。

Bybitでは、VIPレベルをあげることで各種取引手数料を下げられるほか、現在現物取引料が無料となるキャンペーンを期限定めずに開催しているので、この機会に活用して試してみるのもおすすめです。

Bybitの入金ボーナスについて、注意喚起を促すコメントが見受けられました

同社の開催している各種ボーナスは、出金できるものではなく、トレードの証拠金や手数料として活用できるボーナスです。

Bybit問わず、海外取引所のこうしたボーナスは証拠金の一部や手数料として活用できるものと把握しておく必要があります

Bybit(バイビット)が日本人のユーザーから人気の理由

Bybitは、日本人ユーザーから主に3つの観点から人気がある取引所となっています。

Bybitが人気の理由
  • 追証がないのでリスクが限定されている
  • 24時間安心サポート
  • 直感的に操作しやすい

ここでは、Bybitが海外の取引所ながら日本人ユーザーから一定数支持を集めている要因をまとめました。

1.追証がないのでリスクが限定されている

Bybitは、万が一トレードに失敗してロスカットが間に合わず口座残高を割って損失を抱えてしまった場合に、抱えた損失を無かったことにしてくれます。

通常は、口座残高を割ってしまい抱えた含み損は補填しなければいけませんが、Bybitでは口座マイナス分をゼロ値まで戻してくれるため、大きな損失を抱えてしまったとしても穴埋めする必要がないため安心してトレードできる点が人気のひとつです。

2.24時間安心サポート

Bybitの公式サイトは完全日本語対応しているほか、トラブル時には24時間365日カスタマーサポートが対応してくれることから人気があります。

Bybitは海外の取引所ですが、国内の取引所と同じようなレベルで日本語でのチャットやメールでのやり取りに対応しており、スムーズなやり取りが期待できるので言語の壁で悩む心配がないため安心して使える点で人気です。

3.直感的に操作しやすい

Bybitは、公式サイト・取引画面・スマホアプリを提供していますが、どれも使い勝手がいいとの声があります。

特にメインとなる同社の取引画面は、シンプルなデザインで直感的に操作しやすくなっており、注文ミスも起こりにくい設計になっていることが好感されています。

Bybitは、複雑な操作が必要でなく直感的に操作しやすいシンプルな設計が人気のひとつとなっています。

Bybit(バイビット)に関するよくある質問

Bybitには、普段どのような質問や問い合わせが寄せられているのでしょうか。

寄せられた質問や、問い合わせ内容を事前に把握しておくことで同様のケースでのつまずきやトラブルを回避できるようになります。

ここでは、Bybitに関するよくある質問をまとめましたので事前にチェックするのをおすすめします。

1.本人確認完了後の1日の出金上限額はいくらですか?

Bybitでは、本人確認(KYC)のレベルに応じて出金上限額が設定されています。

本人確認レベル1日の出金上限額
本人確認なし2BTC
本人確認レベル150BTC
本人確認レベル2100BTC

本人確認を終えていないと、Bybitではまとまった出勤ができないので、早めに本人確認レベルを引き上げておくのをおすすめします。

2.クレジットカード・デビットカードにも対応していますか?

Bybitでは、クレジットカード・デビットカードによる暗号資産の購入が可能ですが、Mastercard・Visaカードの2種類となっています。

3.年間取引報告書のダウンロード方法を知りたい

Bybitでは、年間取引報告書のダウンロードは用意していません

ユーザー各自で、取引画面の決済履歴からチェックしていく必要があります。

4.Bybitで出金制限がかかる時はある?

Bybitでは、ユーザーの資産保護のため下記の情報変更した際には24時間の出金制限がかかります。

出金制限がかかるケース
  • 電話番号変更
  • メールアドレス変更

機種変更や、登録に誤りがあった場合はすみやかに情報変更しておくことをおすすめします。

5.入金反映までにどれくらいの時間がかかる?

Bybitの口座へ、国内の取引所から暗号資産を送金した場合、30分〜1時間前後かかります

国内の取引所から、出金処理する処理時間に加え、トランザクションの混雑状況とBybit口座に入金反映する処理時間がかかるため、時間に余裕を持って送金処理するのをおすすめします。

まとめ

Bybitは、海外暗号資産取引所ならではの特徴に加え、さまざまなキャンペーンや独自の特徴を持つ日本人に人気の取引所であることがわかります。

まとめ
  • Bybit(バイビット)は日本語に対応し、ゼロカットシステムを採用した最大レバレッジ100倍で取引できる
  • Bybit(バイビット)は豊富な通貨ペアが用意されている
  • Bybit(バイビット)は出金回数に制限がある
  • Bybit(バイビット)は両建て取引できない
  • Bybit(バイビット)は良い口コミが圧倒的に多い

同社は、海外の取引所でありながら日本語に対応しておりサポート体制も充分確立しているため、日本の暗号資産取引所とほぼ変わらない取引が期待できます。

Bybitが提供している、各種キャンペーンや特徴を理解し、うまく活用してトレードするのをおすすめします。

おすすめの記事