ノックアウトオプションのスプレッドは?

ノックアウトオプションは、IG証券を代表する取引手法です。

利用すれば高い資金効率でトレードが行えたり、税金対策にも有利なメリットがあります。

ただし、ノックアウトオプションは通常のFXトレードに対してスプレッドが広めに設定されている特徴があります。

もし、これから利用をお考えの方は、そのスプレッドについてはよく理解しておく必要があるでしょう。

今回の記事では、そんなノックアウトオプションのスプレッドについて詳しく解説していきます。ぜひ参考にしてください。

 
ノックアウトオプションのスプレッドってどうなの?
 
ノックアウトオプションのスプレッドが狭い取引会社は?
ノックアウトオプションのスプレッド
  • ノックアウトオプションのスプレッドは?
  • 実際に利用してみて分かったノックアウトオプションのメリットは?
  • 実際に利用してみて分かったノックアウトオプションのデメリットは?
  • ノックアウトオプションはIG証券がおすすめ

ノックアウトオプションのスプレッドについて解説します

ノックアウトオプションのスプレッドは?

では、まず結論ですがノックアウトオプションのスプレッド概要について詳しく解説します。

以下では、ノックアウトオプションを取り扱っている会社のスプレッドを中心にして、おすすめの会社などについてご紹介していきます。

ノックアウトオプションのスプレッド
  • ノックアウトオプションのスプレッド概要【IG証券】
  • ノックアウトオプションのスプレッド各社比較
  • スプレッドに着目したおすすめの証券会社

ノックアウトオプションのスプレッド概要【IG証券】

では、ノックアウトオプションのスプレッドがどれくらいなのかということを解説します。

以下に記載するのは、IG証券におけるノックアウトオプションのスプレッドです。

FXノックアウトオプションスプレッド(一部)
FXノックアウトオプションスプレッド(一部)

上記の通り、ノックアウトオプションのスプレッドは通常のFXと比較して広めに設定されていることが分かります。

ただ、スプレッドは広いものの、後述するようにノックアウトオプションにはメリットが大きいので、スプレッドだけを見て判断しないことをおすすめします。

ノックアウトオプションのスプレッド各社比較

上記ではIG証券のノックアウトオプションに関するスプレッドを解説しました。ただ、ノックアウトオプションを扱っているのはIG証券以外にも「FOREX.com」があります。

そこで、以下では各社ノックアウトオプションのスプレッド比較をまとめます。比較すると、以下の通りになっているため参考にしてください。

IG証券FOREX.com
USD/JPY0.60.9
EUR/JPY1.11.4
EUR/USD0.60.9
AUD/JPY1.31.6
AUD/USD0.91.2
EUR/GBP2.02.3
GBP/JPY2.02.5
EUR/AUD4.04.3

このように、全体的にIG証券よりもFOREX.comの方が広めにスプレッドが設定されていることが分かりますね。

スプレッドに着目したおすすめの証券会社

これらのことを踏まえた上で、もしスプレッドが有利な証券会社を利用したいと考える場合にはIG証券がおすすめということが分かります。

上記の通り、ノックアウトオプションのスプレッドではIG証券が最も狭い設定です。

IG証券ではスプレッドの他にもキャッシュバックのキャンペーンが行われているので、ぜひ申し込んでみてください。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

実際に利用してみて分かったノックアウトオプションのメリットは?

では、ここからは僕が実際にノックアウトオプションを利用してみたメリットについて解説していきたいと思います。具体的には以下のことが挙げられるでしょう。

ノックアウトオプションのメリット
  • 抜群の資金効率
  • 2,000円で取引ができる
  • リスク管理を徹底できる

抜群の資金効率

国内FXノックアウトオプション
実質的なレバレッジ25倍まで1,000倍(※KO価格による)

ノックアウトオプションを利用するメリットとしてまず挙げられるのは、その資金効率の良さでしょう。これは通常のFXトレードと比較すると非常に分かりやすいです。

現在、国内のFXではレバレッジを25倍までしか掛けることができず、効率としてはそこまで良いとは言えない状況にあります。

それに対し、ノックアウトオプションではKO価格の設定によっては実質的なレバレッジが1,000倍を超えることもあるのです。

損切りレベル(pips)必要証拠金実質レバレッジ
101,0001000倍
303,000333.333~倍
505,000200倍
808,000125倍
10010,000100倍
15015,00066.666~倍
20020,00050倍

実際には10pipsでの取引を行うシーンは非常に少ないと思うので、あくまで理論上の話にはなりますが、それでも200pipsのKO価格を設定しても約50倍ほどのレバレッジです。

どう見ても通常のFXトレードよりも資金効率が良く、大きな利益を狙いたい方にはかなり適している取引手法であることは間違いないと言えます。

効率の良い取引を行いたいとお考えの方は、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

2,000円で取引ができる

次に、少額からでも取引を行うことができる点はノックアウトオプションの大きな強みです。具体的には、2,000円あれば取引ができます。

実際に僕も2,000円で取引を行なっており、5,000円ほどあればドル円で2ロットを保有することが可能です。

しかも、ただ取引が行えるということではありません。IG証券で保有できる最小通貨単位は10,000通貨となっています。

そのため、”2,000円ほどの少額資金で10,000通貨単位の取引が行える”ということです。

これだけ聞いても今ひとつ凄さが伝わらないかもしれませんので、通常のFXトレードと比較してみます。

国内FXノックアウトオプション
必要な資金米ドル10,000通貨で約4万円米ドル10,000通貨で約2,000円

すると、国内FXで米ドル10,000通貨を保有するのに必要な資金は約4万円ほどです。これだけ見ても、2,000円の資金で実質的に4万円と同じ資金効率を発揮してくれているのが分かりますね。

これらのことを踏まえると、ノックアウトオプションは少額の資金で大きな利益を狙いたい人向けのサービスであると言えるでしょう。

リスク管理を徹底できる

この他にも、ノックアウトオプションではリスクの管理においても大きなメリットがあります。リスク管理におけるノックアウトオプションのメリットは以下の通りです。

ノックアウトオプションのリスク管理
  • 最初に最大損失額を決定する
  • KO価格以上の損失は発生しない
  • KO価格が変更できないので、損切りが徹底できる

最初に最大損失額を決定する

まず、通常のFXトレードとは異なる注文方法について解説します。ノックアウトオプションでは、以下のように取引を始める前にノックアウト価格を選択制で決定しなければなりません。

ノックアウト価格は選択制
ノックアウト価格は選択制

そして、ここで選択したノックアウト価格によって、最大損失額が最初に決定されます。

実際の取引画面では以下のようにオプション料(最大損失額)として最初に表示されるのです。

ノックアウトオプションでは最初に最大損失を設定する
ノックアウトオプションでは最初に最大損失を設定する

そのため、どの程度の損失が出るのか取引を開始する前に把握することができます。

損失を限定させたいとお考えの方は安心して取引に臨むことが可能です。

KO価格以上の損失は発生しない

次に、上記で設定した損失額は”絶対的”なものであることも、リスク管理ができる特徴になっています。

例えば、通常のFXトレードを引き合いにして解説してみましょう。FXトレードでは相場の急激な変動などが周期的に発生します。

突然の大暴落が起こったり、その反対に社会情勢などによって価格が高騰するシーンを目にしたことがある人も多いでしょう。

そのような際、逆指値の設定を行っていてもうまく作動せず、最悪の場合には追証が発生するリスクもあります。

しかし、ノックアウトオプションではこうした危険性がありません。最初に設定したノックアウト価格は絶対的なものであり、追証は発生しないのです。

そのため、相場変動に関係なく、自分が設定した価格を上回る損失は出ることがない点もメリットと言えます。

ノックアウトオプションでなぜ追証が発生しないのかについては以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

ノックアウト価格が変更できないので、損切りが徹底できる

最後に、上記でも解説したノックアウト価格は取引が始まると変更することができないという点も、リスク管理を徹底できるポイントになっています。

最初に設定するノックアウト価格は、実際に取引が始まっても変更不可の仕様になっています。この点はあらかじめ押さえておかなければ後から困ることになるため、理解しておきましょう。

一見するとこれはデメリットのようにも思えます。しかし、トレードではノックアウト価格は変更できないものの、指値や逆指値を設定することは可能。

以下のように画面上の「指値」や「逆指値」の表示をスライドさせるだけで簡単に設定できます。

スライド
指値・逆指値の設定

そのため、最初に設定するノックアウト価格は広めにポジションを取っておき、後から逆指値で損切りラインを調整するのが得策と言えます。

指値や逆指値の設定方法については以下の記事をご参照ください。

実際に利用してみて分かったノックアウトオプションのデメリットは?

上記ではノックアウトオプションのメリットについて解説しましたが、実際の利用でデメリットもいくつかあったので記載します。

具体的に感じたデメリットは以下の通りです。

ノックアウトオプションのデメリット
  • 注文が成行しかできない
  • ノックアウト価格を狭くしすぎると失敗する
  • 通常のFXよりスプレッドが広い

注文が成行しかできない

まず初めに、ノックアウトオプションの注文方法は通常のFXとは異なりエントリーは成行での注文のみとなっていることに注意が必要です。

僕も実際にトレードを行っていますが、「指値や逆指値を使って相場の変動を待つ」というエントリーを行うことはできません。

基本的にはチャートレーダーを眺めて、自分が手動でエントリーを行うという認識を事前に持っておきましょう。

普段のFXで指値や逆指値を用いた待ちのスタイルで取引されている方にはデメリットになるかもしれません。

ただし、先ほども解説したように決済時には指値、逆指値も使用可能となっています。

ノックアウト価格を狭くしすぎると失敗する

次に、僕もそうなのですがノックアウト価格を狭くしすぎてしまうとすぐにKOされてしまう点にも注意が必要です。

実質的なレバレッジはKO価格が狭い方が良くなるのですが、あまりにも狭すぎると取引を開始してからあっという間にKOになります。

実際、僕もトレードで試してみたのですが、KO価格を狭く設定しすぎるとすぐに損切りになってしまいました。

しかも、KO価格は変更できないので、取引を開始してから後悔しても遅いです。これらのことを踏まえた上で、最初に設定する際には広めのポジションを取っておくようにしましょう。

通常のFXよりスプレッドが広い

最後に、この記事でも解説した通り、ノックアウトオプションのスプレッドは通常のFXよりも広めに設定されています。

ドル円のスプレッドであれば、通常のFXが0.2銭ほどであるのに対して、ノックアウトオプションは0.6銭と広め。

なので、できるだけスプレッドにお金をかけたくない人にはデメリットとなる可能性があるでしょう。

ただし、それを踏まえた上でも資金効率や税金面でかなりの魅力があります。

スプレッド面だけで利用しないというのはかなり勿体無いですね。

ノックアウトオプションのより具体的なデメリットについては以下の記事でも解説していますので、参考にしてください。

IG証券はノックアウトオプション以外にも魅力がある

IG証券 斎藤工
参考:IG証券
運営会社IG証券株式会社
設立2002年12月
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第255号
加盟団体日本証券業協会
一般社団法人金融先物取引業協会
日本商品先物取引

もし、これからノックアウトオプションを利用しようとお考えの場合、IG証券を利用するのがおすすめです。

IG証券ではノックアウトオプション以外にも次のような特徴があります。

IG証券の特徴
  • 取引できる銘柄数が多い
  • スリッページに対する対策が万全
  • デモ口座が利用できる

取引できる銘柄数が多い

IG証券 取り扱い金融商品
参考:IG証券 取り扱い金融商品

IG証券では、ノックアウトオプションの他にFX、CFD、バイナリーオプションなど、幅広い取引を行うことができます。

取り扱っている金融商品を全て合わせると、その数はなんと17,000種類以上になるのです。

FXではドル円などのメジャーな通貨に加えて、トルコリラやメキシコペソなどのマイナーな通貨ペアまで取り扱いがあります。

そのため、多様な金融商品の中から自分のスタイルに合わせたトレードを行いたい方には非常におすすめの証券会社と言えるでしょう。

スリッページに対する対策が万全

また、IG証券ではスリッページ対策が徹底されているのも魅力の一つです。IG証券ではノースリッページ注文と呼ばれる取引手法を利用することができます。

この方法を用いることで、取引を通じてスリッページが発生するリスクを回避することができます。

また、プライス最適化によって通常の取引においてもトレーダーが有利に取引できるような取り組みも行われているのです。

実際に僕も取引していますが、確かにスリッページが少なく、約定力に優れた証券会社であると実感しています。

もし、スリッページに対するリスクを管理したいとお考えである場合には、IG証券は大変おすすめできる証券会社です。

ただし、ノースリッページ注文を利用する場合には以下のような料金が掛かるのであらかじめ押さえておきましょう。

IG証券 ノースリッページ注文保証料の目安
参考:IG証券 ノースリッページ注文保証料の目安

デモ口座が利用できる

この他にも、デモ口座を利用することができるのもIG証券を利用するメリットの一つ。

ノックアウトオプションは通常のFXとは異なり、特に注文方法においては最初の頃は慣れない方も多いでしょう。

いきなり本番で取引を行うのではなく、シュミレーションをして練習を行ってから実戦でトレードしたい方もいらっしゃるはず。

そのような方は、デモ口座を利用することによって事前に練習することができます。

デモ口座の画面は以下のようになっており、実際のトレード画面と同じように取引可能です。

デモ口座の取引画面
デモ口座の取引画面

練習してからトレードを開始したいとお考えの方は、利用してみてはいかがでしょうか。

デモ口座の開設やログイン手順については以下の記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

IG証券のキャンペーン情報

IG証券キャンペーン
IG証券キャンペーン

IG証券では、時期によってキャッシュバックキャンペーンが行われています。

最近では、FX以外の口座を新規で開設して取引を開始することで、最大6万円のキャッシュバックを受け取ることができるキャンペーンが実施されていました。

時期によって行われている時とそうでない時があるため、詳しくはIG証券のホームページなどから確認しておくのが良いでしょう。

もし、キャッシュバックキャンペーンの詳しいやり方や手順が知りたい方は、以下の記事で詳しく解説していますので参考にしてください。

IG証券ノックアウトオプションなら海外FXのような資金効率で、国内の分離課税20%が適用!
さらに株・為替・商品の300を超える銘柄が1口座でトレードでき、スリップ保証も魅力的。

ノックアウトオプションのスプレッドは?:まとめ

今回の記事では、ノックアウトオプションのスプレッドについて解説しました。

ノックアウトオプションのスプレッド:まとめ
  • ノックアウトオプションのスプレッドは通常のFXより広い(ドル円で0.6銭〜)
  • ノックアウトオプションでスプレッドが最も狭い証券会社はIG証券
  • ノックアウトオプションは資金効率やリスク管理の面でメリットがある

ノックアウトオプションは全体的にスプレッドが広めです。

通常のFXから移行する形でノックアウトオプションを取引される場合、この点はデメリットに感じるかもしれません。

しかし、それでも余りあるメリットがありますので、ぜひ一度お試しになってみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事