IG証券のアプリとは?トレーディング・アプリの特徴や機能を解説!

IG証券ではスマホ版のアプリである「トレーディング・アプリ」が提供されています。

使い方も簡単で、その機能も便利なものが用意されているため、初心者の方でもすぐに使いこなすことができるでしょう。

今回の記事では、そんなIG証券のトレーディング・アプリの特徴や機能を分かりやすく解説します。

IG証券のアプリ「トレーディング・アプリ」の特徴とは?

IG証券ではスマートフォン用のアプリとして「トレーディング・アプリ」が提供されています。主に以下のような特徴があるので、チェックしてみてください。

トレーディング・アプリの特徴
  • チャートレーダーから直接取引ができる
  • 相場の変化を知らせてくれるアラート設定も可能
  • リミット注文など、詳細設定も行える

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

チャートレーダーから直接取引ができる

トレーディング・アプリでは、チャートレーダーを用いて直接取引を行うことができます。画面上にあるチャートレーダーを眺めながら、相場の状況を見つつトレードが行えるのです。以下の画像は実際に取引を行なっているものになります。

チャートレーダーを見ながら取引ができることにより、わざわざ画面を何度も切り替える必要がありません。トレーダーの方であれば、そうやって画面を切り替える間に相場が変化したり、エントリーのタイミングを逃したこともあるでしょう。

チャートから直接取引が行えることで、こうした問題を解決することができます。ストレスなく日々の取引を行いたい方は、一度利用してみてはいかがでしょうか。

相場の変化を知らせてくれるアラート設定も可能

相場が変化したタイミングまで待ち、エントリーしたい場合にはアラート設定が便利です。事前に取引したいポイントを決めておけば、自動でアラートがお知らせしてくれます。そのため、わざわざ画面上を眺めてトレンドが変わるまで待機しておく必要がないのです。

IG証券のトレーディングアプリでは、以下のようにアラートの設定も自由に行えます。プライスと起動値を定めることで、アラートを利用することが可能です。内容によってはメッセージを入力することもできますので、用途に応じて使い分けると良いでしょう。

参考:IG証券 アラート設定も楽々

このようにアラート機能が用意されていることで、トレーダーは有効に時間を活用することができます。上手く活用し、エントリーしたいタイミングで取引を行うと良いでしょう。

リミット注文など、詳細設定も行える

トレーディング・アプリの魅力はこのほかにも詳細設定が行えるという点が挙げられます。IG証券では以下のようにアプリ上からリミット注文などの詳細な注文を行うことが可能です。

このように用途に応じて細かな設定を行いつつ、トレーダー各自の取引スタイルに合わせて利用できる点は大きな魅力と言えるでしょう。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券のアプリに向いている人とは?

上記では、IG証券のトレーディング・アプリについて解説させていただきました。解説した内容を踏まえつつ、トレーディング・アプリに向いている人についてご紹介していきたいと思います。主に次のような方は、トレーディング・アプリを利用してみると良いでしょう。

トレーディング・アプリに向いている人
  • 場所を選ばずに取引したい人
  • テクニカル指標を用いてトレードを行いたい人
  • リスクを限定して取引を行いたい人

以下ではそれぞれについて詳しく解説していきます。

場所を選ばずに取引したい人

トレーディング・アプリの魅力はなんといっても場所を選ばずに取引が行えることです。外出先など、PCが手元にない環境であったとしても、スマホさえあれば手軽に取引を行うことができます。

また、なんとなくトレードがしたくなったような時でも、ポケットからスマホを取り出して気軽に取引可能です。このように、「いつでもどこでもトレードできる」というのがトレーディング・アプリ最大の魅力と言えるでしょう。

テクニカル指標を用いてトレードを行いたい人

トレーディング・アプリではスマホ上で様々なテクニカル指標を利用した取引を行えます。チャート上で使用できる指標も多く、分析しながらトレードをするスタイルの方にはおすすめのサービスと言えるでしょう。

ボリンジャーバンドを用いた分析
ボリンジャーバンドを用いた分析

注文時にはチャートレーダー上に指標を表示させた状態で取引が可能です。いちいち画面を切り替える必要がないため、スムーズなトレードを実現できます。

リスクを限定して取引を行いたい人

トレーディング・アプリでは「ノックアウト・オプション」や「ノースリッページ注文」などの取引も行うことができます。ノックアウト・オプションではあらかじめ最大損失額を限定したトレードができるので、必要以上に損失が出ることがありません。

また、トレードを行う上で障害になるスリッページ(発注時と約定時のレートのズレ)も、ノースリッページ注文を利用すれば回避することができます。このように、保証料を支払うことでリスクを回避した取引も、トレーディング・アプリでは行うことが可能です。

現在ではスマートフォンで取引を行っている人も多いでしょう。もし、できるだけリスクを抑えてトレードがしたい方は、アプリを用いて上記のようなトレードを行うのがおすすめです。

IG証券のアプリの注意点とは?

IG証券のトレーディング・アプリを利用する上では注意すべきポイントも存在しています。実際に利用する際には以下のようなことに注意するようにしましょう。

トレーディング・アプリの注意点
  • ニュースは詳細画面からのみ閲覧可能
  • 半年以上トレードしなければ、口座管理手数料が必要になる

以下ではそれぞれについて解説していきます。

半年以上トレードしなければ、口座管理手数料が必要になる

長期間トレードしない方についても注意が必要です。IG証券の口座では、半年以上全く取引しない場合には口座管理手数料として月額550円(税込)を支払う必要があります。

そのため、もし長期的にトレードを行わないという方はあらかじめ手数料について押さえておかなければなりません。

ただし、利用している口座に残高がない場合には口座管理手数料は引き落とされないことになります。今後取引する予定がない場合には、自分の口座に証拠金が残らないようにしておきましょう。

ニュースは詳細画面からのみ閲覧可能

トレーダーの中には、最新のニュースを見ながら取引を行いたいという方もいらっしゃると思います。IG証券のトレーディング・アプリでは、ニュースを閲覧したい際に銘柄の詳細画面に設置されている「マーケットデータ」をタップしなければ閲覧できません。

ニュースをタップ
ニュースをタップ
画面中央にニュースが表示される
画面中央にニュースが表示される

このように、少々閲覧に手間が掛かるため、事前に注意する必要があるでしょう。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

まとめ

今回の記事では、IG証券で提供されているアプリ、「トレーディング・アプリ」について解説してきました。

IG証券のアプリについてのまとめ
  1. チャートからの直接取引やリミット注文、アラート設定など多様な機能が搭載されている
  2. 場所を選ばずに取引したい人やテクニカル指標を利用して取引したい方におすすめのサービス
  3. 長期期間利用していないと口座管理手数料が掛かることやニュースの閲覧に手間が掛かることに注意する
ヒロ
IG証券のトレーディングアプリでは便利な機能が多数用意されています。スマートフォンさえあればいつでもどこでも利用可能です。ぜひ利用してみてください。

おすすめの記事