マネースクエア アフィリエイトのアイキャッチ画像

マネースクエアFXを始めとする金融ジャンルのアフィリエイトには、成果報酬額が他ジャンルに比べて高いという魅力があります。

中には1件につき1万円以上のプログラムが多数あるので、月に総額10万以上の報酬も実現可能です。

 
マネースクエアFXのアフィリエイトサイトってあるの?
 
アフィリエイトサイトの利用で気を付けることはある?

この記事では、マネースクエアFXを取り扱っているアフィリエイトサイトについて解説します。

この記事を読むと分かること
  • マネースクエアFXの案件があるアフィリエイトサイト
  • アフィリエイトサイトを利用する際の注意点

マネースクエアFXがあるアフィリエイトサイト3選

ここからは、マネースクエアFXの案件があるアフィリエイトサイトを紹介します。

マネースクエアFX案件があるASPサイト
  • A8.net
  • TCSアフィリエイト
  • アクセストレード

これらのアフィリエイトサイトを順に説明します。

A8.net

A8.net公式サイトの画像
出典:A8.net

A8.netは、日本最大手のアフィリエイトサイトで、扱っている案件は3,000件以上と膨大です。

同社は、アフィリエイトのほぼすべての商材が網羅されていると言われています。

登録にあたって審査不要で、誰でも簡単に始められるASPとして人気です。

TCSアフィリエイト

TCSアフィリエイトは、金融系に強いアフィリエイトサイトで、株やFXの案件を多く扱っています。

広告案件数は約350案件で、そのうち約200案件が金融系広告です。

TCSアフィリエイトは、報酬単価が高い案件が多いのが特徴で、報酬単価が1万円を超える案件も多数含まれます。

アクセストレード

アクセストレードは、2001年からサービスを実施している老舗ASPです。

同社の特徴は、大手ASPの中では担当者が付きやすいことです。

担当者が付くと、サイトについてのアドバイスを受けられたり、稼げる商品を教えてくれるなどのメリットがあります。

アフィリエイトサイトを利用する際の注意点

ここからは、アフィリエイトサイトを利用する際の注意点について説明します。

ASPサイトの注意点
  • サイトを小まめにメンテナンスする
  • 記事を外注するのは自分で書けるようになってから
  • 確定申告が必要
  • 規約を守る必要がある
  • 振込手数料がかかる
  • 担当者の付きやすさが違う

1つずつ順番に説明します。

サイトを小まめにメンテナンスする

一度アフィリエイトに登録しても、小まめにサイトのメンテナンスをする必要があります

アフィリエイトサイト初心者は、ブログやサイトを開いたら、勝手に人が入ってきて収益が上がると考えてしまいがちです。

しかし、メンテナンスがされていないブログはすぐにライバルたちに追い抜かれてしまい、どんどん流入が減ってしまいます。

アフィリエイトサイトに登録するだけでなく、日頃から情報を更新したり、検索順位が変動していないかを常にチェックするようにしましょう。

記事を外注するのは自分で書けるようになってから

記事をどんどん入稿していくためには、クラウドソーシングなどを使った外注が有効です。

しかし、記事の外注は自分で記事を書いて収益を得られるようになってからにしましょう。

外注したライターのレベルによっては、記事の品質にバラツキが出てきてしまうため、記事に必要な情報や書き方を自分でチェックできるスキルが必要です。

確定申告が必要

アフィリエイトの収益も、確定申告の対象となっています。

確定申告が必要となる収入金額は、会社員の場合は年間20万円、個人事業主の場合は年間38万円です。

確定申告せずに税務署からの調査が入った場合、高額の追徴課税を請求されるリスクもあるので、忘れずに確定申告しましょう。

規約を守る必要がある

アフィリエイトサイトにも規約があります。

アフィリエイトは広告主から広告料として収益を受け取るシステムなので、それを破ってしまうと報酬を受け取れなくなったり、最悪の場合ASPから退会させられる可能性もあります。

アフィリエイトの規約は必ず事前に確認しましょう。

振込手数料がかかる

アフィリエイトの収益を銀行に入金してもらう際に、振込手数料がかかるケースがあります

たとえば、A8.netだと最低支払金額は1,000円ですが、支払い手数料に数百円かかります。

手数料がかかると手残りが半分近くになってしまうので、入金はまとめて申請しましょう。

担当者の付きやすさが違う

上述でも説明した通り、ASPでは担当者が付いてくれることがあります。

担当者が付くとさまざまなアドバイスが受けられるメリットがありますが、ASPによって担当の付きやすさが違ってきます。

アフィリエイトサイトを選ぶ際は、担当者が付いてくれるかどうかもチェックしましょう。

担当者に付いてもらい色々聞きたいという方は、アクセストレードなど担当者の付きやすいASPに登録しましょう。

おすすめの記事