IG証券のアプリとは?トレーディング・アプリの特徴や機能を解説!

IG証券ではスマホ版のアプリである「トレーディング・アプリ」が提供されています。

使い方も簡単で、その機能も便利なものが用意されているため、初心者の方でもすぐに使いこなすことができるでしょう。

今回の記事では、そんなIG証券のトレーディング・アプリの特徴や機能を分かりやすく解説します。

 
IG証券のアプリって使いやすい?
 
入金から取引するまでの流れが知りたい
ヒロ
一通りの手順を全て解説します

IG証券のアプリの使い方は?

では、早速ですがIG証券のアプリ「トレーディング・アプリ」の使い方について解説します。

具体的には以下のことを解説していきます。

IG証券のアプリの使い方
  • ログインから入金するまで
  • 取引銘柄の選定
  • 決済の方法

ログインから入金するまで

ログインするには、アプリを起動してからIDとパスワードを入力しましょう。

アプリを起動してからIDとパスワードを入力
アプリを起動してからIDとパスワードを入力

認証を記憶させておけば、ワンタップでログインすることができますよ。

入金するには、画面下部に「口座」のマークがありますので、そこをタップしてください。

口座を選択
口座を選択

そして、「入金する」ボタンをタップしてください。

入金するをタップ
入金するをタップ

入金画面は、次のようになっています。

方法を選択
方法を選択

一番簡単なのはクイック入金です。

ただ、可能な銀行が限られていますので、状況に合わせて利用すると良いでしょう。

入金が完了すれば、口座に金額が反映されます。

取引する銘柄を選ぶ

入金が無事完了すれば、次は取引する銘柄を選択していきましょう。

画面下部の「マーケット」を選択します。

「マーケット」を選択
「マーケット」を選択

すると、以下のように銘柄検索が出てきますので、取引したい銘柄を選ぶようにしましょう。

ここでは、ノックアウト(KO)を選択します。

ノックアウトを選択
ノックアウトを選択

FXのドル円を選んでみましょう。

ドル円を選択
ドル円を選択

ブルorベアを選択してください。

ブルorベアの選択
ブルorベアの選択

ここでは、ブル(上昇)で試しにトレードを行ってみます。

ブルを選択
ブルを選択

取引画面は次のようになっていますので、ノックアウト価格・ロット数を設定するだけですぐに注文確定することができます。

詳細を設定する
詳細を設定する

決済の方法

決済の手順は、以下のように進めていきます。

まず、自分のページ上から「オーダー状況」をタップしましょう。

オーダー状況をタップ
オーダー状況をタップ

次に、決済したい銘柄をタップしてください。

決済したい銘柄をタップ
決済したい銘柄をタップ

そして、決済という箇所をタップします。(もしくは、ポジション精算でも行えます)

決済をタップ
決済をタップ

最後に「ポジションの決済」という緑のボタンをタップすれば決済完了になります。

ポジションの決済をタップ
ポジションの決済をタップ

以上の流れが、入金から決済までの一連の流れです。

非常にスムーズに行うことができますので、ぜひ参考にしてください。

IG証券のアプリ「トレーディング・アプリ」の特徴とは?

IG証券ではスマートフォン用のアプリとして「トレーディング・アプリ」が提供されています。

主に以下のような特徴があるので、チェックしてみてください。

トレーディング・アプリの特徴
  • チャートレーダーから直接取引ができる
  • 相場の変化を知らせてくれるアラート設定も可能
  • リミット注文など、詳細設定も行える
  • ノースリッページ注文が利用できる

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

チャートレーダーから直接取引ができる

トレーディング・アプリでは、チャートレーダーを用いて直接取引を行うことができます。

画面上にあるチャートレーダーを眺めながら、相場の状況を見つつトレードが行えるのです。以下の画像は実際に取引を行なっているものになります。

チャートレーダーを見ながら取引ができることにより、わざわざ画面を何度も切り替える必要がありません。

トレーダーの方であれば、そうやって画面を切り替える間に相場が変化したり、エントリーのタイミングを逃したこともあるでしょう。

チャートから直接取引が行えることで、こうした問題を解決することができます。

ストレスなく日々の取引を行いたい方は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

相場の変化を知らせてくれるアラート設定も可能

相場が変化したタイミングまで待ち、エントリーしたい場合にはアラート設定が便利です。

事前に取引したいポイントを決めておけば、自動でアラートがお知らせしてくれます。

そのため、わざわざ画面上を眺めてトレンドが変わるまで待機しておく必要がないのです。

IG証券のトレーディングアプリでは、以下のようにアラートの設定も自由に行えます。

プライスと起動値を定めることで、アラートを利用することが可能です。

内容によってはメッセージを入力することもできますので、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

参考:IG証券 アラート設定も楽々

このようにアラート機能が用意されていることで、トレーダーは有効に時間を活用することができます。

上手く活用し、エントリーしたいタイミングで取引を行うと良いでしょう。

リミット注文など、詳細設定も行える

トレーディング・アプリの魅力はこのほかにも詳細設定が行えるという点が挙げられます。

IG証券では以下のようにアプリ上からリミット注文などの詳細な注文を行うことが可能です。

このように用途に応じて細かな設定を行いつつ、トレーダー各自の取引スタイルに合わせて利用できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

ノースリッページ注文が利用できる

トレーダーの大きな悩みの1つにスリッページがあるのではないでしょうか。

スリッページとは?

注文した価格と約定した価格に差が生まれてしまうこと。

取引開始と同時にスリッページが発生してしまえば、スタート時点でマイナスからのスタートとなってしまいます。

IG証券のアプリではこのようなデメリットを解消するためにノースリッページ注文というサービスが用意されています。

このノースリッページ注文とは、保証料をあらかじめ支払っておき自分が注文した価格で確実に約定を行うという注文方法です。

こちらの手法を利用することで、トレーダーはスリッページリスクを完全に回避することができるので、メリットがあります。

ただし、以下のような保証料が必要になってしまうため、事前に把握するようにしておきましょう。

IG証券 ノースリッページ注文保証料の目安
参考:IG証券 ノースリッページ注文保証料の目安
IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券のアプリの便利機能とは?

IG証券の特徴については上記で解説した通りですが、便利な機能も多数搭載されています。

主に次のような機能が備わっているため、取引を行う際には利用してみるとよいでしょう。

IG証券のアプリの便利機能
  • ノックアウトオプションが利用できる
  • 豊富なテクニカル分析も可能
  • マーケットデータを管理することができる

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

ノックアウトオプションが利用できる

IG証券のトレーディング・アプリでは、ノックアウトオプションを利用することが可能です。

ノックアウトオプションはトレーダーにとってメリットの大きな取引手法です。

IG証券を代表するオプション取引であり、以下のような魅力があります。

  • 資金効率が良く、少ない資金でも大きな利益を狙うことができる
  • 最大損失額を決めた状態で取引が行えるので、リスク管理が可能
  • 税金対策が行いやすい

このように、利用する際には様々なメリットがあるのが特徴です。

トレーディング・アプリにおいてもPC上と変わらずにトレードを行うことができるのでユーザーも利用しやすいでしょう。

実際の取引画面
実際の取引画面

ノックアウトオプションについては以下の記事でも詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

様々なテクニカル分析ができる

このほかにも、アプリ上から様々な分析を行うこともできます。

IG証券ではアルーンやオーサム・オシレーター、ボリンジャー・バンドなど、豊富な種類のテクニカル分析が容易されています。

テクニカル分析の種類も豊富
テクニカル分析の種類も豊富

以下の画像は、トレーディング・アプリからボリンジャーバンドを用いて分析を行なっている様子です。

ボリンジャーバンドによる分析
ボリンジャーバンドによる分析

このように、様々なテクニカル分析を利用できるので、自分の取引スタイルに合わせた分析を行いながらトレードを進めることができるでしょう。

マーケットデータの管理

IG証券のトレーディング・アプリでは銘柄に対するデータをグラフ上で閲覧することが可能です。

マーケットデータを確認すれば、自分が見たい銘柄のニュースや価格変動率、顧客センチメントを確認することができます。

顧客センチメント
顧客センチメント
価格変動率
価格変動率

これらの情報を確認することで、現在優勢になっているポジションや時間帯ごとの変動の大きさをチェックすることができるでしょう。

豊富な情報から取引に必要なものを抽出し、トレードを優位に進めることが可能です。

IG証券のアプリに向いている人とは?

上記では、IG証券のトレーディング・アプリについて解説させていただきました。

解説した内容を踏まえつつ、トレーディング・アプリに向いている人についてご紹介していきたいと思います。

主に次のような方は、トレーディング・アプリを利用してみると良いでしょう。

トレーディング・アプリに向いている人
  • 場所を選ばずに取引したい人
  • テクニカル指標を用いてトレードを行いたい人
  • リスクを限定して取引を行いたい人

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

場所を選ばずに取引したい人

トレーディング・アプリの魅力はなんといっても場所を選ばずに取引が行えることです。

外出先など、PCが手元にない環境であったとしても、スマホさえあれば手軽に取引を行うことができます。

また、なんとなくトレードがしたくなったような時でも、ポケットからスマホを取り出して気軽に取引可能です。

このように、「いつでもどこでもトレードできる」というのがトレーディング・アプリ最大の魅力と言えるでしょう。

テクニカル指標を用いてトレードを行いたい人

トレーディング・アプリではスマホ上で様々なテクニカル指標を利用した取引を行えます。

チャート上で使用できる指標も多く、分析しながらトレードをするスタイルの方にはおすすめのサービスと言えるでしょう。

ボリンジャーバンドを用いた分析
ボリンジャーバンドを用いた分析

注文時にはチャートレーダー上に指標を表示させた状態で取引が可能です。

いちいち画面を切り替える必要がないため、スムーズなトレードを実現できます。

リスクを限定して取引を行いたい人

リスクを抑えて取引を行いたい方にも、トレーディングアプリをおすすめできます。

その理由としては、まずノックアウトオプションで最大損失額を抑えた取引ができる点が挙げられるでしょう。

通常のFXとは異なり、最初に損失を限定できるのでリスクを抑えてトレードが行えるのです。

また、ノースリッページ注文などのスリッページ回避機能も利用することができます。

保証料を払うことで、取引の際にスリッページが発生するリスクを回避することが可能です。

そのため、できるだけリスクを抑えた状態でトレードが行いたいという方はトレーディングアプリを用いて取引を行ってみてはいかがでしょうか。

IG証券のアプリの注意点とは?

IG証券のトレーディング・アプリを利用する上では注意すべきポイントも存在しています。

実際に利用する際には以下のようなことに注意するようにしましょう。

トレーディング・アプリの注意点
  • ニュースは詳細画面からのみ閲覧可能
  • 半年以上トレードしなければ、口座管理手数料が必要になる
  • 他の会社のアプリと比べて慣れるまで使いにくい
  • 機能は豊富だが、基本的に自分で調べる必要がある

以下ではそれぞれについて解説していきます。

半年以上トレードしなければ、口座管理手数料が必要になる

長期間トレードしない方についても注意が必要です。

IG証券の口座では、半年以上全く取引しない場合には口座管理手数料として月額550円(税込)を支払う必要があります。

そのため、もし長期的にトレードを行わないという方はあらかじめ手数料について押さえておかなければなりません。

ただし、利用している口座に残高がない場合には口座管理手数料は引き落とされないことになります。

今後取引する予定がない場合には、自分の口座に証拠金が残らないようにしておきましょう。

ニュースは詳細画面からのみ閲覧可能

トレーダーの中には、最新のニュースを見ながら取引を行いたいという方もいらっしゃると思います。

IG証券のトレーディング・アプリでは、ニュースを閲覧したい際に銘柄の詳細画面に設置されている「マーケットデータ」をタップしなければ閲覧できません。

ニュースをタップ
ニュースをタップ
画面中央にニュースが表示される
画面中央にニュースが表示される

このように、少々閲覧に手間が掛かるため、事前に注意する必要があるでしょう。

他の会社のアプリと比べて慣れるまで使いにくい

IG証券のアプリは、最初の間は操作になかなか慣れないというデメリットも存在しています。

というのも、IG証券自体が外資系の企業であるため、仕様が少々複雑なものになっていることが原因です。

他社のアプリと比較してもIG証券オリジナルの性能がかなり存在しており、便利である反面慣れるまで時間が掛かってしまう可能性が高いでしょう。

実際、僕自身も使っていますが、最初の間は画面の切り替え方や分析方法などの使い方が今ひとつ分かりませんでした。

ただ、しばらく使っていると特にストレスを感じずに使えるようになるので、あまり心配しすぎることもありません。使い方に不安であれば、後述するデモ口座を利用するのがおすすめです。

機能は豊富だが、基本的に自分で調べる必要がある

また、IG証券のアプリは非常に高性能なものになっていますが、詳しい説明などは記載されておらず、基本的に自分で使いながら調べていく必要があります。

具体的には画面の切り替え方や、チャートから直接注文を行う方法などについてはなかなか難しく、戸惑う人も多いでしょう。

そのため、最初からいきなり実戦で取引を始めるよりも、まずはデモ口座を開設して無料で練習してみると良いと思います。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券のアプリを使う前にデモ口座で練習するのがおすすめ

もし、これからアプリの利用を開始する方や、アプリの使い方が分からずに悩んでいるという方はデモ口座を使って練習しておくことをおすすめします。

IG証券のデモ口座は無料で利用できる上に、実際のトレード画面の全く同じ仕様で仮想取引を行うことができます。

以下の画像が実際のデモ口座の画面ですが、ご覧の通り実際の画面表示と完全に同じものです。

実際の取引画面
実際の取引画面

デモ口座を使って事前に練習しておけば口座の切り替え方やツールの使い方なども把握できるので実戦でもスムーズな取引が行えます。

もし、これからデモ口座を利用しようとお考えの方は以下の記事で口座開設までの手順を記載していますので、参考にしてください。

IG証券のアプリを使ってみた感想は?

僕自身、IG証券のアプリを実際に使用していますが、利用してみた感想には次のものがあります。

IG証券のアプリを使ってみた感想
  • 最初は使い方に戸惑う
  • どこでも使えて便利だった
  • 何回も使っていると次第に慣れてくる

まず、実際に利用し始めてからしばらくの間は、使い方がいまひとつわかりませんでした。

例えば、チャート上から取引ができるということも最初は理解できず、画面を切り替えるだけで苦労する場面も。

ネット上の評判にもありますが、他社ツールと比較すると、やはり分かりにくい機能になっていると言わざるを得ないかもしれません。

ただ、アプリ上からもノックアウトオプションを初めとした一通りの取引が行えるので、場所を選ばずに取引できて良かったのも事実です。

そして、最初は使いにくいと感じていたツールでしたが、何度も取引を繰り返している間に操作にも慣れました。

使いこなせれば便利な機能もたくさんあって、効果的なトレードを実現できると思います。

ちなみに、アプリ以外のツールについては以下の記事で詳しく解説しているため、ぜひ参考にしてください。

まとめ

今回の記事では、IG証券で提供されているアプリ、「トレーディング・アプリ」について解説してきました。

IG証券のアプリについてのまとめ
  1. チャートからの直接取引やリミット注文、アラート設定など多様な機能が搭載されている
  2. 場所を選ばずに取引したい人やテクニカル指標を利用して取引したい方におすすめのサービス
  3. 長期期間利用していないと口座管理手数料が掛かることやニュースの閲覧に手間が掛かることに注意する
ヒロ
IG証券のトレーディングアプリでは便利な機能が多数用意されています。スマートフォンさえあればいつでもどこでも利用可能です。ぜひ利用してみてください。

おすすめの記事