IG証券ノックアウトオプションの5つのデメリット

IG証券の「ノックアウトオプション」は、海外のハイレバFXのような利便性で国内の税率20%が適用される、一見メリットしかないような口座です。


わたしも普段「これはいい!」という発言をしていますし、ネットで見ても良い話が目立ちます。

メリットばかり言われると不安になりますし、実際にデメリットはないのでしょうか?

 
バイナリーオプションみたいな名前だけど、怪しくないの?
 
実際に使っている上でデメリットないの?

1年使い続けた結果、感じたデメリットが5つあるので解説します。

 

ヒロ
デメリットも踏まえたうえで、いまのFXを使い続けるか、ノックアウトオプションもありなのか公平な目線で比較検討しましょう。

まず、運営会社が信用できなければ、どんなに良いサービスでも検討の余地はありません。

日本で唯一ノックアウトオプションを提供しているIG証券について説明します。

運営会社IG証券株式会社
設立2002年12月(日本支社開設)
ロンドン本社1974年創業。
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第255号
加盟団体日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引
IG証券とは

IG証券はロンドン証券取引所に上場している40年近い歴史がある証券会社です。

日本の金融庁免許も取っている事から、仮にIG証券が倒産しても投資家の資産は保護されます。

日本に拠点を置いてからも10年以上が経過しており、全面的に信用していい証券会社と言えます。

IG証券の評判を62社比較とツイッターなどの声でまとめた記事はこちらです。 さらに詳細に比較したい方はご覧ください。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

ノックアウトオプションの特徴と5つのデメリット

ノックアウトオプションは為替や日経などが取引できるFXと似たサービスですが、「発注時に必ずロスカット設定をする」点が異なります。

その代わり損失はロスカット[KO]に限定されるので、維持率などの複雑な計算をせずに、比較的少ない資金で取引できるメリットがあります。

ノックアウトオプションとは?

少ない資金のトレードに向いているので10万円チャレンジで230万円に増やすなど、重宝して使っています。

1年使って「不便だと思ったこと」や「これはデメリット」だと思った事をまとめます。

エントリーに指値が使えない

ノックアウトオプションは、エントリー時に指値が使えません。
エントリーしたポジションを解消する「決済では指値が使えます」。

「指値を置いて、刺さるまで待つ」とうなトレードができないので、この点が最も不便に感じます。
※エントリー指値機能の実装は、間も無くされるとの話もあります。

こちらがエントリー時に、指値を設定できる箇所です。
発注した後に、現在のオーダー状況から指値を追加する事も可能です。

ロスカット[KO]を後から変更できない

ノックアウトオプションではエントリーするときに「ドル円110円になったらカット」のように、損切り価格を決めます。

この損切り価格をノックアウトレベル(以降K・Oレベル)と言いますが、「K・Oレベル」は設定した後で遠ざける事ができません。

例えばドル円110円にショートで「K・Oレベル」を設定した場合、後から111円や112円にする事はできません。 最初に設定した110円より近づけて109円や108円にする事はできます。

メモ

「K・Oレベル」は10pip単位で設定できます。
110.1円/110.2円/110.3円と言った感じです。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

FX口座と比較してスプレッドが広い

IG証券のノックアウトオプションの口座を開設すると、同時に通常のFX・CFD口座も開設され、資金は自由に振り替えできます。

同じドル円でも(標準)と書いているのは、通常のFX取引。
(ブル上昇)・(ベア下落)と書いているのは、ノックアウトオプションです。

この(標準)と比較して、ノックアウトオプション(K・O)口座は少しスプレッドが広いのが現状です。
参考にノックアウトオプション(K・O)と、標準FX口座とGMO(FX)の口座を比較します。

IG(K・O)IG(標準FX)GMO(FX)
USDJPY0.6銭0.2銭0.3銭
GBPJPY2銭1銭1銭
NIKKEI7円7円4円
GOLD0.3ドル0.3ドル0.4ドル

基本的には(標準)口座の方がスプレッドが狭いので、資金が潤沢な場合は(標準)を使った方がいいでしょう。

補足

ノックアウトオプションでのエントリーは、上記スプレッドの他に約200円程度のノックアウト・プレミアムがかかります。
ノックアウト・プレミアムは指定値ですべらずに約定させるための積立保険で、ノックアウトされずに利益確定または、途中損切りした場合は返金されます。

指標やボラが大きい時は「K・Oレベルが広がる」

ノックアウトオプションは、K・Oレベルまでの最大損失額(+ノックアウト・プレミアム)のみでトレードできる点が魅力です。

例えばこの画面では1ロット(1万通貨)が、1,250円のオプション購入代金(最大損失額)で持てるのです。

つまり、少ない資金で大きなポジションを持つ事ができる! のですが、

普段はあまり変わらないノックアウト・レベルの設定範囲なのですが、「指標などボラが広がるタイミングでは広がってしまいます。」

例えばこのようにさらに値幅を広げて「K・Oレベル」を設定する必要が出てしまうので、その分必要な資金が少し増えるイメージです。(その分ロスカットされるリスクも下がりますが)

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

ノックアウト(K・O)レベルは広げきれない

ノックアウトオプションのK・Oレベルは、いくらにでも設定できる訳ではありません。

注文画面上に出てきたレートの中から、選択するしかないです。

これで困るのは維持率いっぱいの、長期ポジションを作りたい場合です。

実際に使っていて為替であれば、ドル円でも現在の110円から12円も離して、98円程度にK・Oレベルを設定できたので、そこまで不満はないのですが、

株価指数は設定できる金額が近いように感じます。

日経平均では約2,300円離して「K・Oレベルを設定するのが最大値でした」。
2,300円というと数ヶ月あれば動いてしまう値幅なので、エントリーして1年寝かせるみたいな取引には向いていない事が分かります。

やはり短期から1ヶ月程度に向いているサービスなので、長期で使いたい場合は(標準FX)やCFDの口座で取引するといいでしょう。

ノックアウトオプションのデメリットまとめ

いかがでしたでしょうか? FXと全く同じ性質という訳ではないので、デメリットもそれなりには存在しますので、その点を踏まえて利用するか検討しましょう。

ノックアウトオプションのデメリット
  1. エントリーに指値が使えない
  2. ロスカット[KO]を後から変更できない
  3. FX口座と比較してスプレッドが広い
  4. 指標やボラが大きい時は「K・Oレベルが広がる」
  5. ノックアウト(K・O)レベルは広げきれない
ヒロ
このようなデメリットを踏まえても、海外FXのような資金効率で、国内税率20%が適用できるノックアウトオプションは非常に魅力的です。

またIG証券に申し込むと、為替や株価指数など世界最高の10,000を超える銘柄を取引できるのも魅力です。
IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。
おすすめの記事