IG証券 スワップポイント

今回の記事では、IG証券のスワップポイントについて詳しく解説していきます。

IG証券で取引を行う場合のスワップポイントの魅力や付与時間についても具体的に解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

 
IG証券のスワップポイントってどうなってるの?
 
スワップポイントの税金の扱いとは?
ヒロ
IG証券のスワップポイントは、特定の通貨においては安定水準が確保されています。ノースリッページ注文もあるため、リスクに備えられるのも魅力です。

IG証券のスワップポイントについて解説します

IG証券のスワップポイントについて
  1. IG証券のスワップポイント情報
  2. IG証券におけるスワップポイントのメリットとは?
  3. ノックアウトオプションのスワップポイントはどうなってるの?
  4. IG証券の最新版スワップポイントと他社比較
  5. IG証券のスワップポイントに関するその他の情報
  6. IG証券でスワップポイントを確認するには?
  7. IG証券を実際に使ってみた感想

IG証券の最新スワップポイント情報とは?

IG証券における最新(2021年6月)の累計スワップポイントは以下のようになっています。(米ドル円とトルコリラ円においては1万通貨、メキシコペソ円と南アランド円においては10万通貨の買いポジションを保った場合)

証券会社米ドル/円メキシコペソ/円トルコリラ/円南アランド/円
IG証券-144円2020円1721円2520円
2021年6月 IG証券スワップポイント累計

一部ではありますが、上記の内容を参考にしてスワップポイントの大まかな指標にしてみてください。

また、2021年6月段階(6月30日まで)の主要通貨ペアのスワップポイント実績は以下のようになっています。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券のスワップポイントのメリットとは?

IG証券においてスワップポイントに焦点を当てた場合、どのようなメリットが存在しているのでしょうか。

IG証券では多くのメリットが存在していますが、今回は特にスワップポイントという面で見ていきたいと思います。

ブラウザ上でチャートツールを利用できる

参考:IG証券:Webブラウザ版取引システム

IG証券のツールの特徴として、「ブラウザ上」からツールを利用できるというものがあります。

基本的なトレードツールとしてはWebブラウザ版取引システムが用いられており、インストールをせずに利用することが可能です。

IG証券自体が外資系の企業ということもあり、多少の慣れが必要な部分もありますが、カスタマイズ性に優れているので使いこなせればトレーダーの特性に応じて利用することができます。

テクニカル指標も豊富で、複数の分析を行うことが可能です。

また、WEB版以外のツールとしては「トレーディング・アプリ」が用意されています。

このスマホ版のツールを用いれば、場所や時間に関係なくトレードを行うことができるでしょう。

スワップポイントについても確認しやすく、利用する上で使いやすくなるはずです。

特定の通貨ペアでは安定したスワップポイントが設定されている

IG証券では、特定の通貨ペアに対して安定したスワップポイントが提供されていることもメリットと言えます。

他社と比較してもスワップポイントが特段高いわけではありませんが、メキシコペソ円やトルコリラ円、米ドル円といったいくつかの通貨ペアでスワップポイントが安定している点が魅力です。

他社において、例えば短い期間の間だけポイントが高く、少し経てば下がっているというようなこともあるでしょう。

しかし、IG証券ではこのようなリスクが少なく、安定して高水準を維持できる点では大きなメリットとなるはずです。

IG証券のスワップポイントはノックアウトオプションではどうなってるの?

IG証券 斎藤工
参考:IG証券

IG証券を利用している方であれば、おそらくノックアウトオプションを利用しているという方も多いのではないでしょうか。ここまでの内容を読んで、

「そういえば、ノックアウトオプションのスワップポイントはどうなっているのだろう?」

というふうに考える方もいるでしょう。

そこで、以下の内容ではノックアウトオプションにおけるスワップポイントについて詳しく解説していきます。

そもそも、ノックアウトオプションではスワップポイントが発生するの?

結論から言うと、ノックアウトオプションでもスワップポイントは発生します。

具体的には、一般的なFXトレードであれば買いポジションの場合には買いスワップ、売りポジションの場合には売りスワップが1日毎に付与されることになります。

ノックアウトオプションにおいても、例えば米ドル円ノックアウトブル(上昇)銘柄を保有したと想定すれば買いスワップが発生します。

その反対にベア(下降)銘柄を保有した場合には売りスワップの発生となるのです。

このように、ノックアウトオプションもFXと同じようにスワップポイントが付与されることを理解しておきましょう。

ただ、短期的なトレードを行うことが多いと思いますので、あまり気にしなくて良い部分かもしれません。

通常のFX取引とノックアウトオプションではスワップポイントに違いはあるの?

ここまで読んでみて、

「FX取引と同じようにノックアウトオプションでもスワップポイントが発生するのは分かったけど、違いはあるの?」

と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。こちらも、結論から申し上げるとノックアウトオプションにおけるスワップポイントは通常のFXと同じです。

そのため、同様のものが発生するということを押さえておけば良いでしょう。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券の最新版スワップポイントと他社比較は?

2021年の4月において、IG証券と他社を比較した累計スワップは以下の通りとなっています。(米ドル円とトルコリラ円においては1万通貨、メキシコペソ円と南アランド円においては10万通貨の買いポジションを保った場合)

それぞれをよく確認した上で取引を行うと良いでしょう。

取引会社ドル円メキシコペソ円トルコリラ円南アランド円
IG証券-65円1,570円1946円2,810円
DMMFX225円取扱無し取扱無し2,430円
ヒロセ通商60円2,030円1,231円3,030円
GMO
クリック証券
185円1,250円1,188円2,080円
みんなのFX179円1,581円1,253円2,160円
2021年4月 累計スワップ5社比較

IG証券のスワップポイントに関するその他の情報

ここまで、スワップポイント関連の情報について解説してきましたが、付与時間や引き出しなど、さらに詳しい情報について解説します。

スワップポイントを重点的に取引しようとお考えの方は、ぜひ以下のことを参考にしてみてください。

スワップポイントの付与時間は?

IG証券においては火曜日〜土曜日の日本時間午前7:00(※夏時間では6:00)までポジションを持ち越せば、スワップポイントが付与されることになります。

受け渡し日は取引日の2営業日後です。

例えば、火曜日から水曜日までポジションを保有したとすると、2営業日後の木曜から金曜までの1日分がスワップとして反映されることが分かります。

ただし、土日を挟んだ場合には注意が必要です。

例えば水曜日から木曜日にかけてポジションを保有すると、スワップが反映されるのは土日を挟むことになります。

IG証券:ロールオーバー
参考:IG証券:ロールオーバー

そのため、このような場合では土日を含んだ3日分のスワップポイントが反映されることになるのです。

スワップポイントに掛かる税金の扱いとは?

税金について気になる方もいらっしゃると思いますが、スワップポイントで出た利益については「雑所得」における課税対象になります。

税金に関してはスワップポイント益が口座に反映されて利益確定のタイミングが取引会社によって異なるため、注意が必要です。

そして、IG証券のスワップポイントにおいては、利益が口座に順次反映されるような形式になっています。

そのため、スワップポイント益は随時課税の対象となることを押さえておきましょう。

スワップポイントのみを引き出すことはできるの?

上述したように、IG証券ではスワップポイントで出た利益は順次反映される形式になっています。

そのため、もし保有しているポジションが決済されていない場合でもすでに出た利益については引き出すことが可能です。

これはその他のFX会社ではポジションを決済しなければ引き出すことができないこともあるため、IG証券を利用する魅力と言えるでしょう。

ただし、先ほど述べたようにその都度課税対象となってしまうため、注意する必要があります。

IG証券はスワップポイント以外の魅力とは?

上記ではIG証券のスワップポイントについて詳しく解説しましたが、IG証券ではスワップポイントの他にも魅力が多数存在します。

主な内容としては以下のようなことが挙げられるでしょう。

IG証券のスワップポイント以外の魅力
  • ノックアウトオプションが利用できる
  • リスクを抑えたトレードができる
  • 圧倒的な銘柄数

以下でそれぞれについて詳しく解説していきます。

ノックアウトオプションが利用できる

ノックアウトオプション
参考:IG証券 ノックアウトオプション

IG証券を利用する最大のメリットはノックアウトオプションが利用できることでしょう。

IG証券の代表的な取引手法でもあるノックアウトオプションを用いて取引ができるのはトレーダーにとって大きなメリットであると言えます。

ノックアウトオプションとは?
リスクが限定された条件で行う取引のことで、相場が上昇するのか下落するのかを予測してトレードをします。原資産の価格が上昇すると判断する時には”ブル”、下落すると判断する時には”ベア”を選択することで取引を行います。原資産の価格がノックアウト価格に到達すると自動的に決済が行われる取引手法です。

ノックアウトオプションは資金効率が非常に良く、レバレッジ商品ではないものの実質的なレバレッジが1000倍を超えることもあります。

また、税金面でも有利で、ノックアウトオプションにより発生した利益がどれほどであろうと税率が変化しないということも魅力です。

このように、利用者にはかなりメリットの大きな取引手法を利用できるのはIG証券を利用する価値があると言えるでしょう。

リスクを抑えたトレードができる

IG証券ではリスクを抑えた取引手法が用意されています。

上述したノックアウトオプションも最大損失額を最初に決めて取引を始めるという点で低リスクでの取引ですが、それ以外にもノースリッページ注文なども用意されているのです。

ノースリッページ注文とは?
取引者が注文した価格と約定する価格にズレが生じる(スリッページが発生する)のを回避することができる注文方式のこと。

この注文方式を利用すれば、多くのトレーダーにとって障壁となるスリッページが発生するリスクを避けることが可能です。

エントリー時点でスリッページが起きてしまえば、それだけで損失からのスタートとなってしまい不利なポジションとなります。

しかし、こうした手法を利用することでストレスなくトレードが可能になり、安心して取引することができるのです。

ただし、ノースリッページ注文を利用するには手数料が掛かります。取引手数料は以下の表を参考にしてください。

IG証券 ノースリッページ注文保証料の目安
参考:IG証券 ノースリッページ注文保証料の目安

圧倒的な銘柄数

IG証券 取り扱い金融商品
参考:IG証券 取り扱い金融商品

この他にも、IG証券では圧倒的な銘柄数に定評があります。

FXでは取引可能な通貨ペアの数が約100種類ほどになっており、マイナーな通貨まで取引することが可能です。

取引商品なども全て合わせると、トレード可能銘柄は17,000種類ほどにもなります。

また、取引手法も多様な方式が用意されており、先ほど解説したノックアウトオプションだけではなく、バイナリーオプションなどその他のトレードも利用可能です。

このように充実したラインナップとなっていますので、上級者のトレーダーでも満足できるサービスと言えます。

IG証券でスワップポイントを確認するには?

実際にIG証券で発生したスワップポイントを確認するには、どうすれば良いのでしょうか。

具体的な手法としては以下の2つがありますので参考にしてみてください。

IG証券でスワップポイントを確認する方法
  • FXの取引画面から確認
  • 取引種別の項目をスワップポイントにしておく

以下ではそれぞれの方法について解説します。

FXの取引画面から確認

取引画面から確認することも可能です。まずは、FXの取引画面を開き、「履歴」という箇所があるのでそのページへ行ってください。

履歴をクリック
履歴をクリック

そこから、「すべての履歴を見る」という部分をクリックすれば現状を把握することが可能です。

すべての履歴を見るをクリック
すべての履歴を見るをクリック

もし、さらに詳細を閲覧したい場合には「さらに詳しい履歴はこちらをクリック」というボタンがありますのでそちらをクリックしてください。

取引種別の項目をスワップポイントにしておく

このほかにも、履歴を検索する際に取引種別の項目をスワップポイントに選択することで確認する方法もあります。

上記の方法で試してうまく確認できなかった場合にはこちらの方法を検討してみましょう。

ただし、スワップポイント自体はそこまで頻繁に確認するものでもないと思います。ある程度の間隔で定期的にチェックするくらいで良いでしょう。

IG証券を実際に使ってみた感想

実際にIG証券を使ってみた感想をお話しします。

僕が感じたことは次の通りです。

実際に使ったみた感想
  • ノックアウトオプション、確かに資金効率抜群
  • 最初はツールの使い方がよく分からなかった
  • 他社と比較して約定力は半端ではない

ノックアウトオプション、確かに資金効率抜群

実際に取引してまず感じたのは、やはりノックアウトオプションの資金効率のよさですね。

少ない資金にもかかわらず、1万通貨から取引できるのは大きい。

実際、僕は1万円で取引を開始していますがこれだけの小資金でも1万通貨単位で取引を行うことができます。

他の証券会社だと、資金が少なすぎると取引できる金額も少なくて、全然楽しくありませんでした。

その点、ノックアウトオプションはこれほど少額でもかなりやり込みがいがありますね。

ただ、いかに資金効率が良くても相場を読み間違えてKOされまくっていると損失ばかり広がるのでご注意を。(当たり前ですが)

最初はツールの使い方がよく分からなかった

これは他の人もよく言ってるんですけど、ツールの使いにくさは実際ありましたね。

特に、WEBブラウザ版の扱いには困ったシーンが何度もありました。

具体的には、注文方法が分からなかったり、逆指値の入れ方が分からなかったりですね。

ただ、1ヶ月くらい使い続けていると慣れてきました。

自分の場合は最初の頃ずっとアプリから取引していたので、アプリの方が使いやすい感覚ではあります。

他社と比較して約定力は半端ではない

意外と注目されていませんが、個人的には約定力が魅力的だと思います。

おそらく、ノックアウトオプションを用いての取引を行う方が多いはず。

実際にトレードしていると、成行での注文でエントリーする必要があります。(ノックアウトオプションは成行注文のみだから)

そうすると、

「お、相場が自分の思った通りになった!今エントリーしたい!!」

といった感じで目視で確認してそのままエントリーみたいな流れが多いんですよね。

このような流れなので、成行でのエントリー時にスリッページしてしまう恐れがあります。

しかし、IG証券で約定する時には本当に自分に有利な方向で約定されることが多いです。

「あ、タイミング間違えたかも・・・」

といった時でも、しっかり約定されてます。

こうした点を踏まえると、約定力の面でIG証券は心強いと感じますね。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券のスワップポイント:まとめ

今回はIG証券のスワップポイントについて解説させていただきました。IG証券のスワップポイントは特定の通貨ペアでは安定していたり、ノースリッページ注文が利用できることがメリットと言えます。

上記の内容を参考にして、ぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

IG証券のスプレッドまとめ
  1. IG証券のスワップポイントは特定の通貨ペアで安定した水準となっている
  2. IG証券はノースリッページ注文があるため、リスクに備えながら取引できる
  3. ノックアウトオプションでも、同じスワップポイントが発生する
  4. スワップポイントで出た利益は順次反映となっている
  5. IG証券ではスワップポイント以外にも魅力が多数存在している
ヒロ
IG証券はノックアウトオプションなど利用者にとって魅力のあるFX会社です。これからFXトレードをお考えの方は、IG証券の利用をご検討されてみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事