マネースクエア 口座開設のアイキャッチ画像

マネースクエア(MONEY SQUARE)はFXやCFD取引ができ、特許取得のトラリピを始めとする様々な独自サービスが人気の会社です。

そんなマネースクエアでFX取引やCFD取引を始める場合には、口座開設が必要です。

この記事では、マネースクエアの口座開設方法について解説します。

 
マネースクエアの口座開設方法が詳しく知りたい
 
口座開設にはどんな書類が必要なの?

この記事を読めば、マネースクエアの口座開設について詳しく学べます。

この記事を読むと分かること
  • マネースクエアの個人または法人口座の開設方法
  • 口座開設に必要な書類
  • 口座開設に関するよくある質問とその解説

マネースクエアの口座開設について、1つずつ詳しく解説していきます。

マネースクエア個人口座開設方法

それでは早速、マネースクエアの口座開設方法を紹介します。

マネースクエアFXとマネースクエアCFDがありますが、どちらも口座開設方法は共通です。

また口座の種類には、個人口座と法人口座の2つの口座があります。

まずは個人口座の開設方法から解説します。口座開設は下記4つのステップで完了します。

マネースクエア個人口座開設の4つのステップ
  1. 口座開設ページを開く
  2. お申し込みフォームに必要事項を入力する
  3. 本人確認書類を提出する
  4. IDを受け取る

また、口座開設の際には金融機関の口座番号が必要です。

手元にキャッシュカードや通帳を準備してから開設を申し込みましょう。

それでは1ステップずつ順番に説明します。

1.口座開設ページを開く

マネースクエアでは、口座開設の申し込みはオンラインでのみ可能です。

口座を開設するために、まずは口座開設ページを開きます。

まず、マネースクエアのTOPページから、右上の口座開設ボタンをクリックします。

右上の口座開設ボタンをクリックすると、下のような個人口座開設ページが表示されます。

マネースクエアでは、FX取引の口座とCFDの口座が異なります。

開設したい方の口座を選び、クリックしてお申し込みフォームへ進んでください。

既にマネースクエアFXの口座を開設済みで、新たにCFD口座の開設を希望する方は、「CFD個人口座開設」ボタン下の「既にマネースクエアFX口座を開設済みの方」ボタンをクリックして下さい。

次に、マネースクエアFXのログイン画面からマイページに移動し、「お客様情報」内の「簡単CFD口座開設」から、通常の口座開設よりも簡単に手続きできます。

2.お申し込みフォームに必要事項を入力する

続いて、「FX個人口座開設」または「CFD個人口座開設」ボタンをクリックすると、下のお申込みフォームが表示されます。

こちらのお申込みフォームに、必要事項を入力していきます。

お申し込みフォームの入力内容
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 住所
  • 電話番号(携帯可)
  • メールアドレス
  • 職業、勤務先、勤務先電話番号
  • 出金時の金融機関情報など

上記の他に選択式の質問や、投資経験などに関して入力する項目があり、すべて入力するのに10分以上かかる場合あります。

途中で保存等はできないので、時間に余裕を持って開設を依頼しましょう。

3.本人確認書類を提出する

必要事項を入力し送信が完了すると、次は本人確認書類の提出が必要です。

本人確認書類の提出は、「スマホで最速、本人確認」かアップロードのどちらかで可能です。

スマホで最速、本人確認とは?

「スマホで最速、本人確認」とは本人確認書類の提出をスマートフォンで完結できるサービスです。

画面の指示に従って、スマートフォンで顔写真付き本人確認書類と口座開設者の顔を撮影し、マイナンバーが分かる書類をアップロードすると本人確認ができます。

「スマホで最速、本人確認」を利用すると、最短当日に口座開設が完了し、その日から取引がスタートできます。

本人書類の提出方法は、マネースクエアの公式YouTubeでも解説しています。

4.IDを受け取る

本人確認書類を提出し、審査が完了するとIDが送られてきます。

「スマホで最速、本人確認」を利用した場合は、審査後最短当日にメールでIDが届きます

通常のアップロードで本人確認書類を提出した場合は、審査完了後から2~3営業日で、転送不要の簡易書留によりIDが送られてきます

仮に審査の結果、口座開設ができない場合でもメールで連絡が届くので安心してください。

IDを受け取ったら口座開設手続きは完了です。

マネースクエア法人口座開設方法

続いて、マネースクエアの法人口座の開設方法を紹介します。

法人口座も個人口座同様、マネースクエアFX・CFDともに口座開設手順は同じです。

また、法人口座に関しても口座開設費や口座の維持費はかかりません

マネースクエア法人口座の開設には、下記4つのステップがあります。

マネースクエア法人口座開設の4つのステップ
  1. 口座開設ページを開く
  2. 必要事項を入力する
  3. 本人確認書類を提出する
  4. IDを受け取る

法人口座開設のステップを順番に解説します。

1.法人用口座開設ページを開く

まず、法人口座の開設ページを開きます。

個人ページ同様、マネースクエアTOPページから、右上の口座開設ボタンをクリックします。

ページが開くと下のページに移動するので、下部の「法人口座開設はこちら」をクリックします。

「法人口座開設はこちら」をクリックすると、今度は法人口座の開設ページに移動します。

こちらからFX法人口座開設またはCFD法人口座開設ボタンをクリックして、必要事項の入力へ進んで下さい。

2.必要事項を入力する

FX法人口座開設またはCFD法人口座開設ボタンをクリックすると、マネースクエアFX(CFD)法人口座申込み兼申告書兼特定取引を行う者の届出書というページに移動するので、ここから必要事項を入力していきます。

法人口座開設の場合は、個人口座開設時よりも多くの入力項目があり、全7ページの項目について登録が必要です。

そのため、しっかりと口座開設手続きのための時間を確保して取り組む必要があります。

また、法人情報や取引金融機関の登録などもあるので、前もって必要書類を手元に準備しておきましょう。

7ページの必要事項へ入力が済んだら、「この内容で申し込む」というボタンから口座開設の申し込みが完了します。

3.本人確認書類を提出する

口座開設の申し込みが完了したら、本人確認書類を提出します。

個人口座開設の場合と違い、「スマホで最速、本人確認」は使用できず、メールか郵送で提出しなくてはなりません。

また、提出する本人確認書類も「取引責任者」と「個人の実質的支配者」それぞれの確認書類が必要となります。

本人確認書類が受理されると、口座開設の審査が始まります。

4.IDを受け取る

審査が完了すると、転送不要の簡易書留にてIDが届きます。

審査の結果、口座開設が認められない場合も郵送で案内が届きます。

口座開設のご案内は、法人及び取引責任者がそれぞれ受け取らなくてはならないので注意が必要です。

IDの受け取りをもって、法人口座の開設は完了です。

マネースクエアの口座開設で必要な書類

ここからは、口座開設に必要な書類について解説します。

口座開設の申し込みをすると、必要書類の提出をもって口座開設の審査が始まります。

この時、提出した書類や画像ファイルは返却できないのでご注意ください。

個人で申し込む場合と法人で申し込む場合、それぞれについて詳しく解説していきます。

個人で申し込む場合

口座開設に必要な書類は、具体的に「マイナンバーの分かる書類」と「本人確認書類」の2つです。

まずマイナンバーの分かる書類には、以下の3つが該当します。

口座開設に必要なマイナンバーの分かる書類
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 通知カード
  • 住民票(個人番号の記載有り)

口座開設には上記のマイナンバーの分かる書類から、どれか1つが必要となります。

次に本人確認書類には、以下の8つの書類が該当します。

口座開設に必要な本人確認書類
  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 健康保険証
  • 住民票
  • パスポート(顔写真、所持人記入欄)
  • 印鑑登録証明書
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

個人で申し込む場合は、「スマホで最速、本人確認」が利用可能です。

「スマホで最速、本人確認」を利用できるのは、下記の組み合わせです。

「スマホで最速、本人確認」利用時に必要な書類
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)(本人確認書類は不要)
  • 通知カードまたは個人番号の記載のある住民票+顔写真付き本人確認書類

顔写真付き本人確認書類は以下の4つが該当します。

  • 運転免許証または運転経歴証明書
  • 特別永住者証明書
  • 住民基本台帳カード(写真付き)
  • 在留カード

個人番号カード(マイナンバーカード)を使用する場合は、本人確認書類が要りません。

そのため、個人番号カードを持っている場合は「スマホで最速、本人確認」の利用が便利です。

「スマホで最速、本人確認」を利用しない場合は、以下の組み合わせの書類が必要になります。

「スマホで最速、本人確認」を利用しない場合に必要な書類
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)+本人確認書類1通(但し住民基本台帳カードを除く)
  • 通知カード+本人確認書類2通
  • 住民票(個人番号の記載有り)+住民票以外の本人確認書類1通

上記3つの組み合わせを利用する場合は、口座開設の申し込み後に届く本人確認書類アップロードの依頼メールから、必要書類をアップロードして下さい。

法人で申し込む場合

続いて法人で申し込む場合に必要な書類ですが、基本的には個人で申し込む場合と共通です。

注意が必要なのは法人で申し込む場合は、「スマホで最速、本人確認」は使用できません。

そのため、法人口座を申し込む場合は、以下の書類の組み合わせが必要となります。

法人口座開設に必要な書類
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)+本人確認書類1通(但し住民基本台帳カードを除く)
  • 通知カード+本人確認書類2通
  • 住民票(個人番号の記載有り)+住民票以外の本人確認書類1通

また、「取引責任者」と「個人の実質的支配者」の双方の確認書類を提出しなくてはなりません。

それぞれに対して、上記の必要書類の組み合わせを準備しアップロードして下さい。

マネースクエアの口座開設でよくある質問

最後に口座開設時によくある質問をご紹介します。

それぞれの質問に対して解決方法も併せて解説しますので、マネースクエアの口座開設を検討している方や、これから口座開設する場合は是非参考にして下さい。

口座開設は最短何日で完了しますか?

口座が最短何日で開設できるかは、本人確認書類の提出方法によって異なります

「スマホで最速、本人確認」を利用した場合は、最短当日に口座が開設可能です。

転送不要の簡易書留で本人確認をした場合は、最短で2~3営業日後に口座が開設可能です。

注意が必要なのは、2~3日後ではなく、2~3営業日なので、土日や祝日を挟むとそれに応じて口座開設までの日数も多くなります。

既にFX口座を持っている方がCFD口座を開く場合は、最短当日に口座開設は完了します。

口座の解約はどのようにすればいいですか?

口座解約の場合は、電話か書類の提出により解約が可能です。

電話で解約を依頼する場合は、下記のカスタマーデスクへ連絡し、解約したい旨を伝えて下さい。

電話での解約の場合

カスタマーデスク(平日9:00~17:00)

0120-455-512(FX)

0120-455-305(CFD)

書面提出により解約する場合は下記の解約届出書を印刷し、所定欄を記入してメールか郵送で送る必要があります。

書面提出での解約の場合

・マネースクエアFX 解約届出書

https://www.m2j.co.jp/sc/web/pdf/procedures/kaiyaku_m2jfx.pdf

・マネースクエアCFD 解約届出書

https://www.m2j.co.jp/sc/web/pdf/procedures/kaiyaku_m2jcfd.pdf

メールで送る場合と、郵送する場合の送り先は以下の通りです。

解約届出書の送り先

メールで送る場合

kakunin@m2j.co.jp

郵送する場合

〒565-8790
吹田千里郵便局私書箱11号
株式会社大宣システムサービス内
株式会社マネースクエア事務受付センター

解約完了まで2~4営業日程度時間がかかります。

また、解約後に再度取引を始める場合は、改めて口座開設が必要です。

マネースクエアの口座解約について、詳しい情報を知りたい方は下記記事を参考にしてください。

マネースクエアで口座を解約する方法を紹介

口座開設完了の連絡が届きません

口座開設完了の案内(IDの連絡)は、本人確認方法により異なります

「スマホで最速、本人確認」を利用した場合は、メールにて案内が届きます

届いていない場合は迷惑メールフォルダも確認してみて下さい。

転送不要の簡易書留で本人確認している場合は、登録した自宅の住所宛てに発送されます。

同居家族が受け取っていないか、不在票の有無などを確認して下さい。

上記で解決しない場合は、カスタマーデスクへ連絡してみましょう。

お問い合わせ先(カスタマーデスク)

カスタマーデスク(平日9:00~17:00)

0120-455-512(FX)

0120-455-305(CFD)

カスタマーデスクには、必ず口座開設手続きをした本人から連絡して下さい。

口座開設完了の案内を登録の自宅住所以外に発送できますか?

口座開設完了の案内(IDの受け取り)を登録の自宅住所以外へ発送することはできません

「犯罪による収益の移転防止に関する法律(犯罪収益移転防止法)」により、転送不要の簡易書留にて登録住所のみに発送されます。

海外在住ですが口座開設可能でしょうか?

マネースクエアでは仮に日本国籍の方でも、国外に居住している方は口座開設できません

口座開設に年齢制限はありますか?

口座開設が可能なのは、原則20歳~79歳までの方となります。

おすすめの記事