ig証券 レバレッジ 変更のアイキャッチ画像

IG証券でレバレッジを確認する際、どういった手順を踏めばいいのでしょうか。

レバレッジを把握していないと、取引戦略を立てられない恐れがあります。

 
IG証券のレバレッジ確認方法は?
 
レバレッジの変更はできるの?

そこでこの記事では、IG証券のレバレッジ確認方法・変更方法を初心者向けに詳しく解説します。

この記事で分かること
  • IG証券の最大レバレッジ
  • IG証券におけるレバレッジの確認方法
  • IG証券でレバレッジを変更する方法

IG証券では最大レバレッジ100倍で取引可能

IG証券は国内FX業者ですが、最大レバレッジ100倍で取引可能です。

ただし、100倍のレバレッジは法人口座のみに適用されており、個人口座では最大レバレッジ25倍に制限されています。

国内FX業者といえば「25倍のレバレッジしか使えない」と思っている方も少なくないと思います。

ですが、IG証券の法人口座ならFXのレバレッジは100倍に設定され、CFD取引などでは200倍のレバレッジが使えます

レバレッジ100倍や200倍は個人口座の25倍と異なり、圧倒的に資金効率が高いため、少ない資金でも大きな数量を取引できます。

ここで、IG証券のレバレッジがどうなっているのかを以下表でまとめました。

金融商品FX株価指数CFD株式CFD債券CFD商品CFD
法人口座のレバレッジ100倍200倍20倍200倍200倍
個人口座のレバレッジ25倍10倍5倍50倍20倍

レバレッジを表でまとめてみると、法人口座の方が圧倒的に高いレバレッジで取引できることが分かります。

したがって、IG証券で高いレバレッジを使って取引したいなら、法人口座を開設することをおすすめします。

また、IG証券ではFXだけでなく、金や原油といった銘柄でも取引できます。

IG証券では取り扱っている銘柄が非常に多く、総数は1万を優に超えていることからも、様々な収益チャンスが提供されていると分かります。

IG証券のレバレッジ確認方法

ここでは、IG証のレバレッジ確認方法を紹介します。

IG証券のレバレッジ確認手順
  1. IG証券公式サイトを開く
  2. 取引方法で「法人口座」を選択し、レバレッジを確認する

各手順を1つずつ解説します。

IG証券公式サイトを開く

IG証券公式サイトの画像
出典:IG証券

まず、IG証券の公式サイトを開きます。

IG証券のレバレッジは、「公式サイト」から確認できます。

上記の表でレバレッジをまとめましたが、公式の情報をチェックしたい方はリンクから確認して下さい。

取引方法で「法人口座」を選択し、レバレッジを確認する

取引方法で「法人口座」を選択し、レバレッジを確認するのコラージュ画像

公式サイトを開いたら、下にスクロールして「法人口座」をタップします。

すると法人口座の概要が表示されるので、下にスクロールして「個人口座と法人口座の比較」を見ます。

ここに個人口座と法人口座のレバレッジが掲載されています。

以上で、IG証券のレバレッジ確認方法の解説を終了します。

IG証券のレバレッジ変更方法

IG証券では、2通りのレバレッジ変更方法があります。

IG証券のレバレッジ変更方法
  1. 取引画面から設定する方法
  2. 自分自身で変更する方法

ここからは、それぞれのレバレッジ変更方法を解説します。

取引画面からレバレッジを変更する

IG証券の取引画面からレバレッジを変更するには、次の手順に従って下さい。

IG証券のレバレッジ変更手順
  1. 取引画面の左側から「フライアウトメニュー」を開く
  2. 銘柄を選択しチャートを開く
  3. 画面左上にあるドロップダウンメニューの矢印をクリックする
  4. 取引サイズを選択する

この手順はインストールした取引ツールだけでなく、公式サイトのマイページでも変更できます。

マイページにログインしてチャートを開いてから、同様の手順で設定して下さい。

取引数量を減らして実効レバレッジを変更する

取引ツールなどの画面から設定せずに、取引数量を減らせばレバレッジが変更できます

実効レバレッジとは?

実際に持っているポジションに対して効かせているレバレッジを指します。

例えば、個人口座なら最大25倍でFX取引ができますが、最大まで使わずにロット数を減らせばレバレッジの変更は可能です。

25倍のレバレッジならリスクは高くありませんが、法人口座では最大レバレッジが100倍や200倍と高い商品もあります。

FXならレバレッジは100倍となり、個人口座の4倍のレバレッジが効かせられるので、取引数量を減らしてリスクを減らす手も時として必要です。

必要証拠金の計算方法

FX取引する際は、最大レバレッジを理解しないと取引する銘柄にどれだけの証拠金が必要なのか把握できません。

そこで、レバレッジ数値を使って必要証拠金を算出する計算式を紹介します。

必要証拠金の計算式

必要証拠金=商品の現在価格×ポジションの数量(ロット)÷レバレッジ

例えば、ドル円が120円の相場でレバレッジが100倍だった時に、ポジションを100万通貨持ちたかったとします。

この時に計算式に当てはめると、120円×100万通貨(10ロット)÷100(レバレッジ)で、必要証拠金は120万円です。

つまり、口座資金が120万円あれば、120円のドル円相場で100万通貨のポジションが持てることになります。

100万通貨ともなると、たった10pipsの変動で1万円の損益が生じ、100pips動けば10万の損益が発生します。

相場の動きが最も大きくなる時間帯では、たった数分で100pips変動するのはよくあるケースです。

したがって、リスクを抑えるには取引数量を減らす必要があります

さらに、取引するにあたって必要証拠金を把握していないと、取引計画を立てられずリスク管理もできません。

そのため、必要証拠金に関する計算式を覚えておくのは、トレーダーにとって非常に重要になります。

まとめ

IG証券の法人口座では、最大100倍のレバレッジを使ってFX取引できます。

IG証券ではバイナリーオプションなどの金融商品が取引でき、リスクを限定しながら投資が可能です。

また、IG証券には次のようなメリットがあります。

IG証券を選ぶメリット
  • 取引銘柄の種類が豊富
  • スプレッドが狭い
  • 創業45年の信頼性がある業者
  • IGアカデミーが利用できる

皆さんもIG証券で口座開設し、高いレバレッジを使いながら利益を狙ってみて下さい。

おすすめの記事