【海外FX取引所FXGT】仮想通貨ビットコインのレバレッジ取引とは?の画像
出展元:「FXGTより」

本記事では、海外FX取引所FXGTで仮想通貨ビットコインのレバレッジ取引をする魅力についてご紹介します

ビットコインのレバレッジ取引についてご紹介!

FXGTをご紹介!

FXGTの画像
出展元:「FXGTより」

FXGTは、最大レバレッジ「500倍」で取引でき日本語に対応した「海外FX取引所」です。

FXGTでBTC(ビットコイン)のレバレッジ取引きも可能です。

以下で、FXGTの魅力とFXGTでビットコインレバレッジ取引についてご紹介します

FXGTの最大の魅力

FXGTには、「最高のトレーディングコンディション」「感動のトレード体験」「パワフルなツール」で全てのトレーダーに最適な環境を提供してくれます。

以下で、FXGTの魅力的な特徴をご紹介します

FXGTの特徴を紹介

FXGTの特徴の画像
出展元:「FXGTより」

FXGTには大きく3つの魅力的な特徴があります。

FXGT特徴
最高のトレーディングコンディション感動のトレード体験パワフルなツール
500倍の最大レバレッジ100%の高い約定率MT5トレードプラットフォーム
低いスプレッド&スワップMT5口座通貨顧客資金とFXGTの運営資金はTier-1(ティア1)の銀行で分別管理
低い最低取引ロット高品質なカスタマーサポート直感的な操作で誰でも使える
入金・出金手数料0円24時間365日取引・入金できる2段階認証の高度なセキュリティ

FXGTは「仮想通貨トレーダーに人気がある業者」ですが、FXと仮想通貨取引においても非常に「バランスの取れた使いやすい業者」ということで注目を集めてきています。

また2020年9月1日~9月30日の実施期間で、主要通貨の取引でスプレッドの「10%キャッシュバック」といった「取引キャッシュバックキャンペーン」などトレーダーには嬉しいイベントも定期的に開催しています。

こちらの「取引キャッシュバックキャンペーン」は、「EURJPY、BTCJPY」など軽10種類の人気ペアが対象なので、キャンペーンを受け取りたい方は事前に調べておくなどの注意が必要です。

FXGT期間限定キャンペーン

【期間限定】
初回登録3,000円
さらに初回40,000円入金で40,000円
トレード用証拠金が適用されます!

【NEW!】VISA・master・JCB入金に対応しました!

FXGTを利用できる機器は?

FXGTを利用できる機器についての画像
出展元:「FXGTより」

Rating: 1 out of 5.

FXトレードを行っている人の中には、「もっと手軽にトレードしたい」「FXトレード初心者だけど、モニターとか揃えないといけないの?」など手軽にトレードしたい人やFXトレードに不安を感じている初心者が多くいるのが事実です。

そこでFXGTの全世界で使われている最も信頼性の高いトレードツール「MT5」を使えば、「スマホ」「PC」でFXトレードを行うことができます。

スマホでFXトレードをするメリット・デメリット

トレーダーと聞くと多くの人は、「たくさんのモニターが並んでいる」「モニターに表示されたチャートを1日中見ている」というイメージを持つかもしれません。

確かにそのようなトレーダーはたくさんいます。

しかし、スマホが普及してからというもの良い運用成績を残しているトレーダーの中には、「スマホ」だけでトレードしているという人も少なくありません。

FXGTの全世界で使われている最も信頼性の高いトレードツール「MT5」を使えば、パソコンが必要なくいつでもどこでも「スマホでFXトレード」ができる事が分かりましたが、スマホだけでトレードをするのも「メリット・デメリット」があります。

以下で、スマホでFXトレードをするメリット・デメリットをご紹介します

【スマホでFXトレードをするメリット】
1.場所や時間にとらわれない
2.隙間時間にできる
3.取引開始までが早い
4.シンプルな取引画面

1.場所や時間にとらわれない

スマホでトレードする際は、「場所や時間にとらわれない」というのが最大のメリットです。

「パソコンの前に座ってチャートを分析する時間がない方」でもスマホを使えば、「通勤途中」「仕事の休憩中」「カフェ」など様々な場所で、ニュース速報やチャートの確認をしながら売買することができます。

2.隙間時間にできる

スマホでトレードすることで、「ちょっとした隙間時間」でトレードできるという魅力があります。

パソコンがなくてもアプリで「為替相場」を確認することができるので、「買い時・売り時」を逃すことなくできます。

また相場に影響がでるような不測の事態に陥っても、スマホですぐに「ポジション決済」できるなどの対応が即座に取れます。

3.取引開始までが早い

パソコンで取引を開始する場合は、「パソコンの立ち上げ」を行う時間が必要になります。

パソコンの電源を入れて→ログインしてetcなど時間が掛かってしまいます。

しかし、スマホなら即座に電源を入れることができ「すぐにチャートアプリを立ち上げできる」という魅力があります。

素早くトレードできるので「チャンス」を逃すこともありません。

4.シンプルな取引画面

スマホはパソコンよりも小さい画面なので「操作しづらいんじゃ…」「見づらいのでは?」と思う人が多いと思います。

その考えとは全くの逆で、スマホアプリは「作りがシンプル」で「直感的な操作」ができるように工夫されています。

なので、スマホでFXトレードをしたいという人でも安心できます。

【スマホでトレードをするデメリット】
1.チャート画面が見づらい
2.通信環境に左右される

1.チャート画面が見づらい

スマホでトレードする場合は、相場変動を示す「チャート画面が見づらい」というデメリットがあります。

FXトレードでは、「5分足」「1時間足」などの「時間足」で時間軸を分けて、チャートを見ながら相場を分析するのが有効です。

しかし、スマホだとパソコンよりも画面が小さいので「確認できるチャート幅が狭い」「操作性がパソコンよりも劣る」など欠点があります。

「チャートを見ながらトレードしたい!」という方は、パソコンでトレードすることをおすすめします。

2.通信環境に左右される

パソコンは有線に繋げることができるので「回線速度が速い」ですが、スマホの場合は利用者が多い時間帯は、通信環境が安定しないときがあり、「肝心の注文が通らない」など不測の事態に陥る可能性があります。

また最近では、「スマホでも有線接続できる機器」もあるので接続してトレードする際は自己責任で試してほしいと思います。

FXGT期間限定キャンペーン

【期間限定】
初回登録3,000円
さらに初回40,000円入金で40,000円
トレード用証拠金が適用されます!

【NEW!】VISA・master・JCB入金に対応しました!

ビットコインのレバレッジ取引とは

仮想通貨(ビットコイン)のレバレッジ取引とは、証拠金を口座に預け入れ、それを担保にすることでレバレッジ倍率分の取引ができるという仕組みのことです。

仮想通貨の取引には、レバレッジ取引の他に「現物取引」があります。

現物取引は、「その時の売買代金で取引を行う」方法で、保有している資金の範囲内で仮想通貨を取引します。

例を挙げるなら、100万円をお取引の口座に入れておくことで、「100万円分の仮想通貨を購入する」ことができます。

一方レバレッジ取引で例を挙げるなら、レバレッジを4倍にしたレバレッジ取引では、100万の証拠金で「400万円分の仮想通貨」を購入することが可能です。

更に、先に「売り」からスタートできるという特徴もあります。

高いときに仮想通貨を売って、相場が下がったタイミングでまた買い戻すことができ「利益を生む」ことができます。

ここまでで、現物取引とレバレッジ取引の違いが明確になったと思います。

以下で、FXGTでビットコインのレバレッジ取引をするメリット・デメリットをご紹介します

FXGTでビットコインのレバレッジ取引をするメリット・デメリットを紹介

FXGTでビットコインのレバレッジ取引には、知って得する「メリット」と覚えておいて欲しい「デメリット」があります。

メリットとデメリットを覚えておくことで、利益を膨らませることができたり、損失を最低限に抑えることができると思います。

【FXGTでビットコインのレバレッジ取引をするメリット】
1.大きなリターンが見込める
2.コインの価格が下がっても利益を生み出せる
3.基本的に借金を背負うことがない

1.大きなリターンが見込める

FXGTでビットコインのレバレッジ取引をすることで、「大きなリターンを生み出す」ことができます。

例を挙げると、10万円を証拠金にレバレッジを「10倍」かけることで、100万円の資金を取引することができます。

もし1BTC(1ビットコイン)=100万円だったとしたら、10万円で1BTC購入することができ、1BTC=120万円に値上がりしたら差額の「20万円」が全て利益になるのです。

このように少ない資金でも「大きなリターンを得る」ことが可能なのがレバレッジ取引の最大の魅力です。

2.コインの価格が下がっても利益を生み出せる

レバレッジ取引は「売りの注文」から取引を始めることができます。

これはどういうことかと言うと、ビットコインの価格が下がっている時でも「利益を生み出すことができる」ということなのです。

「買い」から始める現物取引は、相場が下落している時「取引に参加しても必ず損をします」。

その点レバレッジ取引は、「売りの注文」からでも取引に参加できるので「ビットコインの価格が下落中であっても利益を生むことができます」。

3.基本的に借金を背負うことがない

レバレッジ取引では、取引所が「証拠金維持率」や「追証ゼロ」といった仕組みが用意されています。

これら仕組みによって、「証拠金として預けている以上の金額」を損失することはありません。

【FXGTでビットコインのレバレッジ取引をするデメリット】
1.利益が大きくなる分損失も大きい
2.手数料が高く長期取引に向かない

1.利益が大きくなる分損失も大きい

レバレッジ取引では、レバレッジを何倍も掛けることができますが、その分「損失」も大きくなります。

例を挙げると、1BTC=100万円のビットコインがある日1BTC=90万円に。

この時、100万円をレバレッジ5倍で取引をしていたとしたら500万円分のビットコインを100万円で購入したことになるので→50万円の損失になります。

このようにレバレッジ取引はレバレッジを何倍も掛けることはできますが、損失も大きくなる可能性があるということを覚えてほしいと思います。

2.手数料が高く長期取引に向かない

レバレッジ取引は、「スワップポイント」と呼ばれる手数料があることから「長期取引に向かない」というデメリットがあります。

スワップポイントは「日にちをまたいでポジションを保有する」と発生する仕組みなので、1日以内の取引で完了できるのであれば「手数料を払う必要がない」ですが、長期的に保有する場合は「毎日手数料」が発生します。

取引所によって手数料は変わるのですが、「0.04円/日」が多いと言われいます。

おすすめの記事