海外fx ボーナス 両建てのアイキャッチ画像

海外FX業者のほとんどで、ボーナスを悪用した両建て取引(ボーナスアービトラージ)が禁止されています。

たとえ、日本国内でボーナスを悪用した両建て取引を行ったとしても、すぐに業者にバレてしまい口座凍結や出金拒否されるので注意が必要です。

 
ボーナスアービトラージってなに?
 
両建て取引におすすめの海外FX業者はあるの?

そこで本記事では、ボーナスアービトラージや海外FXのボーナスを利用した両建て取引はバレるのかを徹底解説します。

海外FXで禁止されている取引のパターンを理解し、ガイドラインや規約に違反しないようにしましょう。

この記事を読むと分かること
  • なぜ海外FXのボーナスを利用した両建てが禁止されているのか
  • ボーナスを利用した両建てはどうやってバレるのか
  • 海外FXの両建て取引で注意すること
  • 海外FXの両建てによる節税方法
  • 両建て取引におすすめの海外FX業者
  • おすすめの両建て手法

海外FXのボーナスを利用した両建て(ボーナスアービトラージ)は厳禁!

ほとんどの海外FX業者では、ボーナスを悪用した両建て取引が禁止されています。

ボーナスアービトラージとは?

両建てを利用して海外FX業者から受け取ったボーナスを、別の海外FX業者に移動させる手法で、ほとんどの海外FX業者で禁止されています。

たとえば、海外FX業者のA社とB社それぞれの100%入金ボーナスを利用して、50万円ずつ入金したとします。

ボーナスを利用した両建ての例
  • A社:キャッシュ50万円 ボーナス50万円
  • B社:キャッシュ50万円 ボーナス50万円

これら2つの口座を使って、反対方向のポジションを同時に持つことを考えます。

A社ではドル円のロング(売り)を1ロット、B社ではドル円のショート(売り)を1ロットなどです。

同時に反対方向のポジションを持ったので、一方のポジションは含み益に、もう一方のポジションは含み損になっていきます。

このときに、一方のポジションがロスカットになるまで放置すると、ロスカットになった方のポジションはマイナス100万円、もう一方のポジションはプラス100万円になります。

この場合、損益は本来であればプラスマイナスゼロのところ、50万円分ボーナスがあるため、実質的な損失は50万円になり、50万円分の利益を出せる仕組みになっています。

このようにボーナスを悪用した両建ては、出金拒否や口座凍結の原因になるので、やらないようにしましょう。

ボーナスアービトラージが禁止されている理由

ボーナスアービトラージは、ほとんどの海外FX業者で「ボーナスの悪用」として禁止されています。

たとえば、GEMFOREXでは以下のような規約があります。

第12条(利用者の禁止行為)

本サービスを利用する上で、利用者は以下にあげる行為をしてはなりません。以下の行為が判明した場合は、無条件で利用を停止または削除し、報酬も凍結することがあります。場合によっては法的処置により処理を行うものとします。禁止行為の有無についての判断は当社が行うこととし、利用者に対するその内容・根拠の説明を要しないものとします。

(中略)

13.2つの業者(または複数業者)に入金して、両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)

14.当社複数口座で両建て取引する行為(同通貨ペア、相関性の高い通貨ペアも含みます)

(後略)

引用元:GEMFOREX公式

このように、疑わしい行為でも利用を停止または削除と厳しい処置を課されます。

この理由は、ゼロカットとボーナス、両建てを併用することで、トレーダーが一方的に有利な取引になってしまうからです。

ゼロカットシステムとは?

レバレッジを掛けて、入金した証拠金を超える損失が出たとき、追証が請求されずリセットされるシステムのことです。

このゼロカットと両建て・ボーナスを利用することで、「損失が出たポジションはゼロカット・利益が出たポジションは丸儲け」というやり方ができてしまうため、禁止されています。

このように、意図しない両建てにならないように注意しましょう。

ボーナスを利用した両建てはバレるのか?

海外FXで取引していて、「同じ業者内ならまだしも、複数業者を使って両建て取引をした場合はボーナスを利用した両建てがバレないのでは?」と考える方もいるかと思います。

しかし、以下で述べる理由からボーナスを利用した両建て取引は原則バレると考えてください。

禁止されている両建てがバレる理由
  • MT4・MT5を使うと業者間で両建てがバレる
  • 異業者間の取引でも仲介業者を経由してバレる

それでは1つずつ順番に解説します。

1.MT4・MT5を使うと業者間で両建てがバレる

海外FXでは、MT4やMT5といったプラットフォームを使ってトレードすることがほとんどです。

これらプラットフォームの取引情報から、両建て取引していることがバレる可能性があります

どのような方法で検知しているのかは開示されておらず諸説ありますが、口座名義を変更するなどの方法をとってもほぼ間違いなくバレるようなので、禁止されている両建て取引を行わないようにしましょう。

2.異業者間の取引でも仲介業者を経由してバレる

海外FXでは、ブリッジという仲介業者を海外FX業者が利用しているため、仲介業者を経由して両建て取引がバレます

トレーダーが両建て取引したのが別の海外FX業者でも、それらの海外FX業者がたまたま同じブリッジを利用していたら、情報がそこに集まることになります。

このように、異業者間の取引でもブリッジを利用していたらバレることもあるので、両建て取引する際には注意が必要です。

海外FXボーナスの両建てで注意すべき2点

ここからは、海外FXボーナスの両建てで注意すべき点について説明します。

ボーナスを利用した両建ての注意点
  • 複数業者・複数口座での両建ては行わない
  • 利用規約・ガイドラインを事前に確認する

それでは1つずつ順番に解説します。

1.複数業者・複数口座での両建ては行わない

ほとんどの海外FX業者で、複数業者・複数口座での両建ては禁止されているので、行わないようにしましょう。

一方で、同一口座であれば両建て可能な業者があるので、両建てをしたい場合はそのような業者を利用しましょう。

2.利用規約・ガイドラインを事前に確認する

海外FX業者の多くが複数業者・複数口座での両建てを禁止している一方で、同一口座であれば両建て可能な業者が存在します。

念のため、両建てする前に利用規約・ガイドラインを確認することをおすすめします。

たとえば、GEMFOREXではガイドラインに以下のような記載があります。

同一口座内での両建て取引は許可しておりますが、利用規約や当ガイドラインに反する取引は禁止します。

引用元:GEMFOREX公式

このようにガイドラインに「同一口座内での両建て取引は許可する」と明記されていれば、安心して両建て取引ができます。

海外FXの両建てによる3つの節税方法とは?

海外FXの両建ては、実はやり方次第で節税につなげられるメリットがあります。

FXでは、実現した利益に対して所得税がかかります。

たとえば、年末の時点で未決済の含み益があるとき、未決済のままにしておけばその年の所得税はかかりませんが、相場が反転して損失を出してしまうかもしれません。

そこで、両建てを利用することで年内の利益を事実上確保できます。

両建てによる節税方法は、含み益や含み損の状況によって以下の3パターンがあります。

両建てによる節税方法のパターン
  • 含み益や含み損がどちらもない場合
  • 含み損がある際の未決済ポジションがある場合
  • 含み益がある際の未決済ポジションがある場合

それでは1つずつ順番に説明します。

1.含み益や含み損がどちらもない場合

日本の所得税は累進課税制度で、利益が大きいほど税率が高くなります

そこで、両建てを活用することで損益をコントロールし、税率を低く抑えられます。

2.含み損がある際の未決済ポジションがある場合

含み損がある未決済ポジションがある場合、年内に決済してしまえば損失として確定し、税金は発生しません

これを未決済のまま翌年に持ち越せば、翌年の利益と損益通算して税金を抑えられます。

3.含み益がある際の未決済ポジションがある場合

含み損がある際の未決済ポジションがある場合とは反対に、含み益がある未決済ポジションがある場合、年内に決済すると利益が確定し、税金が発生します

一方、未決済のまま翌年に持ち越せば、課税対象となる金額をコントロールできます。

ただし、相場が反転して損失を出してしまうおそれがあるため、両建てを利用することで年内の利益を事実上確保できます。

両建て取引におすすめの海外FX業者4選

ここからは、両建て取引におすすめの海外FX業者を紹介します。

可能な手法最大レバレッジその他情報
TitanFXすべて500倍ゼロカット目的は禁止
AXIORYすべて400倍ゼロカット目的は注意
Tradeviewすべて200倍ゼロカット目的は注意
FBS同一口座内・異業者間300倍ゼロカット目的は注意

それでは1社ずつ両建て取引におすすめの海外FX業者を紹介します。

TitanFX

TitanFX公式サイトの画像
出典:TitanFX

TitanFXは、2014年に設立した業界トップレベルのスプレッド・取引手数料の安さを誇る人気の海外FX業者です。

ここで、TitanFXの取引スペックやボーナス情報をまとめたので紹介します。

同一口座内の両建て可能
複数口座間の両建て可能(ゼロカット目的は禁止)
異業者間の両建て可能(ゼロカット目的は禁止)
最大レバレッジ500倍
初回最低入金額1万円程度
最低取引通貨枚数1,000通貨
ロスカット水準20%以下
ボーナスなし

TitanFXはすべてのパターンの両建て取引が可能です。

ただし、ゼロカット目的は禁止されており、ゼロカット目的で両建てをした場合はゼロカットの対象外になるので注意が必要です。

AXIORY

Axiory公式サイトの画像
出典:AXIORY

AXIORYは、2015年に設立された世界最狭水準のスプレッドを誇る日本人トレーダーから支持されている海外FX業者です。

ここで、AXIORYの取引スペックやボーナス情報をまとめたので紹介します。

同一口座内の両建て可能
複数口座間の両建て可能(ゼロカット目的は注意)
異業者間の両建て可能(ゼロカット目的は注意)
最大レバレッジ400倍
初回最低入金額2万円程度
最低取引通貨枚数1,000通貨
ロスカット水準20%以下
ボーナスなし

AXIORYはすべてのパターンの両建て取引が可能です。

ただし、利用規約には、AXIORYに故意に不利益を与えるような取引は禁止と書かれているため、両建ての際は注意が必要です。

Tradeview

Tradeview公式
出典:Tradeview

Tradeviewは、2014年に設立された完全なNDD方式を採用した透明性の高い海外FX業者で、禁止行為や取引制限がないという大きなメリットがあります。

ここで、Tradeviewの取引スペックやボーナス情報をまとめたので紹介します。

同一口座内の両建て可能
複数口座間の両建て可能(ゼロカット目的は注意)
異業者間の両建て可能(ゼロカット目的は注意)
最大レバレッジ200倍
初回最低入金額10万円程度
最低取引通貨枚数10,000通貨
ロスカット水準100%以下
ボーナスなし

Tradeviewはすべてのパターンの両建て取引が可能です。

ゼロカット目的の両建ても、公式サイトの利用規約を見ても特に禁止されていません。

FBS

FBS公式
出典:FBS

FBSは、2009年に設立した最大レバレッジ3,000倍のハイレバレッジ取引と100%入金ボーナスなどの豪華なボーナスキャンペーンを開催している大手海外FX業者です。

ここで、FBSの取引スペックやボーナス情報をまとめたので紹介します。

同一口座内の両建て可能
複数口座間の両建て不可
異業者間の両建て可能(ゼロカット目的は注意)
最大レバレッジ300倍
初回最低入金額10万円程度
最低取引通貨枚数1,000通貨
ロスカット水準20%以下
ボーナス100%入金ボーナス

FBSは複数口座間の両建ては不可ですが、異業者間の両建ては可能です。

海外FXおすすめの両建て手法

ここからは、海外FXで特に有効な両建て手法を3つ紹介します。

ここで紹介する両建て手法は当然、禁止されている行為には当たりませんのでご安心ください。

おすすめの両建て手法
  • 両建てナンピン手法
  • 税金対策を狙った両建て手法
  • ダブルスワップを狙った両建て手法

それでは順番に見ていきましょう。

1.両建てナンピン手法

海外FXおすすめの両建て手法の1つ目は、両建てナンピン手法です。

ナンピンとは?

買った投資商品(株式や投資信託など)が下落した場合に、買い付けコストを引き下げることを目的に、さらに買い付けることです。

ナン(難)、つまり損を平らにすることから難平と書いてナンピンと呼ばれています。

FXの世界でもナンピンを活用することができます。

ここでは、具体的な数値例を使って解説します。

ナンピンの具体例
  • 1ドル100円のときに1ドル買付
  • 1ドル90円のとき(上記より円高ドル安)に1ドル買付

上記の2種類の取引を行った結果、2ドルで190円、すなわち1ドル95円で取得できたことになり、はじめの1ドル100円のときより買い付けコストが下がっています。

ここで、さらに両建て取引を用います。

1ドル90円のときに、1ドル買い付けるだけでなく1ドル売りで入ります。

最後に、相場が反転するタイミングで両ポジションを決済します。

すると、買い付けコストを下げた状態で、買い増したポジションの損失を抑えられます

2.税金対策を狙った両建て手法

続いて海外FXおすすめの両建て手法2つ目は、税金対策を狙った方法です。

FXでは、実現した利益に対して所得税がかかります。

たとえば、年末の時点で未決済の含み益があるとき、未決済のままにしておけばその年の所得税はかかりませんが、相場が反転して損失を出してしまう可能性があります。

そこで、両建てを利用することで年内の利益を事実上確保することができます

3.ダブルスワップを狙った両建て手法

海外FXおすすめの両建て手法3つ目は、一部の業者だけでできるダブルスワップを狙った両建て手法です。

通常、ほとんどの通貨ペアで買いスワップはプラス、売りスワップはマイナスとなります。

しかし、一部の業者ではUSD/JPYのスワップポイントが買いと売りの両方でプラスになっています。

つまり、両建てを利用することで買い・売り両方のスワップポイントを得ることができるのです。

まとめ

この記事では、海外FXのボーナスを利用した両建て取引について説明しました。

まとめ
  • ボーナスを利用した両建ては厳禁、ほぼ確実にバレる
  • 海外FXボーナスの両建ての際は利用規約・ガイドラインを確認すべし
  • 海外FXボーナスの両建てで節税につなげることができる

海外FX業者のほとんどがボーナスを利用した両建て取引を禁止し、バレると口座凍結や出金拒否される可能性があります。

ルールを守りつつ、両建て取引を上手に活用していきましょう。

おすすめの記事