IG証券のゴールド取引とは?

IG証券のゴールド取引は他社と比較して取引銘柄数が多く、トレーダーの好みに応じて多様な取引を実現させることができます。

今回の記事では、IG証券でこれからゴールド取引を行いたいという方に向けて具体的な概要を解説していきます。

 
IG証券のゴールド取引って?
 
どんなメリットがあるの?
ヒロ
IG証券のゴールド取引は他社にない魅力が多数あります

IG証券のゴールド取引について解説します

IG証券のゴールド取引について
  • IG証券のゴールド取引の概要は?
  • IG証券でゴールド取引を行うメリットは?
  • IG証券のゴールド取引と他社の比較
  • IG証券でゴールド取引を行う際の注意点は?

IG証券のゴールド取引の概要は?

IG証券では、CFD取引によってゴールドのトレードを行うことができます。

IG証券は数ある国内業者の中でも特にCFDに力を入れており、ゴールド取引はもちろんですが、総合で17,000種類以上の銘柄を取引することができます。

ゴールド関連の取引可能数は10種類ほどで、以下で解説するように業界の中で最も多い数の取引を行えるのが特徴です。

CFD取引とは?
差額決済取引とも呼ばれ、購入した金額と売却した金額の差額を損益として、その損益額だけが購入者と売却者において動く取引のこと。

通常のFX業者ではここまでの銘柄数を取り扱うことはできません。

IG証券はイギリスのロンドンで上場している企業であり、全世界で取引を行えることから国内業者にはない多様な銘柄数を実現しています。

IG証券では標準取引とミニ取引の2つの種類が用意されており、利用者の資金によって銘柄を選択することが可能です。

ゴールド取引においては「取引制限」あり・なしの双方に対応しており、トレーダーのスタイルに応じて取引を展開することができます。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券でゴールド取引を行うメリットは?

IG証券では特にCFD取引に力が入れられていることについては上記でも解説しましたが、具体的にIG証券で取引を行うメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

IG証券のゴールド取引では以下の点で魅力です。

IG証券でゴールド取引を行うメリット
  • ノックアウトオプションで取引を行うことができる
  • CFDがFXと同様の口座で取引可能
  • 少額で取引できる
  • 売りのトレードが行える
  • ほとんどオールタイムで取引可能

ノックアウトオプションで取引を行うことができる

ノックアウトオプション
参考:IG証券 ノックアウトオプション

IG証券でゴールド取引を行う最大のメリットは、ノックアウトオプションを用いて取引ができることでしょう。

ノックアウトオプションとは?
リスクが限定されている状態で行うオプション取引のこと。ノックアウトオプションでは原資産価格が上昇すると予想すれば「ブル(上昇)」下落すると予想すれば「ベア(下落)」のどちらかを選択します。

このノックアウトオプションは、トレーダーに多くのメリットがある取引手法となっています。具体的なメリットは以下の通りです。

ノックアウトオプションのメリット
  • リスクを抑えた取引ができる
  • 資金効率が圧倒的に良い
  • 税金対策も可能

まず、ノックアウトオプションではリスクを抑えた取引を行うことが可能です。

最大損失額を最初に決めた状態からスタートしますので、それ以上の損失が発生する心配がありません。

また、資金効率が他の取引と比較しても圧倒的です。通常のFXトレードでは、レバレッジには25倍の制限がかけられています。

しかし、ノックアウトオプションはそうした概念がなく、実質的なレバレッジはノックアウト価格の設定によっては100倍を超えることもあるのです。

そのため、少ない資金で大きな利益を狙うことができます

このほかにも、税金面で優遇されていることもメリットです。

損益通算が行えたり、利益によって税率が変化しないことなども特徴となっています。

このように、非常に多くの魅力がある取引ですのでかなりおすすめです。

CFDがFXと同様の口座で取引可能

IG証券ではCFD取引がFXと同様の口座で行うことができます。

他社では別々に扱われていることもあるため、同じ口座で取引ができるIG証券を利用すればよりスムーズに取引でき、利用者にもメリットがあると言えるでしょう。

もし、口座がCFDとFXで別れていると、その都度証拠金などを入れ替えるなど手間がかかります。

IG証券ではこうしたストレスがないので、ストレスなく取引を行うことができる点が魅力です。

少額から取引可能

通常、ゴールドに関する取引というのは数十万円〜数百万円ほどの資金が必要です。

そのため、ある程度まとまった運用資金が用意できなければそもそも手出しすることができないことも多いでしょう。

しかし、上述したようにIG証券にはノックアウトオプションが用意されています。

1ロットのポジションを保つために必要な資金は非常に少ない金額で問題ありません。

0.01ozから取引ができますので、資金に余裕がない方でも十分にトレードを行うことが可能です。

売りのトレードが行える

ゴールドでの取引を行うメリットとしては、売りのトレードが行えることも挙げられます。

買いのトレードしか行えない銘柄だと、それだけ利益を生み出すチャンスも少なくなってしまいます。

しかし、相場変動において上昇しているシーンでも下降しているシーンでも利益を生み出すチャンスがあるため、それだけ有利に展開することが可能です。

買いと売りの両方の面でトレードを行っていきたいという方は、ゴールド取引を検討してみてはいかがでしょうか。

ほとんどオールタイムで取引可能

このほかにも、ゴールドの取引はほぼ24時間の間トレードが行えるのも大きなメリットとなります。

日本国内の株式などは基本的に日中しか取引を行うことができません。

その点、深夜帯などでも取引が行えるゴールドは日中働いている会社員の方などにもメリットのある銘柄と言えるでしょう。

ただし、早朝の時間帯には休場時間がありますので、その点は注意が必要になります。

IG証券でゴールド取引を行う際のデメリット

続いて、IG証券でゴールド取引を行う際のデメリットについても解説していきます。

具体的には以下のようなポイントを事前に把握しておくようにしましょう。

IG証券でゴールド取引を行う際のデメリット
  • ロスカットになる危険性がある
  • スプレッドによるコストが掛かりやすい

ロスカットになる危険性がある

まず、ゴールド取引ではロスカットに注意しなければなりません。

IG証券ではノックアウトオプションなどの取引を利用できますが、そのようなリスク管理が行える手法を利用しない場合には急激な相場変動により追証が発生してしまうことも。

通常の方法でゴールド取引を行う場合には相場の変動を注視し、強制決済にならないよう気を付けなければならないでしょう。

また、資金管理を徹底して高すぎるレバレッジを掛けないことも大切です。

スプレッドによるコストが掛かりやすい

ゴールドの取引ではFXなどよりも広めにスプレッドが設定されています。

そのため、相場の状況などによっては取引を繰り返すことでコストが掛かりやすいのもデメリットになるでしょう。

また、ゴールドは基本的にスワップポイントがマイナスです。

もし、買いのポジションを維持し続ける場合には損失となってしまうので、その点にも注意が必要になります。

できるだけ買いと売りの双方をうまく使い分けることが大切になるでしょう。

IG証券のゴールド取引と他社の比較

FX業者関連銘柄数スプレッド利用可能ツール取引銘柄
IG証券10種類0.3〜0.82種類金・銀・銅・プラチナ・ニッケル・パラジウム・亜鉛など
DMM CFD2種類1.22種類GOLD/USD・Silver/USD
GMOクリック証券4種類0.4〜1.05種類金スポット・銀スポット・金ブル2倍ETF・金ベア2倍ETF
マネーパートナーズ2種類0.31種類Gold/USD・Silver/USD
サクソバンク証券5種類0.2〜0.72種類金・銀・銅・パラジウム・プラチナ

上記の比較表を見てもわかるように、IG証券では取り扱っている銘柄数が最も多くなっていることが分かります。

できるだけ多くの銘柄から取引を行いたい方は、IG証券がおすすめであると言えるでしょう。

IG証券でゴールド取引を行う際の注意点は?

上述したように、IG証券でゴールド取引を行う際には様々なメリットがあります。

その反面、注意すべきこともありますので事前に把握しておきましょう。主に以下のことに注意してください。

IG証券でゴールド取引を行う際の注意点
  • 半年間取引しないと管理手数料が発生
  • ツールに慣れが必要
  • 銘柄数が多くて迷ってしまうこともある

以下で一つずつ解説していきます。

半年間取引しないと管理手数料が発生

まず、IG証券の口座では長期間取引を行わない場合には口座管理手数料が発生することに注意が必要です。

具体的には6ヶ月間のトレードがない場合、550円の口座管理手数料を支払う必要があります。

そのため、もし口座を開設したもののしばらくの間取引を行う予定がないのであれば、自分の口座の残高を0にしておく必要があるでしょう。

ただし、普段から頻繁に取引を行っているのであればこのような管理手数料を心配する必要はありません。

ツールに慣れが必要

参考:IG証券:Webブラウザ版取引システム

IG証券ではツールの扱いに少々慣れが必要になるかもしれません。

というのも、IG証券自体が外資系の企業になっており、ツールも少しばかり特徴的な機能になっています。

初心者のトレーダーなどは初めの間は扱いにくいと感じることも。

ただし、しばらく取引を行っていけば問題なく利用できるようになります。

IG証券はそれ以上にノックアウトオプションなどの魅力的なサービスがあるため、ツールだけに焦点を当てて利用しないのはかなり勿体無いと言えます。

銘柄数が多くて迷ってしまうこともある

最後に、IG証券では取引できる銘柄数が圧倒的に多いです。

ゴールド関連の取引も業界内で最多になっており、初心者の方であれば何から手をつければ良いのか分からず、迷ってしまうこともあるでしょう。

そのため、事前にリサーチを行い、トレードする銘柄についてはある程度目星をつけておく方がスムーズに進められる可能性が高いです。

取引できる選択肢が多いのは魅力でもありますが、できるだけ自分のスタイルに合っているものを選び、より良いトレードを実現させましょう。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券のゴールド取引とは?:まとめ

今回の記事では、IG証券のゴールド取引について解説しました。

IG証券のゴールド取引とは?:まとめ
  • IG証券のゴールド取引は他社と比較しても取引できる銘柄が多くノックアウトオプションが利用可能
  • ノックアウトオプションを利用すれば少額から取引できる
  • ただし、ツールに一定の慣れが必要なことや口座管理手数料に注意が必要
ヒロ
IG証券のゴールド取引はノックアウトオプションも利用でき非常に効果的な取引を実現させることができます。まずは口座開設を行ってみてはいかがでしょうか。
おすすめの記事