ig証券 確定申告のアイキャッチ画像

国内FX業者で得た利益にはどういった税金が発生するのでしょうか?

FXに関する税金について詳しく知っていないと、取引で得た利益を最大化できません。

 
CFD取引で得た利益の確定申告方法がわからない
 
計上できる範囲って?

そこでこの記事では、IG証券で得た利益に発生する税金について詳しく説明します。

確定申告の方法も一緒に解説するので、ぜひ最後まで読んで節税に生かしてください。

もくじで見る

IG証券で得た利益は確定申告が必要?

IG証券で得た利益には税金が発生するため、原則として確定申告が必要です。

しかし、条件によっては確定申告の必要がなくなります。

下記で確定申告が除外されるケースを一目で分かるようにまとめました。

確定申告しなくてもいい場合
  • サラリーマンや年金受給者で雑所得が20万円以下の人
  • サラリーマンや年金受給者以外で雑所得が48万円以下の人

雑所得にはCFD取引や株式で得た利益が含まれ、一般的な給与で得た収入とは異なった税制が適用されます。

働いているなら20万円以上、働いていない人なら48万円以上を稼いでいる人は税金を支払わなければいけません。

つまり、どんな人でもCFD取引での利益が増えると確定申告の義務が発生します。

IG証券で得た利益は「申告分離課税」が適用される

IG証券で得た利益には「申告分離課税」がかかり、税金として納める必要があります。

申告分離課税とは?

会社などから受け取る所得とは別に計上し確定申告して国に納める税金のことです。

例えば、サラリーマンなら会社から得ている月給以外の収入で、副業やFXから得た利益に発生するのが「申告分離課税」に当たります。

そしてIG証券で得た利益も「申告分離課税」に含まれ、一定の金額を上回ると確定申告する必要が生じます。

IG証券のCFD取引で得た利益は確定申告が必要?

IG証券でCFD取引をした時は確定申告が必要なのでしょうか?

そこで、ここでは次の点について詳しく説明します。

IG証券のCFD取引で発生する確定申告について
  • サラリーマンや年金受給者はCFD取引で得た所得が20万円を超えると確定申告義務が発生する
  • CFD収入が48万円以上で確定申告が必要な人とは
  • 場合によっては支払う税金が抑えられる

それでは、IG証券のCFD取引に関する確定申告について詳しくみていきましょう。

サラリーマンや年金受給者はCFD取引で得た所得が20万円を超えると確定申告義務が発生する

CFD取引で得た利益が20万円を超えた人で、確定申告が必要になる場合を下記にまとめました。

20万円以上のCFD収入で確定申告が必要な人は
  • 職場で年末調整している年収2,000万円以下のサラリーマン
  • 年金の収入が年400万円以下で源泉徴収を受けている人

上記に当てはまる方は、CFD取引で20万円以上稼ぐと確定申告の義務が発生します。

多くの方は会社で年末調整がされるので、CFD取引で20万円以上の利益を得ると確定申告する必要があります。

なお、サラリーマンであっても年収が2,000万円を超える場合は、確定申告しなければならないので20万円以上という条件は適用されません。

したがって、原則として20万円以上のCFD報酬を得ている人は確定申告の義務が生じます。

CFD収入が48万円以上で確定申告が必要な人とは

CFDで得た利益が48万円以上になると、確定申告の義務が生じる人もいます。

では、そういった場合に含まれるのはどういった方なのでしょうか。

例として挙げると、専業トレーダーや専業主婦、個人事業主の方が対象に当たります。

なぜなら年収が2,400万円以下の個人事業主には、48万円という控除額があるからです。

そのため、48万円以上のCFD利益がない人は確定申告する必要がありません。

ただし、個人事業主の場合は本業の所得を確定申告しなければならないので、CFDで得た収入が48万円以上であろうとなかろうと関係ありません。

場合によっては支払う税金が抑えられる

20万円や48万円という水準を超えると納税義務が生じるので、場合によっては利益の少ない方が手元に残る資金が多くなります。

例えば、サラリーマンならCFD収入が20万円を超えると20.315%の所得税を納めなければいけないため、手元に残るのは約16万円になります。

反対に20万円を超えなければ確定申告する必要はないので、手元にはそのまま利益が残り、さらに申告する手間がありません。

つまり、確定申告が必要になる水準をしっかりと把握しておかなければ利益の最大化ができないことになります。

税金が発生する水準が20万円なのか、48万円なのかを各自が理解しておく必要があります。

IG証券のCFD取引で税金が発生するタイミングとは?

CFD取引はレバレッジをかけて商品を売買するため、どのタイミングで税金が発生するのか分からない方もいると思います。

CFD取引では、基本的に保有しているポジションを決済した時点で税金がかかります。

それでは、CFD取引における税金が発生するタイミングについて詳しく見ていきましょう。

決済後の受け渡しが完了した時点で税金が発生する

CFD取引では、ポジションを決済した時に税金が発生しますが、実際に税金が発生するタイミングは利益が受け渡しされた時点になります。

したがって、タイミングによっては税金の支払いが翌年になる可能性もあります。

例えば、2021年12月末日に決済しても、受取日は1・2営業日経過してからになるので2022年になる可能性があります。

したがって、税金が発生するタイミングは決済直後ではなく、決済から1・2営業日後の受け取り日となります。

含み益に税金は発生しない

IG証券のCFD取引では、ポジションを保有中に税金が発生することはありません

どういうことかというと、売買損益による含み益があったとしても、この時点で税金は発生していないということです。

含み益が100万円であっても1,000万円であっても同じで、ポジションを決済するまで税金がかからないことを覚えておきましょう。

手数料も損益額に含まれている

CFD取引にはスプレッド以外にも手数料が発生しますが、ポジションの損益に含まれているため計上できません

手数料分を別途計算して損益額から差し引くと、二重計上になってしまいます。

二重計上は脱税行為になるので、CFD取引の手数料分は計上しないようにして下さい。

配当金などにも税金がかかる

CFD取引では売買差益だけでなく、配当金などにも税金がかかります

税金が発生するものは、以下の通りです。

CFD取引で税金が発生する利益の種類
  • 配当調整額
  • 価格調整額
  • 金利調整額

上記のように、売買差額だけに税金が発生するわけではなく、配当金や金利調整金なども税金がかかることを覚えておきましょう。

IG証券のCFD取引で得た利益を確定申告する方法

IG証券のCFD取引で得た利益を確定申告する方法は、電子申告がおすすめです。

そこで、CFD取引で得た利益を電子申告で確定申告する方法を紹介します。

CFD取引における確定申告の手順は以下の通りです。

CFD取引の確定申告方法
  1. 確定申告書等作成コーナーへアクセスする
  2. 提出方法を選択する
  3. 「所得税」をクリックする
  4. 所得を入力する
  5. CFD所得を入力する
  6. 損失分も入力できる
  7. 算出された納税額を納める

スマホではCFD所得に関する申告書の作成はできないため、PCで作業する必要があります。

1.確定申告書等作成コーナーへアクセスする

確定申告する場合、まずは国税庁の「確定申告書等作成コーナー」へアクセスして下さい。

確定申告書等作成コーナーの画像
出典:国税庁

提出方法が4通り並んでいます。

2.提出方法を選択する

4種類ある提出方法のうち、自身に合った方法を選んで下さい。

このうち、マイナンバーカードを使った方法が最も利便性が高くおすすめです。

3.「所得税」をクリックする

提出方法を選択し、次の画面に映ったら「所得税」をクリックします。

CFD所得は所得税に含まれるからです。

4.所得を入力する

まずは得ている所得を入力します。

「給与所得」や「公的年金等」に金額を入力して下さい。

会社員の方は源泉徴収票が必要になるので、あらかじめ用意しておきましょう。

5.CFD所得を入力する

CFDで得た所得を入力します。

CFD所得は「分離課税」欄にある「先物取引等に係る雑所得等」に当たります。

ここでは取引に関する内訳の入力も求められるので、種類に「CFD」と記入して下さい。

また、決済方法は「差金決済」です。

6.損失分も入力できる

CFDで利益が出ず、損失を受けていた場合も入力できます。

「差金等決済に係る利益又は損失の額」にマイナス額を入力しましょう。

CFD取引では、損失が3年間繰り越せます。

例えば、前年度に20万円の損失が出た場合、翌年の利益分から20万円を計上できます。

ですので、損失が発生してしまった方は忘れずに確定申告して下さい。

また、差額で得た利益以外のスワップポイントや調整額は「その他の収入」に記入します。

7.算出された納税額を納める

必要な情報を入力し終えたら、納税額が決定されます。

決定された納税額を3月15日までに納税して下さい。

なお、期限までに納税できない方は、半額までなら5月31日まで延納できます。

こちらは「延納額の入力」から入力して下さい。

ページに上限額が表示されているため、自身で計算する必要はありません。

IG証券のFX取引で得た利益は確定申告が必要?

IG証券のFX取引で利益を得た場合も、CFD取引と同じように確定申告の義務が発生します。

ここでは、次の点について解説します。

IG証券のCFD取引で発生する確定申告について
  • 確定申告の義務が発生するのは20万円以上の人と48万円以上の人に別れる
  • 損失額も確定申告することで節税に繋がる
  • 海外FXでは不可能な「損失繰越」ができる

それでは、IG証券のFX取引に関する確定申告について詳しく見ていきましょう。

確定申告の義務が発生するのは20万円以上の人と48万円以上の人に分かれる

確定申告が義務付けられる金額の水準は、20万円と48万円に分かれています

本業がサラリーマンの人や、年金を受け取っている方は20万円以上のFX所得があると確定申告しなければなりません。

一方、専業トレーダーや個人事業主と言った自身で事業活動している人は48万円以上になります。

損失額も確定申告することで節税に繋がる

FXに関する確定申告では、何も利益分だけ申告すればいい訳ではありません。

損失額の申告は義務ではありませんが、届け出た方が翌年以降の節税に繋がる可能性があります。

海外FXでは不可能な「損失繰越」ができる

国内FXで出てしまった損失額は、3年間の「損失繰越」が可能です。

損失繰越は海外FXでは不可能であり、国内FXのみにある仕組みです。

なぜなら、日本の金融庁は国内で先物取引などをしてもらいたいと考えているからです。

損失を被った場合も利益を得た場合も、税制上では国内FXの方が有利な環境が整えられています。

また、海外FXの利益とは税区分が異なっているため、損益通算ができません。

海外FXで得た利益と国内FXで出た損失を合わせて計上する、などの行為はできないので注意して下さい。

IG証券のFX取引で税金が発生するタイミングとは?

FX取引での課税期間は1月1日から12月31日までの間ですが、どのタイミングで税金が確定されるのでしょうか?

そこでここからは、FX取引で税金が発生するタイミングについて紹介します。

FXの所得税を支払うのは4月下旬

FX取引で得た利益は申告して税金を納めなければならず、年間の通算損益のデータを持っている必要があります。

所得税が決まるタイミングは2月16日から3月15日の確定申告期間ですが、支払い処理が完了されるのは4月下旬です。

住民税を支払うタイミングは年4回に分けられる

所得税とは別に住民税もFX所得には発生しますが、住民税は年4回に分けて支払いタイミングがあります

住民税を納めるタイミングは、以下の通りです。

住民税を支払う年4回のタイミング
  • 6月末
  • 8月末
  • 10月末
  • 翌年1月末

所得税は年に一回納めればいいですが、住民税の支払いは年4回に分けられています。

ポジションを決済するまで税金は発生しない

FX取引もCFD取引と同じく、ポジションを決済して利益を確定するまで税金は発生しません。

なぜなら、含み益は未確定な利益になるからです。

例えば、含み益が100万円あったとしても、ポジションを決済して口座証拠金が増えるまで課税対象額には含まれません。

この点を利用し翌年までポジションを持ちこせば、所得に発生する税金を次年度に繰越せます。

つまり、納税額は通算額によって決まるので、翌年に決済することで節税に繋がるかもしれません。

スワップポイントも課税対象に含まれる

FX差額で得た利益だけでなく、スワップポイントで得た分にも税金が発生します

なお、スワップポイントもポジションを決済しなければ現金として出金できないので、未決済ならば税金は発生しません。

スワップポイントを狙ったスワップトレードは、基本的に長期でポジションを持つ傾向があります。

なぜなら、スワップトレードは短期間で利益が増やしづらい特徴を持っているからです。

未決済ポジションなら税金は発生しないので、次年度に申告額を回し節税に繋げられる場合もあります。

IG証券のFX取引で得た利益を確定申告する方法

IG証券のFX取引で得た利益を確定申告する方法は、以下の3通りがあります。

FXの確定申告方法
  1. e-Taxを利用する
  2. 税務署へ直接提出する
  3. 書類を郵送する

上記3つの方法から選び、確定申告して下さい。

各方法について紹介します。

1.e-Taxを利用する

e-Taxを使った確定申告は、Web上で手続きが完了できるのでおすすめの方法です。

ただし、e-Taxへ登録していないと使えない方法なので、事前にアカウントを作っておく必要があります。

また、マイナンバーカードを取得していないとe-Taxが使えません

通知カードでは手続きできないので注意して下さい。

2.税務署へ直接提出する

IG証券のFX取引で得た利益を確定申告する場合、税務署へ必要書類を持参し、直接提出する方法があります。

ただし、確定申告期間の税務署は非常に混雑します

時間も手間もかかる方法なので、できることならe-Taxを使った確定申告がおすすめです。

税務署では職員が分からない点を教えてくれるので、確定申告が初めての方は直接持参してもいいかもしれません。

3.書類を郵送する

IG証券のFX取引で得た利益を確定申告する場合、郵送で必要書類を提出する方法があります。

その際に必要な書類は、以下の通りです。

※上記の必要書類にリンクを設定したので、各書類のPDFをダウンロードできます。

必要書類に情報をしっかりと記入し、郵送すれば確定申告は完了です。

ただし、郵送では不備があったり誤った記入があったりすると返送されるので、場合によってはなかなか受け付けてもらえない可能性があります。

下記の画像は、申告書の見本です。

確定申告書B(第一表)
出典:国税庁

郵送を使った確定申告は、税務署員に対面して相談できないので、慣れている方向けの方法です。

また、確定申告書の送付は「信書」に当たるので、郵便局で係員に「確定申告書を送付したい」と相談して下さい。

IG証券で得た利益を確定申告する際の4つの注意点

IG証券でのCFDとFXによる確定申告方法を解説してきましたが、ここでは実際に申告する際の注意点について解説します。

注意点は以下4つです。

確定申告する時の4つの注意点
  1. 海外FXの損益とはまとめて計算できない
  2. 通知カードでは確定申告できない
  3. 手続きが複雑
  4. 税務署では予約が必要

それでは、IG証券で得た利益を確定申告する際の注意点についてそれぞれ解説します。

1.海外FXの損益とはまとめて計算できない

IG証券は国内の業者のため、海外FX業者で得た損益とは合算できません

なぜなら、IG証券で得た利益は「申告分離課税」に含まれるからです。

一方、海外FX業者から得た利益は雑所得の「総合課税」に分類されます。

そのため、利益も損失も国内業者と海外業者では合わせて計算できません。

2.通知カードでは確定申告できない

e-Taxを使って確定申告する際、マイナンバーカードを持っていないと手続きできません。

マイナンバーカードを取得する際に必要になる「マイナンバー通知カード」では、Web上での確定申告ができないため注意して下さい。

マイナンバーカードを持っている人の割合は、まだ2割ほどだと言われています。

通知カードの新規発行は2020年で終了しているので、まだマイナンバーカードを持っていない人は早めに取得しておいた方が良いでしょう。

3.手続きが複雑

確定申告には多くの情報と書類が必要になるので、戸惑ってしまう方は少なくありません。

なんの書類が必要で、どこから手に入れればいいのか知らない方も多くいます。

そこで、確定申告の手間を減らすためにもe-Taxを利用しましょう

e-Taxなら必要情報を記入するだけで書類を自動作成してくれるので、慣れていない方にもおすすめです。

4.税務署では予約が必要

コロナウイルスの流行を機に、税務署では予約しないと確定申告の手続きができなくなりました。

今ではあまり聞かなくなりましたが、密を避けるためです。

すぐに対応してもらえると思って出向いても、断られてしまうので二度手間になってしまいます。

このことから、確定申告を税務署で直接したい人はあらかじめ予約してから出向くことをおすすめします。

確定申告が分からない場合の対処法

CFD取引やFX取引に慣れていない人は、確定申告の経験があまりない方が大多数だと思います。

確定申告の経験が少ない理由は、サラリーマンなら会社側が年末調整をし、源泉徴収票を出してくれるからです。

そこで、株式やFXといった取引で得た利益を確定申告する際、分からなくなった時の対処法を紹介します。

対処法は以下の通りです。

確定申告で困った時の対処法
  1. サポートデスクに問い合わせる
  2. 税理士に相談する
  3. 申告ソフトを使う

それでは、確定申告に困った際の対処法について、それぞれ解説します。

サポートデスクに問い合わせる

IG証券は公式サイトに「確定申告をサポートする」と記載しています。

税制度は収益源によって変わるため、ある程度の知識を持っていないと円滑に手続きを完了できません。

ですが、IG証券のサポートなら多くのユーザーの相談に乗っているため、専門的な知識も揃えています。

また、顧客のデータも持っているため、計上できる損失額なども教えてくれます。

IG証券で得た利益を確定申告する際に困ったら、サポートデスクに問い合わせる方法がおすすめです。

税理士に相談する

別途相談料が発生したり、利用料を支払わないと丁寧なサービスが受けられないかもしれませんが、確定申告は税理士に相談するのもおすすめです。

税理士は税金に関するプロなので、経費として落とせる費用を教えてくれます。

相談料を支払う必要はありますが、結果的に節税に繋がり、手元に残る資金が多くなる可能性が高くあります。

申告ソフトを使う

確定申告で最も手間なのは、必要事項を書類に余さず記入する必要がある点です。

そこで、書類作成の手間を助けてくれる申告ソフトの使用をおすすめします。

申告ソフトなら書類をダウンロードしたり、経費をまとめたりする手間が省け、取引方法を勉強する時間を増やせます。

取引以外に使う時間や手間を省き、FXやCFDで利益を増やすために時間を使うのも一つの手です。

まとめ

取引で得た利益を確定申告する際、戸惑ってしまう方も少なくありません。

そこで、IG証券のサポートデスクで確定申告について相談することをおすすめします。

また、IG証券には以下のようなメリットがあります。

IG証券のメリット
  • サポートデスクで確定申告の相談ができる
  • CFDだけでなくFX取引もできる
  • 創業45周年で実績を持っている

上記のようなメリットがあるIG証券で、皆さんも口座開設してみて下さい。

おすすめの記事