海外fx デモ口座 おすすめのアイキャッチ画像

FX取引する上で、全く経験がないままで取引するのは大きなリスクを伴います。

書籍などである程度の知識があっても、実際の相場を目の前にして冷静かつ大胆に取引する必要があります。

トレーダーの中には、自分の資金を投資しながら取引の感覚を掴むという方もいると思いますが、実際に取引し大きな損失を被ると高い勉強代になりかねません。

また、EAを運用する前にFX取引のシミュレーションをしたい場合、デモ口座で運用することで仮に失敗しても損失が発生しません。

デモ口座を提供している業者でおすすめは?
デモ口座を利用するメリットや注意点を知りたい

この記事では、デモ口座を提供している海外FX業者の中でおすすめの業者を紹介するとともに、デモ口座のメリットなどを紹介します。

海外FXでデモ口座があるおすすめの業者5選

海外FXでは、すべての業者でデモ口座を提供しているわけではありません。

また、デモ口座が提供されている場合でも取引条件が異なり、またリアル口座に移行するとなった場合に最も有利な業者で取引する必要があります。

そこで、海外FXでデモ口座があるおすすめの業者として、以下5社が特におすすめです。

デモ口座を提供しているおすすめの海外FX業者
  • XM Trading
  • GEMFOREX
  • TitanFX
  • FXGT
  • AXIORY

各業者の特徴や、デモ口座の概要について解説します。

XM Trading

XM Trading
出典:XM Trading

XM Tradingは、日本人に向けたサービスを展開している人気の高い業者です。

2010年にキプロスで誕生した業者ですが、会社の規模が大きいため安心感があります。

また、海外FX業者らしく888倍という高いレバレッジで取引が可能です。

XMでは3つの口座が用意されており、トレーダーのスタイルに応じて好きな方法で取引できます。

XM Tradingの概要は、以下の通りです。

FX業者名XM Trading
保有ライセンスセーシェル金融庁
取引形態NDD STP または ECN
最大通貨ペア数57種類
最大レバレッジ888倍
最小取引単位10通貨
スキャルピング・自動売買の有無あり
スプレッドUSD/JPN1.5銭
取引手数料無料
取引ツールMT4/MT5
公式サイトURLhttps://www.xmtrading.com/jp/
資産保証最大100万ドル
ボーナスの種類3種類
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり
デモ口座の利用制限最終ログインから90日以上で削除

XM Tradingでは、最終ログインから90日以上でデモ口座が削除されますが、逆にログインし続ければ継続的に利用できる点が魅力的です。

GEMFOREX

出典:GEMFOREX

GEMFOREXは、約定率がほぼ100%と圧倒的に高く、注文通りにトレードできる業者として知られています。

また、GEMFOREXならではの特徴として、数多くの無料EAを提供している点が挙げられます。

元々、GEMFOREXの運営会社であるGEM-TRADE Co.Ltdは、2010年10月にEAの無料提供サービスであるゲムトレードを立ち上げており、その流れを汲んだ業者であるため魅力的なEAを無料で利用できるのです。

魅力的なEAを選定して、デモ口座でフォワードテストし、善し悪しを判断できます。

FX業者名GEMFOREX
保有ライセンスニュージーランドFSP
取引形態DD
最大通貨ペア数33種類
最大レバレッジ1,000倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無過度なスキャルピングは禁止
ノースプレッド口座は自動売買不可
スプレッドUSD/JPN1.6銭
取引手数料無料
取引ツールMT4/ミラートレード
公式サイトURLhttps://xem.fxsignup.com/
資産保証最大100万ドル
ボーナスの種類3種類
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり
デモ口座の利用制限開設日から180日間

デモ口座は、口座開設日から180日間に限定されますが、リアル口座に近い環境でトレードできます。

TitanFX

TitanFX
出典:TitanFX

TitanFXは、平均約定スピードがとても早いという特徴があり、注文実行率は99.98%となっています。

メジャーな通貨ペアである米ドル円の平均約定スピードは0.419秒となっているため、少しでも早く取引したいトレーダーにおすすめです。

また、TitanFXでは最大レバレッジが500倍と平均的ですが、細かくレバレッジ設定できるので、状況に応じてレバレッジを自由に変更できます。

TitanFXはバヌアツ共和国の金融ライセンスを保有しており、資金管理方法には「分別管理」が用いられ、信頼度が高いバヌアツ国立銀行とナショナルオーストラリア銀行を使い分けている点も評価できます。

TitanFXの概要は、以下の通りです。

FX業者名Titan FX
保有ライセンスバヌアツ共和国VFSC
取引形態NDD STP または ECN
最大通貨ペア数57種類
最大レバレッジ500倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.2銭
取引手数料無料
取引ツールMT4/TitanFXウェブトレーダー
公式サイトURLhttps://jp.titanfx.com/
資産保証なし
ボーナスの種類なし
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり
デモ口座の利用制限MT4口座:口座開設日から30日
MT5口座:最終ログインより30日

TitanFXのデモ口座は、MT4口座とMT5口座によって利用制限が異なります。

MT5口座を選択した場合、継続してログインすれば永続的にデモ口座を利用し続けることが可能です。

FXGT

FXGT
出典:FXGT

FXGTは、最大1,000倍のダイナミックレバレッジを採用しており、ポジション数に応じてレバレッジが変動する仕組みを採用しています。

証拠金の増減で最大レバレッジが変動しないため、計算しながらトレードする手間を省けます。

貴金属CFD商品の最大レバレッジも1,000倍であるため、特に金相場で少ない資金でトレードできる点が魅力的です。

FXGTでは、シンセティックペアと呼ばれる以下のような独自の銘柄を取引できます。

シンセティックペアペア内容
BTCNASBTC/ナスダック総合指数
BTCDOWBTC/ダウ平均株価
BTCAPLBTC/Apple
BTCFCBBTC/Facebook
BTCAMZBTC/Amazon
BTCTWRBTC/Twitter
BTCXAUBTC/Gold
BTCXAGBTC/Silver
BTCUSOBTC/USOIL
BTCSPXBTC/S&P500

ビットコインと有名SNS会社との合成など、他にはないトレードが可能です。

続いて、FXGTの概要を紹介します。

FX業者名FXGT
保有ライセンスセーシェルFSA
取引形態NDD STP(DMA)
最大通貨ペア数48種類
最大レバレッジ1,000倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.5銭
取引手数料無料
取引ツールMT5
公式サイトURLhttps://fxgt.com/jp/home
資産保証なし
ボーナスの種類3種類
ロスカット水準セント口座・ミニ口座・スタンダード口座:20%
ECN口座:40%
ゼロカットの有無あり
デモ口座の利用制限30日間トレードがない場合に休眠

FXGTのデモ口座は、30日間トレードがない場合に休眠扱いとなります。

またリアル口座と同様に、ポジションの状態によってレバレッジが変動したり、デモ口座は最大6口座までしか開設できないなどの制限があります。

AXIORY

AXIORY
出典:AXIORY

AXIORYは、信託保全が万全で信頼性が高い海外FX業者です。

ゼロカット保証があるため、攻めたトレードをしやすいという特徴があります。

AXIORYは自動売買が使い放題であるため、うまく運用すれば手を掛けることなく利益を上げられる体制を整えられます。

さらに、取引をプロトレーダーに委託できるMAM口座も利用できるのが魅力的です。

AXIORYの概要は、以下の通りです。

FX業者名AXIORY
保有ライセンスベリーズ国際金融サービス委員会
取引形態NDD STP または ECN
最大通貨ペア数61種類
最大レバレッジ400倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.2銭
取引手数料無料
取引ツール MT4/cTrader
公式サイトURLhttps://www.axiory.com/jp/
資産保証最大2万ドル
ボーナスの種類なし
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり
デモ口座の利用制限最終ログインより90日

AXIORYのデモ口座は、最終ログインより90日と比較的緩い条件で利用可能です。

cTraderも利用できるので、様々なトレードができる点も魅力となっています。

そもそもデモ口座ってなに?

ここまでデモ口座が利用できる海外FX業者を紹介してきましたが、そもそもデモ口座とはどのようなものなのでしょうか。

デモ口座とは?

FX業者が用意している仮想口座のことを指します。

通常の口座では、自分で用意した資金を入金し、自分の責任でトレードしなければなりません。

当然、利益を上げられる反面で大きな損失が発生するリスクがあります。

FX初心者やEAでフォワードテストしたい場合、自分の資金ではなく仮想資金でトレーニングやシミュレーションしながらトレードしたいものですが、それを叶えてくれるのがデモ口座です。

デモ口座では、基本的にはリアル口座と同じくFX業者で口座開設手続きした上で口座を開設します。

デモ口座開設後は、業者によって異なりますが一定額の仮想資金が付与され、実際のトレードと同じ感覚で使用できます。

基本的には、リアル口座とほぼ同じスペックのサーバーでトレードできるので、業者の善し悪しを判断する際にも活用できるのが魅力的です。

海外FXのデモ口座で取引する5つのメリット

海外FXのデモ口座で取引することにより、主に以下5つのメリットがあります。

海外FXデモ口座のメリット
  1. 無料でトレードの練習が可能
  2. EAなどのシミュレーションや取引ツールを試せる
  3. 損失が発生しても資金が減ることはない
  4. 専門用語が勉強できる
  5. 世界経済の動きに敏感になる

各メリットについて、詳しく解説します。

1.無料でトレードの練習が可能

デモ口座の最大のメリットは、無料で利用できる点にあります

業者によっては、数百万円の仮想資金が付与されて、それを実際のトレードと同じ感覚で運用できます。

価格などもリアルな相場のものが適用されるので、FX初心者によっては取引の練習に最適です。

2.EAなどのシミュレーションや取引ツールを試せる

海外FXでは、メインの取引プラットフォームとしてMT4やMT5が利用できる業者が多数存在します。

ただ、中にはオリジナルの取引プラットフォームしか利用できない場合もあります。

また、どの取引ツールを使用するのかを口座開設時に選択しなければならない場合もあるのです。

そこで、デモ口座を活用すれば全ての取引ツールを試せて、どのツールを選定するのかを判断する材料にできます。

さらに、MT4が使用できるデモ口座の場合、EAのシミュレーションも可能です。

3.損失が発生しても資金が減ることはない

デモ口座の場合、資金はあくまでも仮想資金となります。

よって、もし大きな損失が発生したとしても自分が資金を補填する必要はありません

そのためデモ口座は、ゲーム感覚でトレードできる点が魅力です。

4.専門用語が勉強できる

海外FXでは、難しい専門用語が登場することが多く、用語の意味を覚えなければなりません。

ただ、書籍やインターネットの情報を用いて勉強しても、なかなか身につかないものです。

そこで、実際にトレードしつつ用語を覚えていくアプーロチが最適ですが、デモ口座を利用すればリアルトレードと同じ環境で専門用語を学びながら取引の練習ができます。

5.世界経済の動きに敏感になる

実際のトレードをおこなう上で、相場に関連するニュースを常に注視しなければなりません。

例えば、先進国の財政状態の変動や戦争などの有事が発生すると、突発的に大きな価格変動が発生します。

また、長期的なトレンドを見る上でも経済ニュースはとても重要です。

デモ口座によるトレードであっても、世界経済の動きに敏感になるためトレーダーとしてのレベルアップも期待できます。

海外FXデモ口座の注意点

海外FXデモ口座は、便利な反面で注意点もあります。

主な、海外FXデモ口座の注意点は次の通りです。

デモ口座の注意点
  1. メンタルのトレーニングができない
  2. リアル口座と全く同じ環境でトレードできる訳ではない
  3. 利益を出しても自分の資金にできない
  4. 資金管理スキルを習得できない

各注意点について、詳しく解説します。

1.メンタルのトレーニングができない

FX取引では、ぶれずに強い気持ちをもってトレードしなければなりません。

自分が狙った方向に必ず値動きするわけではなく、場合によっては全く逆の方向に価格が変動する可能性があります。

リアルトレードの場合、もし違う方向に値動きしたら躊躇なく損切りできるかが重要です。

ただしデモ口座によるトレードの場合、自分の資金ではないため、どうしても緊張感が薄れてしまいメンタル面でのトレーニングができません。

たとえデモ口座でも、リアルトレードと同じような緊張感をもって取引しましょう。

2.リアル口座と全く同じ環境でトレードできる訳ではない

デモ口座は、あくまでもリアル口座に近い環境でしかトレードできません

特にサーバーはリアル口座と異なるサーバーが試用されることも多く、実際の約定率やスリッページの発生状況、スプレッドの開き具合も異なります。

デモ口座で有利な条件で取引できても、リアル口座では全く条件が異なって参考にならない場合もあるので注意してください。

3.利益を出しても自分の資金にできない

デモ口座において、仮に大きな利益を上げたとしてもあくまでも仮想資金であり自分のものにできません

トレーニングというスタンスで使用し続ける分には問題ありませんが、スキャルピングでコツコツと時間をかけて大きな利益を上げても、労力の無駄になりかねません。

4.資金管理スキルを習得できない

リアルトレードでは、資金量に対してどのくらいの損失までなら許されるのか、口座にどれだけの資金が必要なのかを考えつつトレードしなければなりません。

また、ポジションサイズはどのくらいが適切か、レバレッジはどのくらいにするべきかなど細かく戦略を練ったトレードが必要です。

デモ口座の場合、悪く言えばテレビゲームのように資金が尽きたらリセットできますが、リアルトレードではそのような甘い考えで臨むのは危険です。

デモ口座で取引することで、資金管理スキルを習得できない点は大きなデメリットと言えます。

まとめ

海外FX業者で用意されているデモ口座は、リアルトレードに近い状況で取引できるため、FX初心者にとっては良いトレーニングのきっかけとなります。

また、EAなどのシミュレーションにも役立ち、使い方次第で大きなメリットがあります。

ただ、あくまでも仮想資金によるトレードであることを認識して、デモ口座を有効活用してほしいと思います。

おすすめの記事