IG証券のチャート機能とは?それぞれの特徴やメリットを完全解説!

IG証券では魅力的なチャート機能が用意されており、取引を行う際に活用すれば非常に便利です。

しかし、具体的にどのようなチャート機能が使用できるのか知りたいという方も多いのではないでしょうか。

今回の記事では、IG証券で使用することのできるチャート機能について詳しく解説していきます。

 
IG証券のチャートってどんなツールがあるの?
 
性能は良いの?
ヒロ
IG証券では取引を行う上で充実したチャート機能が用意されています。

IG証券のチャート機能について解説します

<strong>IG証券のチャート機能について</strong>
  1. Webブラウザ版取引システム
  2. ProRealTime(プロリアルタイム)チャート
  3. トレーディング・アプリ

Webブラウザ版取引システム

参考:IG証券:Webブラウザ版取引システム

Webブラウザ版取引システムはIG証券でトレードを行う際に使用できる基本的なチャートツールです。誰でも無料で利用することができ、豊富なテクニカル機能を利用することができます。

以下ではそんなIGチャートの特徴を詳しく解説していきます。

多様なテクニカル指標を活用することができる

Webブラウザ版取引システムでは30種類ほどのテクニカル指標に対応しており、分析機能も充実しています。

以下の画像は実際にボリンジャーバンドを用いてチャート分析を行なっているものです。

実際の取引画面

このほかにも、以下のような指標分析が用意されているのであらかじめチェックしてみてください。

利用できる指標分析(一部)
  • EMA
  • KDJ
  • MACD
  • RSI
  • アルーン
  • オーサム
  • STC
  • チャイキン
  • DMI
  • その他etc

操作性に優れている

IG証券のWebブラウザ版取引システムはブラウザ版のツールであるにも関わらずサクサクと操作できる快適さを実現しています。

素早く注文したい時に画面がフリーズしてしまえば不便さを感じる場面もあるでしょう。

しかし、こちらのツールでは発注操作からチャートの設定、画面上のカスタマイズまで全ての操作を快適に行うことができます。

分析機能だけではなく、操作性にも優れているのは大きな強みと言えるでしょう。

ニュースや情報サービスが画面上で見れる

この他にも、IG証券のWebブラウザ版取引システムでは、ニュースや情報サービスを画面上で見ることができます。

以下のように、チャートレーダーの右側にTwitter上のニュースが表示されるのです。

画面右側に、Twitterのニュース情報が見れる

こうした機能により、ニュースに着目しながら取引を行うことが可能になるでしょう。

毎回ニュースを確認しなくて済むため、利用する上で優れた機能であることが分かります。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

ProRealTime(プロリアルタイム)チャート

IG証券では、上級者向けのチャート機能としてProRealTime(プロリアルタイム)チャートが用意されています。このプラットフォームではプログラム言語による自動取引システムや自由なカスタマイズ性など、非常に優れた性能を使用することが可能です。

以下ではそんなProRealTimeチャートの魅力や特徴について詳しく解説していきます。

ProOrder(プロオーダー)が利用できる

ProOrder機能とは、ProRealTimeチャートに設備されている自動売買システムのことです。利用することで以下のようなメリットがあります。

ProOrder機能のメリット
  • プログラムを設定することで、自動的にFXトレードやCFD取引が行える
  • 自分で構築しなくとも、第三者が作り上げたストラテジーを利用できる
  • ストラテジーを設定することができない場合も、サポート機能を活用すれば構築可能
  • 過去のデータに基づいたストラテジーの検証を行うことができる
  • 自動取引であるため、自分が寝ている間や仕事中もトレードを行うことができる

ProRealTimeは実質無料で利用可能

ProRealTime機能は月額4,000円の使用料が設定されています。しかし、実は月に4回トレードを行うことでこの使用料は無料になるのです。

トレーダーの方であればむしろ4回未満のトレードになることの方が少ないはず。スイングトレードなどでも月4回トレードを行うとすれば週に1度ほどでクリアできます。

実質無料でこれほどの機能を利用できるのであれば、かなりメリットが大きいと言えます。

充実した時間足を利用できる

ProRealTimeでは表示させることができる時間足が多いのも魅力の1つです。以下のように様々な期間を設定することができます。

ProRealTimeで利用できる時間足
  • ティック
  • 出来高
  • 秒(毎秒で設定したり、自分で設定することも可能)
  • 分(1分〜30分の中から設定したり、自分で設定することも可能)
  • 時間(1〜4時間の中から設定したり、自分で設定することも可能)
  • 日間(自由に設定可能)
  • 週間(自由に設定可能)
  • 月間(自由に設定可能)
  • 四半期毎
  • 年間

このように細かく時間足を設定することができます。そのためユーザーのトレードスタイルに合わせて幅広く活用することができるでしょう。

ProScreener、ProRealTrend機能を利用できる

このほかにも、ProScreenerやProRealTrendなどのモニタリングツールを利用できる点も魅力です。

これら機能を利用すれば、自分が設定した条件に応じて通貨ペアの選定や時間軸の設定を行うことができます。

作成アシスト機能が実装されており、プログラミングの技術がなくとも誰でも簡単に設定可能です。

これまで複数ペアの動きを1つ1つチェックする必要がありましたが、これらのように優れたツールを利用すればそうした手間を省略することができます。

トレーディング・アプリ

IG証券ではモバイルチャートも利用でき、スマホ1つでどこでも自由に取引可能です。以下ではモバイル版のチャート機能について詳しく解説していきます。

チャートから直接取引が可能

モバイル版のアプリでも、チャートから直接取引を行うことが可能です。以下のように、画面上のチャートを見ながら取引することができます。

このような機能が搭載されていることで、トレーダーはいちいち画面を行ったり来たりする手間が省けます。トレンドの変化などを見極めながら取引が行えますので、メリットが大きい性能であると言えます。

アラート設定も自由

相場の変化があるまではエントリーせず、動きがあった時に取引を始めたいという方も多いでしょう。もし、トレンドが変化するまで待っていればかなりの時間と労力が掛かります。

そんな時に便利なのがアラート機能です。IG証券のモバイルチャートではアラートの設定も自由に行うことができます。

参考:IG証券 アラート設定も楽々

自分が取引したい銘柄のレートをあらかじめ設定しておき、相場に変化があった時にお知らせしてもらうことが可能です。

画面上をずっと眺めておく必要がなくなるため、ユーザーにも嬉しい機能となっています。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

リミット注文やストップ注文など、詳細設定もできる

このほかにも、詳細設定も行うことができます。

IG証券ではリミット注文やストップ注文、ノースリッページ注文などの機能が用意されていますが、以下のように画面上で設定することが可能です。

まとめ

今回の記事ではIG証券で利用できるチャート機能について解説してきました。

IG証券で利用できるチャート機能についてのまとめ
  1. ブラウザ版の基本ツールはWebブラウザ版取引システムが用意されている
  2. 上級者の方はProRealTime(プロリアルタイム)チャートもおすすめ
  3. スマートフォンではトレーディング・アプリが利用できる
ヒロ
IG証券では魅力的なチャート機能が用意されています。ツール以外にもノックアウトオプションなどメリットが大きな取引も行えますので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事