海外fx 口座 比較のアイキャッチ画像

海外FX業者を利用したトレードは、最大25倍までのレバレッジ制限がある国内FX業者と違い、何百倍〜何千倍ものハイレバレッジ取引できたり、破格のボーナスキャンペーンに魅力があります。

ただし、それぞれの海外FX業者で規制やルールが異なり、各口座の内容やボーナス適応条件も細かく規定がある業者も多く、一見するだけでは比較が難しいと言えます。

 
結局どの海外FX業者の口座がおすすめなの?
 
初心者にも使いやすい口座はどれ?

そこでこの記事では、2022年最新版のおすすめ海外FX口座をランキング形式で比較し、解説します。

この記事を読むと分かること
  • 海外FX業者のおすすめ総合ランキングTOP10
  • スプレッドが狭い海外FX業者の口座タイプTOP3
  • 最大レバレッジ倍率が高い海外FX業者の口座タイプTOP3
  • 海外FXの口座タイプに関するよくある質問

海外FX業者のおすすめ総合ランキングTOP10

海外FX業者のおすすめ総合ランキングTOP10を一覧表にしました。

まず海外FX業者を選ぶ基準として、「信頼性」「日本語対応の良さ」「スプレッドの狭さ」「最大レバレッジ」「ボーナスの有無」を確認することが大切です。

なぜなら、海外の業者を使うからこそ「信頼性」と「日本語対応」が優良でなければ、トラブルに遭った時に取り返しのつかないことになる可能性があるからです。

また、数ある海外FX業者の「平均スプレッド」「最大レバレッジ」「ボーナス」の内容により、トレードで得られる利益が大きく変わってくるため、この3つの比較が重要になります。

海外FX業者のおすすめ総合ランキングTOP10の比較表

2022年最新版おすすめTOP10は、トータルバランスの良さを重視しランキングした結果、1位がiForexになりました。

1位のiForexは、最大レバレッジ400倍とレバレッジは低めながら、25年以上の運営実績がある信頼性と、業界最狭スプレッド1.0pips以下でトレードコストを抑える口座でもボーナスの対象にもなっていて大変お得な海外FX業者です。

通常スプレッドの狭さやトレード環境に力を入れている業者は、ボーナスキャンペーンは利用できない場合が多くなっていて、海外FXの醍醐味である破格のボーナス付与はありません。

iForexは、そんな常識を覆すトレード環境と口座を用意し、初心者から中・上級者まで全てのトレーダーに使いやすい海外FX業者です。

また2位以下全ての業者でも、金融ライセンスを獲得している信頼性はもちろん、翻訳したような違和感がない完璧な日本語対応があり、最大レバレッジも500倍以上のハイレバレッジトレードできるスペックがあります。

さらに2位以下は、平均スプレッド・口座の種類・ボーナスの有無の総合的に比較しランキングしました。

ここから各業者の口座タイプ別トレードスペックと、主な特徴を解説します。

また後述で、おすすめランキングとは違った順位で「スプレッドが狭いおすすめの口座タイプTop3」と「最大レバレッジ倍率が高い口座タイプTop3」を個別に紹介しているため、スプレッドや最大レバレッジを重要視する方はぜひ確認してください。

1位:iForex(アイフォレックス)

iforex公式
出典:iForex

2022年最新でおすすめの海外FX業者1位は、iForex(アイフォレックス)です。

iForex各口座の詳細を、以下にまとめました。

口座タイプエリート口座
取引ツールFXnetView
取引形態DD方式
最大レバレッジ400倍
取引銘柄FX:82通貨ペア
株式CFD
株価指数CFD
エネルギーCFD
貴金属CFD
口座通貨JP/USD/EUR
最低入金額10,000円
取引手数料無料
主要通貨スプレッド0.7pips〜
ロット単位100,000通貨
最小取引単位750通貨〜
最大ポジション数制限なし
ストップレベル3.8pips
スキャルピングの可否1日10回まで(基本的に不可)
自動売買の可否不可
両建ての可否
ロスカット水準0%
ボーナスの種類(適用の有無)・初回入金ボーナス
・bitwallet入金ボーナス
・キャッシュバックボーナス

iForexの運営歴は25年を超え、3つの金融ライセンス保持から信頼性があるのはもちろんゼロカットシステム採用・レバレッジ400倍のハイレバレッジ取引・口座残高によるレバレッジ制限なしと初心者でも使いやすい特徴があります。

また、ロスカット水準が証拠金維持率0%なので、証拠金の限界まで取引できます

さらに取扱い通貨ペア82種類・CFD8種類・150種類もの株式の取引が可能で、他業者と比べても通貨ペアの取り扱い数は圧倒的に多くなっているため、マイナー通貨を利用したいトレーダーにもiForexは最適です。

また、2022年10月現在、100%ウェルカムボーナス(初回入金1,000ドルまでに100%のボーナス付与)プラス25%ボーナス(残り5,000ドルまでに25%のボーナス)キャンペーンの併用で、「最大20万円まで」資金を増やせるキャンペーンも実施中でとてもお得です。

ただし、トレードツールにMT4・MT5は利用できず、iForexの独自ツール「FXnetView」を使用しなければいけません。

FXnetViewは使いやすいツールと評判ですが、MT4・MT5が利用できないため、必然的に自動売買もできないことに注意してください。

また、スキャルピング禁止の規定もありますが、1日に10ポジション以上のトレードしなければスキャルピングとみなされないため、それ以下の取引であれば可能です。

ただしiForexの方針次第で、1日10ポジション以下のトレードでもスキャルピングにみなされ、急に口座凍結される恐れもあるため、なるべく違反行為に該当する恐れのあるトレードはしないようにしてください。

2位:XMTrading(エックスエムトレーディング)

XM公式サイトの画像
出典:XM Trading

XMTradingは海外FX業者として、日本で最も有名と言える老舗の業者です。

XMTradingには、初心者向け「スタンダード口座」、中・上級級者向け「マイクロ口座」取引コスト抑えたい方向け「ゼロスプレッド口座」の3つの口座があり、すべてのトレーダーが使いやすくバランスのいい口座が揃っています。

XMTrading各口座の詳細を、以下にまとめました。

XMTrading(エックスエムトレーディング)各口座の詳細表

顧客の資金をXMTradingの運転資金と分別して管理し、万が一XMTradingが倒産してもトレーダーの資産が使われることのない信託保全システムも完備し、トレーダーの資金自体にも米国最大手の保険会社のAIG損害保険で、最大100万ドルまで補償する安心のトレード環境を整えています。

さらに取引形態に、海外FX業者の操作を介入させない「NDD方式」を採用していて、取引の透明性も高くなっています。

その他にストップレベル(指値および逆指値のレベル)も、全口座で2021年8月から0.0pipsになり、さまざまなボーナスを随時開催していて大変お得です。

ただし、XMTradingの口座は、開設し90日以上ログインもトレードもせず放置していると「休眠口座」になり、毎月5ドルの口座維持手数料がかかります

また口座残高が0になった後、さらに90日経過すると「凍結口座」となり、ログインすらできなくなります。

口座開設は簡単ですが、口座開設した後は「XMTradingでトレードを続けなければいけない」ということに注意してください。

3位:FXGT(エフエックスジーティー)

FXGT公式
出典:FXGT

FXGT(エフエックスジーティー)は2019年設立とまだ新しい海外FX業者ですが、最大の特徴は仮想通貨取引でもレバレッジ1,000倍が適用され、仮想通貨を本格的に扱っていることです。

FXGT各口座の詳細を、以下にまとめました。

FXGT(エフエックスジーティー)各口座の詳細表

FXGTには7種類もの口座が用意されているため、自身のトレードスタイルに合う口座が見つかります

小額からトレード開始したい方は「ミニ口座」、初心者・中級者の方には「スタンダード+口座」、EA(自動売買)を利用する方は「FX専用口座」、仮想通貨のみを取引したい方には「Crypto max口座」、上級者向けには「PRO口座」「ECN口座」の開設をおすすめします。

また、2022年9月末に追加されたFXGTのCryptomax口座は「仮想通貨1本で勝負したい」と考えるトレーダー向けに、仮想通貨のみに特化した最新の口座です。

さらにCrypto Max口座では初回に限り、最大15万円まで入金額と同額の100%ボーナスが受け取れるボーナスキャンペーンも実施中です。

ただし、Crypto max口座にはダイナミックレバレッジが採用されており、保有ポジションのボリュームで最大レバレッジ500倍が変動するため、常時最大レバレッジ500倍ではないことに注意してください。

FXGTでは現在、新規口座開設後に本人確認完了するだけで10,000円のボーナス付与のキャンペーン実施中のため、初期投資が少ないトレーダーでもすぐにトレード開始でき大変お得です。

4位:GemForex(ゲムフォレックス)

gemforex公式サイト
出典:GEMFOREX

XMTradingと並び日本で人気のGEMFOREX(ゲムフォレックス)は、オールインワン口座で初期費用100円からトレードが始められ、初心者にもおすすめの海外FX業者です。

2022年3月より最大レバレッジ5,000倍のハイレバレッジトレードできる「レバレッジ5,000倍口座」を新設したり、豊富なボーナスキャンペーンと日本語の手厚いサポートが人気です。

GEMFOREX各口座の詳細を、以下にまとめました。

GemForex(ゲムフォレックス)各口座の詳細表

GEMFOREXは約定率がほぼ100%、口座開設はたった30秒、無料でプロと同じトレード手法が使えるミラートレードが使い放題、サポートの手厚さと日本人スタッフの多いなど海外FX初心者の方にも安心して利用できる優良海外FX業者です。

まずおすすめは「オールインワン口座」で、ボーナスがすべて適用され、スプレッドも1.4pipsからと平均的、さらに他の4口座に比べ最低入金額が100円と開設しやすくなっています。

さらに口座開設ボーナスとして2万円付与され、証拠金に使えるため自己資金を減らすことなくトレードが試せます。

また、EA・ミラートレード・VPSを無料で使い放題なことも魅力です。

ただし、ストップレベルが2.0pips〜と他社より広めの設定であること、また、オールインワン口座以外の口座は最低入金額が少し高めの設定になっていることに注意してください。

5位:AXIORY(アキシオリー)

Axiory公式サイトの画像
出典:AXIORY

業界トップクラスの低スプレッド海外FX業者として有名なAXIORYには、中・上級者向けの口座が多くあります。

また、AXIORYはストップレベルが全口座で0.0pips設定と、スキャルピングやデイトレードに最適です。

AXIORY各口座の詳細を、以下にまとめました。

AXIORY(アキシオリー)各口座の詳細表

AXIORYは「低スプレッド×使いやすさ」が魅力で、特にナノ口座・テラ口座はスプレッドがかなり狭い設定のため、スキャルピングしたい初心者にもオススメの口座です。

まだ利用可能な業者が少なく、MT4より動作スピードが速いと言われている取引ツールcTraderを導入していて、リクオートなし、取引制限もなしというスペックの高さです。

最大レバレッジ400倍は、他業者と比べて低いですが、充分ハイレバレッジトレードができます。

また、全額信託保全もあり、万が一AXIORYが破綻しても、トレーダーの資金は保証されています。

ただし、口座開設時に本人確認書類としてパスポートや運転免許証をカメラで撮影して送るJumioの登録が少し手間です。

AXIORYでは2万円以下を出金する場合、国内銀行送金で1,000円、国際銀行送金で1,500円の手数料がかかることに注意してください。

また基本的に常時ボーナスキャンペーンの開催はありませんが、現在期間限定でハロウィンボーナスキャンペーン2022を開催しているため、口座開設は今がお得です。

6位:TitanFX(タイタンFX)

taitanFX公式
出典:TitanFX

2014年設立のTitanFXは、トレードできる銘柄が180種類を超えていて、FX以外にも様々な商品をトレードしてみたい方にとても人気がある海外FX業者です。

TitanFX各口座の詳細を、以下にまとめました。

TitanFX(タイタンFX)各口座の詳細表

TitanFXにはボーナスの開催が一切ない代わりに、運営資金を「高い約定力」「低スプレッド」オリジナルツールの「TitanFXウェブトレーダー」などのトレードスペック整備に使用し、充実した取引環境を整えています。

また、マイナー通貨も含め多くのFX通貨ペアの取引が可能で、もちろんFXだけでなく、株価指数やエネルギー・貴金属・仮想通貨などの豊富な商品をCFDでトレードできます。

また、最大レバレッジ500倍のトレードはスタンダード口座・ブレード口座共に口座残高に制限がなく利用でき、ストップレベルも両口座で0.0pips設定になっています。

以上のトレードスペックにより、TitanFXは初心者よりも中・上級者に人気のある海外FX業者と言えます。

また、チャートにはブレード口座のスプレッドが表示されるデモ口座でトレード体験できます。

TitanFXが気になる方は、まずデモ口座でトレード実践してみてください。

7位:Tradeview(トレードビュー)

Tradeview公式
出典:Tradeview

2004年設立のTradeviewは、35,000ドルまでの信託保全があり、特にILC口座は業界屈指の低スプレッドと評判で、スキャルピングをメインに行う中・上級者に最適な海外FX業者です。

Tradeview各口座の詳細を、以下にまとめました。

Tradeview(トレードビュー)各口座の詳細表

Tradeviewのロスカット水準は、全ての口座タイプで共通の「証拠金維持率100%を下回った場合」に設定されているところが他業者と大きく異なります。

またTradeviweはトレードプラットフォームとして、米国のトレードプラットフォーム開発会社がリリースした、プロ向けの高性能トレードツールと話題の「Currenex(カリネックス)」と、近年MT4よりも良いと評判の「cTrader」を導入し、専用口座も用意しています。

また90日間の有効期限で開設できるデモ口座があり、Tradeviewのリアル口座を持っていない場合でもTradeviewのトレード体験が可能です。

ちなみに、Tradeviewリアル口座開設済みの場合は、無期限で全口座タイプのデモ口座が利用できます。

以上からわかるように、Tradeviewにはボーナスがない代わりに、トレード環境が整えられています

ただし、初心者にも使いやすいXレバレッジ口座は、他業者のスタンダード口座と比べてもスプレッドが広く設定されています。

またXレバレッジ口座開設時、最大レバレッジは400倍設定になっていて、最大レバレッジ500倍を適用するには、口座開設だけでなく別途レバレッジ変更のリクエストが必要で少し手間がかかります。

以上より、Tradeviewでは、約定力と低スプレッドに特化したILC口座でスキャルピングすることをおすすめします。

8位:BigBoss(ビッグボス)

bigboss公式
出典:BigBoss

BigBossは2013年に設立された比較的新しい海外FX業者で、1,111倍ものハイレバレッジトレードができます。

またBigBossには、独自で運営している「仮想通貨取引所CRYPTOS(クリプトス)」の取引口座であるCRYPTOS口座があり、海外FX業者の中でも仮想通貨取引所自体を運営している珍しい業者です。

BigBoss各口座の詳細を、以下にまとめました。

BigBoss(ビッグボス)各口座の詳細表

スタンダード口座は、豊富な取り扱い銘柄があり取引手数料無料とバランスのいい口座で初心者向けです。

ただし仮想通貨CFDのみ、5分以内の短期決済の場合、片道0.2%の取引手数料が発生することに注意してください。

CRYPTOSは海外の仮想通貨取引所ですが、法定通貨を入金してそのまま現物取引を始められ便利です。

通常、海外の仮想通貨取引所で取引をする場合、国内取引所で仮想通貨を購入し、海外の取引所へ送金するという手順を踏んで、初めて海外取引所で仮想通貨トレードが始められます。

このように通常の手順では、仮想通貨の購入や送金に手間がかかり、さらに無駄なコストが発生してしまいます。

それに対してCRYPTOS口座の場合は、BigBossの他の口座タイプ同様、法定通貨で入金したらそのまま取引開始ができます

また、スタンダード口座やプロスプレッド口座で得た利益をCRYPTOS口座に無料で資金移動し、自己資金として仮想通貨トレードができます。

CRYPTOS口座はボーナスキャンペーンの対象外ですが、これまでの仮想通貨トレードの手数料と送金の手間を省ける仮想通貨専門トレーダーには理想的な口座である言えます。

9位:HFM(エイチエフマーケッツ・旧HotForex)

hme公式
出典:HFM

日本でも人気の海外FX業者HotForexが名前をリニューアルし、色々な銘柄を提供するマルチアセットブローカーであることをアピールできるよう、2022年5月にHFM(エイチエフマーケッツ)に生まれ変わりました。

HFM各口座の詳細を、以下にまとめました。

HFM(エイチエフマーケッツ・旧HotForex)各口座の詳細表

HFMの1番の特徴は「HFコピー口座」があるように、コピートレード専用サービスが充実していることです。

コピートレードは、プロの取引手法・運用をそのまま再現できるため、時間のない多忙なトレーダーやFXの取引経験が少ない初心者トレーダーにとっては非常に魅力的なトレード手法です。

またコピートレードによる取引手数料の支払いは、利益が出た場合のみ20〜30%を支払いますが、利益が出ずマイナスだった場合は手数料を支払う必要はなく、トレーダーにとってありがたい仕組みになっています。

HFMは他業者と比べるとスプレッドが比較的広く、ストップレベルも3.0pips〜と高めですが、初心者向け「セント口座」「マイクロ口座」、リスクを減らしたいと考える中・上級者向けの「プレミアム口座」、スプレッド0.0pipsを実現した「ゼロスプレッド口座」と全てのトレーダーに合う口座があり選択しやすい海外FX業者と言えます。

ただし、ボーナスキャンペーン対象は「マイクロ口座」と「プレミアム口座」のみであることに注意してください。

10位:IronFX(アイアンFX)

IronFX公式
出典:IronFX

2009年設立のIronFX(アイアンFX)は、180カ国以上でサービスを展開し、口座タイプは6種類で、少額取引から中長期トレードまで幅広いトレードに対応している海外FX業者です。

IronFX各口座の詳細を、以下にまとめました。

IronFX(アイアンFX)各口座の詳細表

IronFXは約15年の運営実績がありますが、日本での知名度はまだ低い海外FX業者ですがおすすめです。

なぜなら口座タイプは6種類のうち、「ノーコミッション口座」「ゼロスプレッド口座」「アブソルトゼロ口座」の3種類は、状況に応じてSTP方式・ECN方式が自動で切り替わる特徴的な口座で他業者とは違ったトレードできるからです。

IronFXの口座数が多いため口座選びは迷いますが、基本スペックが揃う初心者向けの「ライブ変動口座」か、資金に余裕がある中・上級者向けの「STP/ECNアブソルトゼロ口座」の2種類がおすすめです。

ただしIronFXでは投資サポートとして、動画チュートリアル・E-Book・オンラインセミナー・経済ニュース・経済カレンダーなど利用可能ですが、一部の情報サービスは英語表記のみで、日本語対応していません

またトレードツールはMT4のみで、MT5の取扱いがなく利用できないことに注意してください。

スプレッドが狭い海外FX業者の口座タイプTOP3

スプレッドが狭い海外FX業者の口座タイプTOP3は、以下の3口座です。

スプレッドが狭い海外FX業者の口座タイプTOP3
  1. iForex(アイフォレックス)エリート口座
  2. AXIORY(アキシオリー)スタンダード口座
  3. TitanFX(タイタンFX)ブレード口座

上記3社はすべてスプレッドが業界最狭と言われているように、3社すべてが他社と異なる特徴としてホームページ上でも、最狭スプレッドを自社の強みとしています

ここからは、各社でおすすめの「特にスプレッドが狭い口座」について詳しく紹介します。

1位:iForex(アイフォレックス)エリート口座

iforex公式
出典:iForex

iForexエリート口座のスプレッドは、業界最狭クラスと話題の「USD/JPY:0.7」です。

ほとんどの業者で1.0を超える中、iForexのスプレッドは平均1.0以下で、さらに豪華なボーナスも開催しています。

通常スプレッドの狭さが評判の業者では、スプレッドの狭さに運営資金を投入し、ボーナス開催はしていないことが多いため、スプレッドの狭さとボーナス両方のメリット得ることはできません。

その反面、iForexは業界最狭スプレッドでありながらボーナスも付与され、スプレッド重視のトレーダーに取っては確実に口座開設するべき海外FX業者と言えます。

以下に、iForexエリート口座のトレードスペック詳細をまとめました。

通貨ペアエリート口座
USD/JPY0.7 pips
EUR/USD1.1 pips
EUR/JPY1.2 pips
GBP/USD0.7 pips

上記で確認しても、エリート口座のスプレッドが狭いことがわかりますが、iForexでスキャルピングは禁止されています。

また、iForexでは独自取引ツールを利用しているため、海外FXで多く使われている取引ツールMT4・MT5は使えず、そのためEA(自動売買)も利用できないことに注意してください。

さらにiForexで口座は1つしか作れないため、エリート口座を開設するとスタンダード口座は開設できません。

ただし、両者の違いはスプレッドのみで、最大レバレッジ400倍やボーナス適用については同じため、iForexではエリート口座開設がおすすめです。

2位:AXIORY(アキシオリー)スタンダード口座

Axiory公式サイトの画像
出典:AXIORY

AXIORY(アキシオリー)のスタンダード口座は、初心者にも使いやすいスペックにもかかわらず、業界でもスタンダード口座としてかなりの低スプレッドを実現しています。

2007年設立のAXIORYは、低スプレッドだけでなく高い約定力も好評です。

以下に、AXIORYスタンダード口座の主要スプレッドをまとめました。

通貨ペアスタンダード口座
USD/JPY1.3〜1.4pips
EUR/USD1.2〜1.7pips
EUR/JPY1.1〜1.3pips
GBP/JPY1.9〜2.1pips
GBP/USD1.6〜1.8pips

以上のようにAXIORYスタンダード口座は、平常時のスプレッドが非常に安定していて狭いので、取引コストを換算しても、他業者よりもお得と言えます。

ボーナスキャンペーンは開催していませんが、AXIORYスタンダード口座は海外FX業者には珍しい信託保全採用でトレーダーの資金保証があり、スキャルピング取引も可能なため、初心者から中・上級者まですべてのトレーダーにバランスのいい口座と言えます。

最大レバレッジは400倍と他業者に比べて低めですが、ゼロカットシステム採用でスキャルピング・EAも利用可能、取引手数料無料のAXIORYスタンダード口座は低スプレッドを求める初心者トレーダーにおすすめです。

3位:TitanFX(タイタンFX)ブレード口座

taitanFX公式
出典:TitanFX

TitanFX(タイタンFX)はすべての口座で狭いスプレッド設定であることが有名ですが、ブレード口座がより狭いスプレッド設定になっています。

以下に、ブレード口座の主要スプレッドをまとめました。

通貨ペアブレード口座
USD/JPY1.03pips
EUR/USD1.44pips
EUR/JPY1.1〜1.3pips
GBP/JPY0.90pips
GBP/USD1.27pips

スタンダード口座とブレード口座を比較しても、平均0.3pipsもブレード口座のスプレッドが狭くなっています。

ちなみにブレード口座は、スタンダード口座に比べて「ECN方式である」ことと「スプレッド」以外のスペックに違いはないため、TitanFXではブレード口座の開設をおすすめします。

ECN方式とは?

Electronic Communications Network」の頭文字を取った名称で、トレーダーの注文がFX業者を通さず直接インターバンク市場に流れる取引方式のことです。業者を介しないため、透明性の高いトレードができます。

TitanFXのブレード口座はスプレッドが最狭な分、取引手数料が1ロット当たり片道3.5ドル必要ですが、最大レバレッジ500倍のハイレバレッジトレード可能で取引プラットフォームもMT4・MT5の両方が利用できます。

また、ブレード口座・スタンダード口座共に、口座残高によるレバレッジ制限もないため使いやすいスペックです。

ボーナスキャンペーンは開催していませんが、スプレッドやトレード環境に運営資金を投資していて信頼性も抜群のTitanFXブレード口座の開設をおすすめします。

最大レバレッジ倍率が高い海外FX業者の口座タイプTOP3

最大レバレッジ倍率が高い海外FX業者の口座タイプTOP3は、以下の3口座です。

最大レバレッジ倍率が高い海外FX業者の口座タイプ
  1. Exness全口座タイプ(スタンダード・スタンダード+・プロ・ゼロ・ロースプレッド口座)
  2. GEMFOREX(ゲムフォレックス):レバレッジ5,000倍口座
  3. FBS(エフビーエス):スタンダード口座・ゼロスプレッド口座

投資家保護のための法律で、最大25倍までに規制されている国内FX業者のレバレッジと違い、海外FX業者のレバレッジは数百倍~数千倍までかけられ、規制がありません。

海外FX業者のレバレッジとは?

担保として預けた資金を証拠金にして、何十倍もの資金を取引できるという仕組みのことです。レバレッジ=てこの原理という意味で、レバレッジ利用で少ない自己資金でも、利益が何倍にもなる可能性が生まれます。

海外FX業者にはレバレッジ規制がないため、500倍や1,000倍はもちろん、レバレッジ無制限の業者も存在します。

ハイレバレッジトレードでは、少ない自己資金でも大きな利益を狙うトレードが実現します。

例えば、2.5万ドル(約250万円)のポジションを建てたい場合、通常は約250万円の資金が必要です。

しかしレバレッジ取引を利用すると、たった10万円の証拠金でも、25倍のレバレッジをかければ、10万円×25倍=2.5万ドル(約250万円)のポジションを建てられます。

このように最大レバレッジ倍率によって、自己資金が少なくても自身の理想とする金額トレードが可能になります。

ここからは最大レバレッジ倍率が高く、おすすめ3社の詳細を解説します。

1位:Exness(エクスネス)全口座タイプ(スタンダード・スタンダード+・プロ・ゼロ・ロースプレッド口座)

Exness公式
出典:Exness

Exness(エクスネス)は2008年に設立された、すべての口座でレバレッジに制限のない無制限レバレッジ取引ができる海外FX業者です。

もちろん追証なし、ゼロカットシステム採用しているため、思い切ったハイレバレッジトレードを実現できます。

ただし、無制限ハイレバレッジトレードできるかどうかは、口座残高によって変わります。

以下に、Exness(エクスネス)口座タイプ別・レバレッジについての詳細を一覧表にしました。

口座残高スタンダード口座スタンダード+口座プロ口座ロースプレッド・ゼロ口座
〜999ドル無制限無制限無制限無制限
〜4,999ドル2,000倍2,000倍2,000倍2,000倍
〜29,999ドル1,000倍1,000倍1,000倍1,000倍
30,000ドル〜500倍500倍500倍500倍

口座残高が999ドルを超えると無制限ハイレバレッジトレードは、2,000倍になり制限がかかります。

また、無制限レバレッジ対象になるためには「10回以上の取引、合計5ロット以上の取引」が必要になり、トレード条件を達成するまでのレバレッジは2,000倍になります。

口座残高に注意しながらトレードしなければいけない手間はありますが、無制限レバレッジ取引はExnessのみで可能です。

海外FXトレードの醍醐味でもある無制限ハイレバレッジトレードをExnessで、是非体験してみてください。

2位:GEMFOREX(ゲムフォレックス)レバレッジ5,000倍口座

gemforex公式サイト
出典:GEMFOREX

Gemforexは日本でXMと並んで最も有名な海外FX業者で、レバレッジ5,000倍口座は最大レバレッジ5,000倍のトレードが可能です。

もちろん追証なし・ゼロカットシステム採用で、レバレッジ5,000倍口座は、2022年3月より誰でも開設できるようになり、さらに使いやすくなりました。

ただし、レバレッジ5,000倍口座にはさまざまな制限があり、開設前に取引条件を確認する必要があります。

以下に、レバレッジ5,000倍口座のスペックについてまとめました。

口座名レバレッジ5,000倍口座
最大レバレッジ5,000倍
基本通貨JPY (日本円)
最小ロット数0.01ロット
最大ロット数無制限
最大ポジション数30ポジション
スプレッド1.1pips~
取引手数料無料
入金上限額10万円まで
利益上限額100万まで
ボーナス不可
EA・ミラートレード不可
ゼロカットシステムあり

レバレッジ5,000倍口座は、口座開設に条件がなく誰でもすぐに利用できる新しい口座です。

他業者に比べても、制限なしで5,000倍ものトレードできる海外FX業者は今現在、GEMFOREXのみです。

もちろんゼロカットシステム採用・追証なしであり、ハイレバレッジトレードで人気のオールインワン口座とスプレッドも同じでメリットが多くあります。

ただしレバレッジ5,000倍口座は、ボーナス・EA(自動売買)・ミラーリングは利用できない設定で、また、入金上限が10万円までのため、50万や100万などもっと高額な金額で5,000倍はイレバレッジトレードはできないことに注意してください。

3位:FBS(エフビーエス)スタンダード口座・ゼロスプレッド口座

FBS公式
出典:FBS

FBS は2009年に設立した海外FX業者で、ASIC・IFSC・CySEC・FSCAの4つの金融資格を持ち、スタンダード口座・ゼロスプレッド口座で最大レバレッジ3,000倍のトレードできます

随時開催している豊富なボーナスキャンペーンも好評で、スタンダード口座・ゼロスプレッド口座のどちらにもボーナス適用されます。

以下に、スタンダード口座・ゼロスプレッド口座のスペックについてまとめました。

口座名スタンダード口座ゼロスプレッド口座
最大レバレッジ3,000倍3,000倍
基本通貨USD/EURUSD/EUR
最小ロット数0.01ロット0.01ロット
最大ロット数500ロット500ロット
最大ポジション数200200
スプレッド0.5pips~0pips
取引手数料無料20ドル/1ロット
入金上限額なしなし
利益上限額なしなし
ボーナス利用可利用可
EA・ミラートレード利用可利用可
ゼロカットシステムありあり

FBSでは、初心者向けのトレード環境が揃ったスタンダード口座と、スプレッドが0pips固定でスキャルピングなど短期売買する中・上級者向けのゼロスプレッド口座のどちらにも最大レバレッジ3,000倍が適用されます。

ただし、レバレッジ3,000倍を利用できるのは、口座残高200ドル以下というルールがあることに注意してください。

FBSでは、現在「100%入金キャンペーン」「口座開設ボーナス」「トレードする度にキャッシュバック」「ポイントボーナス」などたくさんのボーナスキャンペーンを実施中のうえ、スタンダード口座・ゼロスプレッド口座のどちらの口座にも適用されお得です。

また、GEMFOREではできないEA・ミラートレードもFBSは利用可能です。

最低入金額がスタンダード口座では100ドル、ゼロスプレッド口座では500ドルと少し高めですが、ハイレバレッジトレードとボーナスの併用を求めるトレーダーにFBSはおすすめです。

海外FXの口座タイプに関するよくある質問

ここからは、海外FXの口座タイプに関するよくある質問をまとめました。

海外FXで出た利益は、確定申告の必要がありますか。

海外FXで利益を得た場合、日本国内で確定申告して税金を納めなければいけません。

口座開設にはどれくらい時間がかかりますか。

多くの海外FX業者は3分~10分ほどで口座開設が完了します。また、開設後に入金すると、初めてトレード開始できるようになります。

海外FXの口座開設に年齢制限はありますか。

あります。どの業者も基本的に18歳以上でなければ口座開設できません。

英語が苦手でも口座開設できますか。

大丈夫です。今回のおすすめ10社はどこも日本語対応して、問題ありません。

海外FXの口座開設には証明書類が必要ですか。

基本的に「写真付きの本人確認証」と「住所証明書類」が必要です。提出方法は、オンラインアップロードで提出する業者がほとんどです。

まとめ

2022年最新の海外FX業者おすすめ総合ランキングTOP10を解説しました。

まず海外FX業者を選ぶ基準として、「信頼性」「日本語対応の良さ」「スプレッドの狭さ」「最大レバレッジ」「ボーナスの有無」を確認することが大切です。

まとめ
  • おすすめ1位は、25年以上の運営実績とバランスのいいトレードスペックの「iForex」
  • ボーナスが無い海外FX業者はスプレッドやトレード環境に運営資金を投入している
  • スプレッドが狭い海外FX業者の口座でおすすめは「iForexエリート口座」
  • 最大レバレッジ倍率が高い海外FX業者の口座でおすすめは「Exness(エクスネス)全口座タイプ(スタンダード・スタンダード+・プロ・ゼロ・ロースプレッド口座)

この記事を参考に、数ある海外FX業者の中から自身に1番合う口座を見つけて、大きな利益をあげるトレードを実現してください。

おすすめの記事