海外fx キャッシュバックのアイキャッチ画像

海外FXでは、トレーダーに還元される現金やボーナスの「キャッシュバック」を、公式サイトとは別に提供する業者があります。

その業者は「キャッシュバックサイト」と呼ばれ、公式サイトでキャンペーンを開催していなくても、実はキャッシュバックサイトでボーナスキャンペーンを実施していることがあります。

さらにキャッシュバックサイト経由で受け取れるボーナスは、現金で付与のため即時出金できるという魅力があります。

 
おすすめの海外FXキャッシュバックサイトはどこ?
 
キャッシュバックサイトを使うときの注意点は?

そこでこの記事では、おすすめのキャッシュバックサイト5社に絞り、海外FXのキャッシュバックサイトを選ぶポイントやキャッシュバックサイトごとのスペック比較を解説します。

この記事を読むと分かること
  • 海外FXのキャッシュバックサイトとは?
  • 海外FXのキャッシュバックサイトおすすめ5社を比較
  • 提携業者数で比較
  • 1ロットあたりのキャッシュバックで比較
  • 手数料で比較
  • キャッシュバックサイトを選ぶポイント2選
  • キャッシュバックサイトを利用する3つのメリット
  • キャッシュバックサイトを利用する2つのデメリット
  • キャッシュバックサイト利用時の2つの注意点
  • 海外FXキャッシュバックに確定申告は必要?

もくじで見る

海外FXのキャッシュバックサイトとは?

海外FXのキャッシュバックサイトとは、取引でトレーダーに還元される現金やボーナスを付与してくれる、公式サイトとは別のサイトのことです。

海外FXのキャッシュバックには「直接キャッシュバック」と「間接キャッシュバック」の2種類があります。

キャッシュバックサイトは顧客を海外FX業者に紹介することで、紹介料をもらい、その紹介料をキャッシュバックとして登録したトレーダーに還元するという仕組みで運営しています。

国内FX業者では、10万円分の取引で5,000円のキャッシュバックがもらえるという場合がほとんどですが、海外FX業者では、口座開設しただけで2万円のキャッシュバックが受け取れるなど、破格のキャッシュバックが多く用意されています。

ちなみに取引してもらえるボーナスで継続的にキャッシュバックが発生すれば、取引のたびにかかる取引手数料を抑えられることにもつながります。

海外FXのキャッシュバックサイトは2種類
  • 公式サイトが開催するキャッシュバック
  • キャッシュバックサイト業者が仲立ちするキャッシュバック

ここからは、2種類のキャッシュバックについて詳しく解説していきます。

公式サイトが開催するキャッシュバック

「公式サイトが直接開催するキャッシュバック」とは、GEMFOREXやAXIORYなどの海外FX業者の公式サイトで随時開催され、公式サイトから直接付与される口座開設ボーナスや入金ボーナスのことです。

公式サイトはトレーダーにキャッシュバックを利用してもらうために、とても見やすくわかりやすい表示で記載されています。

また、海外FX業者によってさまざまなボーナス受け取れるボーナスの種類や金額が異なるので、定期的に海外FX業者のホームページを確認してボーナスを受け取りましょう。

キャッシュバックサイト業者が仲立ちするキャッシュバック

「間接キャッシュバック」とは、キャッシュバックサイトを経由して海外FX業者の口座開設・取引をした際にキャッシュバックサイトから支払われるキャッシュバックボーナスのことです。

海外FX業者の仲介を務めるキャッシュバックサイトは、利用者の取引量に応じて業者から報酬(手数料)をもらい、その報酬の一部を利用者にボーナスとして還元しています。

このように海外FX業者のキャッシュバックサイトを経由して、取引するたびに間接的にボーナスを受け取れるので、取引量の多いトレーダーにとっては魅力的な仕組みであると言えます。

海外FXのキャッシュバックサイトおすすめ5社を比較

海外FXのキャッシュバックサイトでおすすめの5社を比較します。

会社名称運営歴(設立年)公式サイト
TariTali(タリタリ)10年(2012年)https://taritali.com/
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)11年(2011年)https://finalcashback.com/
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)15年(2007年)https://www.cashbackforex.com/
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)9年(2013年)https://www.cashbackforex.com/
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)9年(2013年)https://fxroyalcashback.com/

おすすめのキャッシュバックサイトは、どこも運営歴が長く今のところ目立ったトラブルもなく、サイトも日本語でみやすい設計となっています。

それぞれに取り扱い業者が違ったり、同じ海外FX業者でもキャッシュバック率が異なったりするため、比較することが重要です。

おすすめのキャッシュバックサイトの詳細を紹介

それぞれのキャッシュバックサイトの詳細を説明していきます。

海外FXのおすすめキャッシュバックサイト5社
  • TaliTali(タリタリ)
  • FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)
  • CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)
  • CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)
  • RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)

どのキャッシュバックサイトも運営歴があり、SNSなどでも悪評がないため安心して利用できますが、多くのキャッシュバックサイトが会社概要を詳しく公表していません。

ただし、公式サイトはどこも日本語でわかりやすく使いやすくなっていて、サポートからの返信も早く、主要海外FX業者とも提携している安心感があり、利用することに心配は不要です。

TaliTali(タリタリ)

taritari公式
出典:TariTari

TariTali(タリタリ)は、マレーシアを拠点にして広告・ソーシャルメディア連動型のシステムや、金融システムの開発・運営する「TariTaliPte, Ltd.」が運営しているキャッシュバックサイトです。

「業界最高峰のキャッシュバック」を企業理念とし、出金スピードもとても速い大手のキャッシュバック業者です。

運営会社の概要を以下にまとめました。

会社名TariTali Pte, Ltd.
設立日2012年10月1日
資本金約14,400,000円
代表取締役Takahiro Suzuki
住所No. 1-3, Jalan Solaris2, Solaris Mont Kiara,
Kuala Lumpur, Malaysia,50480
業務内容1.ソフトウェアの開発・保守業務
2.Webサービスの企画・運営・運用
3.インターネット通販販売に関する業務
4.上記に付帯関連する一切の業務

TaliTaliは、GEMFOREX(ゲムフォレックス)やXMなどのとても有名な海外FX業者や、Exness(エクスネス)やTradersTrust(トレーダーズトラスト)など今人気の業者など、全20社のキャッシュバックを提供しています。

またキャッシュバック率も高く、例えば、XMのスタンダード口座で1ロット(10万通貨)取引すると9ドルのキャッシュバックが付与されます。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)

finalcashback公式
出典:finalcashback

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)は、世界中のFX業者・BO(バイナリーオプション)全39社と提携していて、キャッシュバック業界トップレベルの提携業者数を誇るキャッシュバックサイトです。

バイナリーオプションとは?

バイナリーオプションとは、為替通貨の価格が判定時刻のタイミングに現在より上がっているか・下がっているかを予想する投資方法です。エントリーのタイミングを決めるだけで、自動的に勝ち負けが判定されます。「High」か「Low」かを予想するだけでFXのように実際の為替取引はしません。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)は、海外FX業者だけでなくBO(バイナリーオプション)のキャッシュバックにも対応していることが特徴です。

運営会社の概要を、以下にまとめました。

会社名FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)
設立日2011年9月1日
資本金不明
代表取締役不明
住所2FCapitalCity Independence AvenP.O.Box1008 Victoria Mahe Republic of Seychelles.
業務内容1.投資関連情報の提供
2.ソフトウェア・Webシステム開発
3.投資に関連する広告代理店業務
4.その他

2011年の設立後、サービスリリースから約3年だけで、利用ユーザーが1万人を突破するなど人気は海外だけにとどまらず、日本人も多く利用するキャッシュバックサイトとして実績があります。

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)は、取扱い業者数が1番多いので、ご自身が口座開設したい海外FX業者がマイナーな業者の場合は、まずFinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)で探してみることもおすすめです。

CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)

cashback公式
出典:CASHBACKFOREX

CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)は、2007年に設立で約15年と最も長い運営歴があり、業界トップレベルのリベート率を提示しているキャッシュバックサイトです。

運営会社の概要を、以下にまとめました。

会社名CBFX Global Options Group Ltd
設立日2007年
資本金不明
代表取締役不明
住所不明
業務内容不明

CASHBACKFOREXは会社概要のほとんどが公式サイトでは明記されておらず、不明です。

しかし、約15年の運営歴で特に問題がないことからも、信頼性が高いと言えます。

また、他社のリベート率がCASHBACKFOREXより高い場合サポートに連絡すると、他社以上のリベート率に引き上げる交渉ができることを公表しています。

CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)

CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)は、2013年設立、日本人スタッフが常駐していて、日本語対応に定評があるキャッシュバックサイトです。

運営会社の概要を、以下にまとめました。

会社名Cashback Victory Inc.
設立日2013年
資本金不明
代表取締役不明
住所Seychelles
業務内容1.IT関連ビジネス
2.FX投資情報提供サービス
3.その他

CASHBACK-victoryはXMTradingなどの有名海外FX業者はもちろん、PepperstoneやICMarkets・FXDDのようなマイナーな海外FX業者とも提携しています。

英語ができないことが不安というようなトレーダーには、サイトもわかりやすく、完璧な日本語対応でサポートしてくれるCASHBACK-victoryをおすすめします。

RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)

Royalcashback
出典:RoyalCashBack

RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)は、完全日本語対応で、他社よりも高いキャッシュバックを受け取れると評判のキャッシュバックサイトです。

運営会社の概要を、以下にまとめました。

会社名RoyalCashBack
設立日2013年
資本金不明
代表取締役不明
住所不明
業務内容不明

RoyalCashBackは、会社概要のほとんどが公式サイトでは明記されておらず、不明です。

ただし、公式サイトでも「口座開設数20,000口座突破」「キャッシュバック高額還元No.1」「海外ユーザー登録者数10,000人突破」と実績を発表しています。

もちろん日本語サポートも充実し、10ロットまでの取引で1万円の現金キャッシュバックがもらえるRoyalCashBack独自キャンペーンも開催していてとてもお得です。

提携している取引業者数で比較

ここでは、おすすめキャッシュバックサイト5社を提携している取引業者数で比較します。

会社名称提携業者数公式サイト
TariTali(タリタリ)20社https://taritali.com/
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)39社https://finalcashback.com/
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)38社https://www.cashbackforex.com/
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)18社https://www.cashbackforex.com/
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)15社https://fxroyalcashback.com/

上記の一覧表から、提携している取引業者数は、FinalCashBackが最も多いことがわかりました。

利用するキャッシュバックサイトを選ぶ際、まず選ぶべき1番の基準は提携取引業者の数で考えることがおすすめです。

提携業者数が多いと、「利用したい海外FX業者を探す手間が省ける」「提携数が多いほど、利用に安心感がある」というメリットがあります。

ただし、提携している取引業者数が多いからといって、ご自身が取引したい業者があるとも限りません。

さまざまなキャッシュバックサイトを調べ、利用したい海外FX業者とキャッシュバック率も考慮し、キャッシュバックサイトを選ぶようにしてください。

1ロットあたりのキャッシュバック率で比較

続いておすすめのキャッシュバックサイト5社を、主要海外FX業者の1ロットあたりのキャッシュバック率で比較します。

利用するキャッシュバックサイトを選ぶ際は、提携取引業者の数で考えると共に、1ロットあたりのキャッシュバック率も確認し、どのキャッシュバックサイトが1番お得かを把握することが大切です。

ここからは、有名な海外FX業者5社のキャッシュバック率を比較します。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)

gemforex公式サイト
出典:GEMFOREX

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は、2014年にサービス開始した有名海外FX業者で、日本でもXMと並んで大変人気があります

おすすめキャッシュバックサイト5社で、GEMFOREXの1ロットあたりのキャッシュバック率を比較しました。

会社名称オールインワン口座ノースプレッド口座
TariTali(タリタリ)0.8pips0.8pips
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)0.50pips
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)

GEMFOREXの取り扱いがあるのは、TariTaliとFinalCashBackのみです。

GEMFOREXの取扱いキャッシュバックサイトが少ない理由は、GEMFOREX自体が公式で、さまざまなキャンペーンを開催しているからと考えられます。

GEMFOREXで取引を考えている方は、公式サイトとTariTaliとFinalCashBackのキャッシュバック率を比較してみてください。

AXIORY(アキシオリー)

Axiory公式サイトの画像
出典:AXIORY

AXIORY(アキシオリー)は、最大レバレッジ400倍のハイレバレッジ取引ができる有名海外FX業者です。

ただしAXIORYの公式サイトでは、基本的にボーナスキャンペーンを開催しておらず、不定期にお年玉キャンペーンなどの実施をしているだけです。

以下に、おすすめキャッシュバックサイト5社で、AXIORYの1ロットあたりのキャッシュバック率を比較しました。

会社名称MT4スタンダード口座MT4ナノスプレッド口座
TariTali(タリタリ)4.5USD1.8USD
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)3.0USD1.2USD
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)3.0USD1.2USD
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)4.0USD1.6USD
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)4.5USD+10,000円1.8USD+10,000円

おすすめのキャッシュバックサイト5社すべてで、AXIORYはキャッシュバック対象になっています。

特にRoyalCashBackでは、プラス10,000円も追加でキャッシュバックがありお得です。

このように公式サイトではキャンペーン開催がない場合でも、キャッシュバックサイトでは開催していることがあるので、公式サイトでキャンペーンがないからと諦めずに、検索してみることが大切です。

TitanFX(タイタンFX)

taitanFX公式
出典:TitanFX

TitanFX(タイタンFX)は、2014年に設立された海外FX業者で、日本語サポートが完璧なことから日本でも人気があります。

ただし、TitanFXも基本的に公式サイトではボーナスキャンペーンは実施していません

以下に、おすすめキャッシュバックサイト5社で、TitanFXの1ロットあたりのキャッシュバック率を比較しました。

会社名称スタンダード口座ブレード口座
TariTali(タリタリ)4.675USD1.4025USD
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)0.32pip0.8USD
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)0.34pip0.34pip
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)4.675USD+10,000円1.4025USD+10,000円

TitanFXのキャッシュバック取扱いは、FinalCashBack以外の計4社があります。

その中でも、RoyalCashBackはプラス10,000円も追加でキャッシュバックがあり、お得な内容となっています。

XMTrading(エックスエムトレーディング)

XMtrading
出典:XMTrading

XMTrading(エックスエムトレーディング)は、2009年に設立され、世界中のトレーダーから人気のある老舗の海外FX業者です

2018年には、World Finance Magazineより「2018年のベストFXブローカー・ヨーロッパ賞」を受賞し、サービスの質を評価されました。

以下に、おすすめキャッシュバックサイト5社で、XMTradingの1ロットあたりのキャッシュバック率を比較しました。

会社名称スタンダード口座マイクロ口座XM Zero
TariTali(タリタリ)8.5USD8.5USD4.25USD
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)6.0USD6.0USD
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)5.5USD5.5USD2.2USD
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)8.0USD8.0USD4.0USD
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)8.5USD+10,000円8.5USD+10,000円4.25USD+10,000円

XMTradingは他業者と異なり、スプレッドが極小のXMZero口座もキャッシュバックサイトの対象口座となっていることがポイントです。

ほとんどの海外FX業者で、スプレッドの狭さをメリットとするゼロスプレッド口座では、運営資金をスプレッドに投入するため、ボーナスキャンペーンを実施していません。

XMTradingの公式サイトでも、XMZero口座のボーナスキャンペーンは「未入金ボーナス3,000円」しか用意していません。

以上より、特にXMZero口座でトレードする方は、キャッシュバックサイトを通したトレードをおすすめします。

Exness(エクスネス)

Exness公式
出典:Exness

Exness(エクスネス)は2008年に設立され、レバレッジに制限のない無制限レバレッジ取引ができる海外FX業者です。

もちろん追証なし、ゼロカットシステム採用しているため、思い切ったハイレバレッジトレードを実現できます。

以下に、おすすめキャッシュバックサイト5社で、Exness(エクスネス)の1ロットあたりのキャッシュバック率を比較しました。

会社名称スタンダード口座スタンダード+口座プロ口座ロースプレッド・ゼロ口座
TariTali(タリタリ)スプレッドの38%0.48USD〜144USDスプレッドの17%0.08USD〜16USD
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)20.00%のスプレッドをベースにした割合で計算20.00%のスプレッドをベースにした割合で計算最高10.0USD最高10.0USD
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)スプレッドの38%+10,000円スプレッドの17%+10,000円0.08USD〜16USD+10,000円

Exnessでは、4つの口座すべてがキャッシュバックサイトのキャッシュバック対象になっています。

他の海外FX業者に比べて、Exnessのキャッシュバックはパーセンテージ表記が多く計算しなければいけない手間はかかります。

しかし、Exness公式サイトではボーナスキャンペーンを一切開催していないため、少しでもお得なトレードするためにもExnessのトレードは、キャッシュバックサイトを通して取引してください。

手数料で比較

おすすめキャッシュバックサイト5社でかかる手数料を一覧表にして、比較しました。

会社名称手数料公式サイト
TariTali(タリタリ)無料https://taritali.com/
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)無料https://finalcashback.com/
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)40USDhttps://www.cashbackforex.com/
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)無料https://www.cashbackforex.com/
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)無料https://fxroyalcashback.com/

キャッシュバック率が異なるように、それぞれの海外FXキャッシュバックサイトで出金手数料や各種オプションサービス料も違います。

手数料が高いサイトを利用すると、結局受け取ったキャッシュバックを減らしてしまうことになるため、できるだけ手数料のかからないキャッシュバックサイトを探すようにしてください

ただし、CASHBACKFOREXのみ手数料がかかるため、ご自身が利用したい海外FX業者がCASHBACKFOREXにしかない際にCASHBACKFOREXを利用するのも手です。

キャッシュバックサイトを選ぶポイント3選

キャッシュバックサイトを選ぶ際の、ポイント3つを紹介します。

キャッシュバックサイトを選ぶポイント3選
  1. キャッシュバック率が高い
  2. 提携している取引業者数が多い
  3. 手数料が安い

1つずつ詳しく解説します。

1.キャッシュバック率が高い

海外FXのキャッシュバックサイトを選ぶ際は、キャッシュバック率が高いサイトを選ぶようにしてください

例えば海外FX業者のキャッシュバック率の設定が、キャッシュバックAサイトでは1ロット=8.5USD(約970円)でキャッシュバックBサイトでは1ロット=4.25USD(約490円)とすると、トータルで480円も差があることになります。

もしも上記の条件で5ロット取引したとすると、Aサイトで約970円×5=4,850円、Bサイトでは約490円×5=2,450円になり、同じ海外FX業者で取引しても2,400円もキャッシュバック金額に差がつくことになってしまいます。

以上のように取引量が増えれば増えるほど、1ロットのキャッシュバック率設定の違いでキャッシュバックの差が大きくなるため、始めにキャッシュバック率が高いサイトを選ぶことがとても重要ということがわかります。

2.提携している取引業者数が多い

キャッシュバックサイトを選ぶ際、提携している海外FX業者の数が多いところを選ぶことも大切です。

提携している業者数が多いほど、探す手間を省きながら自分に合った業者を選べ、さらに「提携数が多い=信頼できるキャッシュバックサイト」と言えるからです。

ただしすでに利用したい海外FX業者がある場合は、始めにその業者に対応しているキャッシュバックサイトを選び、その中でもさらに条件の良いサイトを比較し選ぶようにしてください。

3.手数料が安い

キャッシュバックサイトを選ぶ際、手数料が安いサイトを選ぶことも大切です。

海外FXのキャッシュバックサイトの中には、取引に応じた手数料がかかるサイトもあり、取引の度に手数料を払っていると、わざわざ手に入れたキャッシュバックの意味がなくなってしまいます。

例えばおすすめキャッシュバックサイト5社の中で、CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)はその他4社が無料に対し、手数料が40USD(約4,580円)かかってしまいます。

このように、それぞれのサイトによって手数料が異なるので、この記事で事前に確認しておいてください。

キャッシュバックサイトを利用する3つのメリット

海外FXのキャッシュバックサイトを利用するメリットは、以下の3つがあります。

キャッシュバックサイトを利用する3つのメリット
  1. キャッシュバックで現金がもらえる
  2. 取引数が多いほどキャッシュバックが受けられる
  3. 手数料を削減できる

詳しく解説していきます。

1.キャッシュバックが現金で付与される

キャッシュバックサイトから付与されるキャッシュバックボーナスは、取引口座に現金付与されます

つまり、キャッシュバックサイトのボーナスは現金付与=出金可能ということです。

反対に、海外FX業者が公式サイトで開催するボーナスは、ほとんどが証拠金として使えるポイント付与のため出金できません。

公式サイトに比べキャッシュバックサイトで付与される現金ボーナスは、即時出金でき使い勝手がいいというメリットがあります。

2.取引数が多いほどキャッシュバックが受けられる

キャッシュバックサイトを経由した海外FXの取引数が多いほど、多くのキャッシュバックを受けられます

キャッシュバックサイトがトレーダーにキャッシュバックできる仕組みは、利用者がサイトを通して取引すればするほど、海外FX業者からキャッシュバックサイトに紹介料が入るからです。

そしてキャッシュバックサイトが海外FX業者から得た利益を、利用者に向けてキャッシュバックと称し還元します。

海外FX業者もキャッシュバックサイトへ払う費用はかかるものの、公式サイトでボーナスキャンペーンを開催しないことにより、キャンペーン告知やキャッシュバック付与の手間や運営費用が削減しながら、新規顧客は獲得できるのでとてもメリットがあります。

このように実はトレーダーがキャッシュバックサイトを経由して取引数すればするほど、海外FX業者にとってもキャッシュバックサイトにとってもメリットがあるので、トレーダーは取引数が多いほどキャッシュバックが受けられる仕組みになっています。

3.手数料が少なくなる可能性がある

海外FXのキャッシュバックサイトを経由して取引すると、手数料を削減できる可能性があります。

海外FXトレードはスプレッドが広く、手数料が高いというデメリットがありますが、キャッシュバックサイトを通して取引量を多くすれば、公式サイトでボーナスキャンペーンのない業者であっても多額のキャッシュバックが入り、実質的に手数料を下げられます。

そのためにも、こまめにキャッシュバックサイトを比較して、キャッシュバックの内容をチェックすることをおすすめします。

キャッシュバックサイトを利用する2つのデメリット

海外FXのキャッシュバックサイトを利用するデメリットには、以下の2つがあります。

キャッシュバックサイトを利用する2つのデメリット
  1. 公式サイトのキャッシュバックと併用できないことが多いバックで現金がもらえる
  2. キャッシュバックサイトに登録しなければいけない

詳しく解説していきます。

1.公式サイトのキャッシュバックと併用できないことが多い

海外FXのキャッシュバックサイトを利用すると、公式サイトからの直接キャッシュバックを受け取られない=併用できない可能性があります

もしトレーダーが、海外FX業者からもキャッシュバックサイトからもキャッシュバックを付与されると、トレーダーは取引するたびに多額の利益を得られる反面、業者にとっては二重にボーナス費用がかかり、資金難で運営できなくなる可能性が高くなります。

このようなリスクを避けるためにも、ほとんどの業者で直接と間接キャッシュバックの併用は禁止されています。

海外FXでトレードする際、まずは公式サイトのキャッシュバックとキャッシュバッサイトを比較して、どちらがお得なのか検討してください。

2.キャッシュバックサイトに登録しなければいけない

キャッシュバックサイトを利用する際、個人情報をキャッシュバックサイトに登録しなければいけない手間がかかります

キャッシュバックサイト自身の信用のためにも、詐欺に合わないようトレーダーの身元を確認しなければならず、また安全なトレードのためにも、トレーダーの個人情報を海外FX業者に知らせなければいけません。

トレーダーにとっては手間がかかりますが、お互い安全・安心にトレードするために、個人情報はきちんと登録するようにしてください。

キャッシュバックサイト利用時の2つの注意点

キャッシュバックサイトを利用する際、注意点が2つあります。

キャッシュバックサイト利用時の2つの注意点
  1. 悪質なキャッシュバックサイトに注意する
  2. キャッシュバックを意識しすぎると余分なトレードする可能性がある

詳しく解説していきます。

1.悪質なキャッシュバックサイトに注意する

利用したキャッシュバックサイトが、悪質である可能性に注意しなければいけません。

キャッシュバックの言葉だけでよく確認せずサイトに個人情報を登録すると、悪質なキャッシュバックサイトの場合、個人情報や口座情報が転売されることがあります。

また、海外FX業者からキャッシュバックサイトに入って、トレーダーにキャッシュバックされる予定だったお金を持ち逃げされる可能性も考えられます。

過去には、FX業者と組んでわざとスプレッドを広げたり、サイトに表示しているキャッシュバック金額よりも少なく分配するような悪質なキャッシュバックサイトも存在していました。

そのため、海外FX業者・キャッシュバックサイトを選ぶ際には、悪質な業者もいるということを念頭に置き、登録前にキャッシュバックサイトの口コミ・評判などをさまざまなサイトからチェックするようにしてください。

2.キャッシュバックを意識しすぎると余分なトレードする可能性がある

キャッシュバックサイトのキャッシュバック付与を意識しすぎたあまり、無駄なトレードしてしまう可能性があります。

キャッシュバックサイトでは無駄なトレードしてしまう可能性がある理由は、キャッシュバックサイトのキャッシュバック方法によるものです。

キャッシュバックサイトのキャッシュバックは、「1ロットあたり○USDのキャッシュバック」という設定のため、キャッシュバックを増やす=取引量を増やさなければいけないということになるからです。

「もう少しトレードするともっとキャッシュバックされる」と考えるのではなく、あくまで事前のトレード計画の範囲で取引し、キャッシュバックありきのトレード計画にならないようにしてください。

海外FXキャッシュバックに確定申告は必要?

海外FXのキャッシュバックサイトから付与されたキャッシュバックは、現金のため「一時所得」に該当し、一定額以上(50万円以上)の利益になった時点で課税対象となり、確定申告が必要になります。

FXトレードで得た利益やスワップポイントは「雑所得」となり、キャッシュバックで得た「一時所得」とは税金の扱いが異なります。

つまり、「FXで得た利益」と「キャッシュバックで得た利益」は、分けて管理しなければいけません。

反対に、海外FX公式サイトから付与されたボーナスは、証拠金として使えるポイントのため、課税対象外で税金は一切かかりません。

ただし、海外FXを利用している場合でも、一定額以上の利益が出れば納税の義務が発生することに注意してください。

また、FXトレードの損失は翌年以降に繰り越しができ、去年の損益がマイナスで、今年は大きく利益が出たとしても、去年の損失を引いた額を今年の課税対象にできます。

しかし、キャッシュバックでは、損失の繰り越しは関係が無く、50万以上の利益となれば確定申告が必要となっています。

まとめ

海外FXのキャッシュバックサイトおすすめ5社とキャッシュバックを利用する際のメリットや注意点を詳しく解説しました。

おすすめのキャッシュバックサイト5社は、以下になります。

会社名称運営歴(設立年)公式サイト
TariTali(タリタリ)10年(2012年)https://taritali.com/
FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)11年(2011年)https://finalcashback.com/
CASHBACKFOREX(キャッシュバックフォレックス)15年(2007年)https://www.cashbackforex.com/
CASHBACK-victory(キャッシュバックビクトリー)9年(2013年)https://www.cashbackforex.com/
RoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)9年(2013年)https://fxroyalcashback.com/

上記は運営歴も長く、特にトラブルもなく、取扱い業者も多いため、どこを選んでもお得です。

またキャッシュバックサイトの利用前に、以下のことを確認してください。

まとめ
  • キャッシュバックは現金でもらえるが、一時所得扱いで確定申告が必要
  • 公式サイトでボーナスがなくても、キャッシュバックサイトで開催していることが多い
  • キャッシュバックサイトを選ぶポイントは「キャッシュバック率」「取扱業者の多さ」「手数料の安さ」の3点
  • 悪質なキャッシュバックサイトに注意
  • 公式ボーナスとキャッシュバックサイトのキャッシュバックはボーナスの二重取りになるため、ほとんど併用できない

キャッシュバックサイト利用する際は、サイトによってキャッシュバック率や取引業者数などが変わるため、必ず各業者を比較してください。

おすすめの記事