IG証券の評判

知名度はそこまでないにも関わらず、時たま話題に出る「ノックアウトオプションで話題のIG証券」は、他のFX業者と比較して利用するに値する「評判の良い会社なのか」公正に比較します。

IG証券とFX62社の評判を比較

まず、そのFX業者が「使う人にとってメリットがあるか?」、「乗り換える価値があるか?」は、いま使っている環境によって評価が変わると思います。

FXの場合は国内と海外で、仕様や取引環境が全く異なるので、

「国内45社」「海外FX17社」それぞれと比較したいと思います。

【完全版】FXGTキャンペーン、特徴、使い方、口座開設、出金、MT5を解説

FX業者62社と比較して、この10項目を厳しく査定します。
⑴通貨ペア ⑵スプレッド ⑶スワップ ⑷資金効率 ⑸約定力 ⑹トレードツール ポート ⑻税制優遇 ⑼借金リスク ⑽安全性

IG証券の評判を「国内」と「海外」徹底比較

ヒロ
ぼく自身も1年間使ってみて、色々課題点が見えたので「公正な比較」と「個人的主観」両方書きます。

IG証券の評判を徹底調査!FX62社比較と1年使った課題点を解説

IG証券の評判はどうなのか

IG証券はロンドンで約40年、日本に設立されて約18年です。 なぜ最近、話題になっているかと言うと、為替や株の取引ができる「少ない資金でトレードしやすい、ノックアウトオプション」という、画期的なトレードサービスをリリースしたからです。

運営会社IG証券株式会社
設立2002年12月
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第255号
加盟団体日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引

ノックアウトオプションは海外FXのような利便性で、国内の分離課税が受けられる口座です。 さらに詳しい情報は関連記事にまとめています。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

国内FX利用者からの評判

国内FX業者一覧
比較した国内FX業者ロゴ一例

国内利用者には「少ない資金でトレードできる」「通貨ペアが多い」点は評判がいいですが、「ツールの使い勝手」は賛否両論があるようです。

国内FX利用者の評判
国内FX利用者の評判
Ig証券のノックアウトオプション指値できたら神でしょ
Twitterkさん

ツイッターの評判(Kさんから)

国内利用者に評価の高い「ノックアウトオプションは指値ができない」ので、自身でエントリーボタンを押す必要があり、その点の改善を望む声が多いです。

国内FX利用者の評判
ノックアウトレベル4.60に設定すると…8.2万円で1Lot行けるみたい。
ふつうのFXなら13万円必要です。

⭕️資金効率バツグン!

❌取引期限がある(ずっと持てない)
❌資金追加できない
TwitterMさん

ツイッターの評判(Mさんから)

国内FX利用者には「ノックアウトオプションの資金効率がいい」という評判が多いです。

海外FX利用者からの評判

海外FX業者一覧
比較した海外FX業者ロゴ一例

海外FX利用者には「通貨ペアの数が多い」「国内だから税率が低い」とう評判が多いです。
国内FXユーザーと同様にプラットフォームの使いづらさを指摘する声が多いです。

海外FX利用者の評判

海外FX利用者の評判
海外fxのaxioryは確かにスプレッド狭いけど、IG証券のノックアウトオプションを使えばスプレッドも税率も低いままで実質レバレッジ上げることが出来るよなーって

そうなると海外であるリスクを取らずに、国内のIGでいいよなぁ
TwitterYさん

ツイッターの評判(Yさんから)

海外FX利用者には「海外FXのような資金効率で、国内税率が適用される」事に対する評価が高いです。

海外FX利用者の評判
IG証券のプラットフォーム触ってみた感想、使いづらい(笑)
FX、株価指数、商品指数などが証拠金一元管理できないのは結構めんどくさいですねー。
いちいちそれぞれに証拠金振り替えて、取引画面を遷移させないとダメな仕様になってます
TwitterYOさん

ツイッターの評判(YOさんから)

やはりプラットフォームの使いにくさを挙げる声が悪い評価では多いです。 IG証券はメイン口座から株価指数や為替商品などのたくさんの口座に振替(即時反映)で、資金を割り当てますが海外FXであればメイン口座から「為替でも株価指数でも」銘柄を選択するだけなので、海外FXの方が使いやすいという声があります。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

IG証券のトレードに関する比較

通貨ペア(銘柄数)

IG証券の為替通貨ペアは97以上で、国内FXと海外FXどちらと比較しても多い水準です。
1つのメイン口座から、株価指数や商品口座等に即時振替ができ、即時トレードできる銘柄数が非常に多い事が魅力です。

IG証券通貨ペアの数
  • 為替97ペア以上
  • 株価指数30以上
  • 商品50以上
  • 個別株(CFD)7,500以上

IG証券(KO)最新銘柄リスト

比較対象評価コメント
国内FX★★★★4GMOなどの大手は概ね30ペア以下なので、IG証券の97ペアはかなり多い方。 国内では一部証券会社は100ペアがあるので最大ではない。
海外FX★★★★★5海外FXは30〜60ペアが標準であり、IG証券であればそれらにない通貨ペアもトレードできる。

スプレッド

IG証券のスプレッドと国内FXのスプレッド比較です。
(K・O)と書いてあるノックアウトオプションは、国内の他のFXよりスプレッドが広いですが、通常の(為替)でのエントリーならスプレッドは狭いです。

海外FXはドル円のスプレッドが1.7銭〜1銭程度なので海外FXよりは圧倒的に安いです。

IG証券のスプレッドはこの記事にまとめています。

IG(K・O)IG(標準FX)GMO(FX)
USDJPY0.6銭0.2銭0.3銭
GBPJPY2銭1銭1銭
NIKKEI7円7円4円
GOLD0.3ドル0.3ドル0.4ドル
比較対象評価コメント
国内FX★★★★4国内の手数料最安値は0.2pipで、IG証券は最安値にあたる。しかし通貨ペアによっては、IG証券より安いFX業者もあるため全銘柄最安値ではない。
海外FX★★★★4海外FXはドル円1.7pip〜1pip程度に対して、IG証券は通常口座が0.2pipでノックアウトオプションが0.6pipと優秀。 海外FXには大ロット用のILC口座が存在し1回のエントリーが5ロット(50万通貨)以上であれば、そちらの方が安い場合もある。

スワップ

IG証券のスワップ(金利)はその他の会社と比較して標準的です。
IG証券のスワップ手数料(金利)はこの記事にまとめています。

USDJPY
(ドル円)
GBPJPY
(ポンド)
AUDJPY
(オーストラリア)
TRYJPY
(トルコリラ)
MXNJPY
(メキシコペソ)
IG証券(為替標準)40円16円11円45円110円
XM(スタンダード口座)26円11円7円
CryptoGT(標準口座)43円12円14円
GMO(FX口座)44円33円19円42円80円
DMM(FX口座)48円45円14円

比較対象評価コメント
国内FX★★★国内FXと比較してスワップは標準的である。 トルコリラ(TRY)やメキシコペソ(MXN)などの高金利通貨のスワップ収益受け取りを売りを売りにしている口座の中には、スワップ金額がより高い口座もあるため及第点というところ。
海外FX★★★3海外FXの標準的なスワップよりはスワップの受け取りは多い傾向にある。 しかし同等に支払いも多い場合がある。
これは海外FXがロングとショートの支払い受け取りのバランスを調整している関係が影響していて、それと比較するとポジションによっては支払いが多くなる。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

資金効率

レバレッジ

資金効率は通常の為替や株価指数CFD口座であれば、他社と変わりませんが「ノックアウトオプション口座」を使えば、海外のような資金効率が可能です。

比較対象評価コメント
国内FX★★★★4通常の為替FX口座は国内のレバレッジ25倍規制があるので、当然他社と変わらない。
しかしノックアウトオプション口座であれば、少ない資金で効率良くトレードする事ができる。
海外FX★★★★5ノックアウトオプション口座を使えば、海外の大規模レバレッジ口座と比較しても、最大級のレバレッジで取引する事ができる。

約定力

サーバーの強さ(即時約定スピード)は他社と特に変わらない印象ですが、ロスカットや決済指値の約定は「スリップ保証」があるので、有利と言えます。

比較対象評価コメント
国内FX★★★★★5国内FXと比較しても注文拒否のような挙動もなく、約定遅延もなく優秀。 ロスカットや決済についてはスリップ保証があるため、必ず指定値で決済され安心だ。
海外FX★★★★★5海外FX口座は基本的に約定にミリ秒程度のタイムラグがある口座が多い。この点については同等程度だが、やはりスリップ保証があるため、乱高下する相場環境でも安心感がある。 

トレードツール

こちらがIG証券のトレード画面です。 チャートについてもMACDなどのテクニカルなど一通り揃っているので、基本的な操作は問題ありません。

細かいチャート分析や複数のオシレーターを重ねるなど、「他社のチャートツールで行なっている操作をすべて行おうと思うと」不満が出てきます。

比較対象評価コメント
国内FX★★2国内FXではGMOや楽天など、PCのトレードツールもスマホトレードツールも、何年もかけて開発し尽くされた物が多い。 単純に売り買いをするなら問題ないが、チャート分析などになると、正直申し上げて他社の方が使いやすい。
海外FX★★★3海外FXはほとんどがMT4やMT5を使っている。 このツールは日本人には使いづらいと感じる方が多い。 IGのツールは中級者は使えるイメージだが、超初心者と上級者は満足できないイメージ。

IG証券サポートなどに関する比較

サポート

IG証券のサポートは平日の電話とメールでの対応です。 海外FX業者では電話サポートがない会社が多いので、その点は安心です。

比較対象評価コメント
国内FX★★★3IG証券は平日9:00~18:00がサポート時間であり、これは標準的である。 外為ドットコムなど24時間サポートの会社もあるので及第点です。
海外FX★★★★4海外FXは日本語のサポートデスクがあってもメールのみの会社が多い。 IG証券は電話でもサポートがあるので、この点は安心感がある。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

税制優遇

国内FX利用者には違いはないですが、海外FX利用者であれば税制の優遇は圧倒的に有利と言えます。

比較対象評価コメント
国内FX★★★3国内のFX業者はすべて、分離課税の20%なので違いはない。
海外FX★★★★★5海外FXは雑所得で、所得に応じて55%の累進課税になるので、圧倒的にIG証券の方が有利だ。

借金リスク

借金リスクと定義しているのは「追証の有無」と、「決められた価格を守らずにロスカットされる可能性」です。 この2つでIG証券は優秀と言えます。

比較対象評価コメント
国内FX★★★★4国内のFX業者は金商法の兼ね合いでゼロカットがないので、IG証券も為替口座を使って大きな損失がでた場合は追証リスクがあるが、ノックアウトオプションであればオプション購入代(維持証拠金)以上の損失は出ない仕組み担っている。
海外FX★★★★4海外FXはゼロカットがあるため、証拠金以上の損失がでるリスクはない。 ノックアウトオプションを使えば、それと同等である事に加え、資産が金融庁管轄下で保護されている点も有利だ。

安全性

国内FXとの違いはないが、海外FXと比較すれば顧客資産保護の環境が違うのは明らかだ。

比較対象評価コメント
国内FX★★★★4令和元年9月時点で取引資産の315.7%の資産を保有しており、他業者と比較しても安定感がある。
海外FX★★★★★5
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第255号を取得しており、万が一倒産しても顧客資産は分別管理で保護される。

1年利用で見えた課題点とまとめ

1年利用して見えた課題は「主にプラットフォームの使いづらさ」と、「指標などの相場急変時にスプレッドが一時的に開いてしまう事」の2点に思える。

スプレッドの部分は他の業者も同じような物なので問題ないが、プラットフォームは注文する上では問題ないが、チャート分析には向いていないので是非改良していただきたい。

数年前は言われていた「サーバー遅延」は、2019年は特に感じなかった。 これからも気が付いた事があれば追記していく。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。
おすすめの記事