海外fx おすすめのアイキャッチ画像

日本国内だけでなく、海外にも多くのFX業者が存在します。

海外FX業者の特徴として、日本の金融庁が定めるレバレッジ制限が適用されないため、ハイレバレッジトレードができる点が魅力的です。

また、魅力的なボーナスがある点も評価されていますが、その分だけスプレッド幅が広いためにFX業者を選定する際には吟味しなければなりません。

どの海外FX業者がおすすめなの?
各業者のレバレッジやスプレッドの条件知りたい

この記事では、海外FX業者おすすめ業者10選を紹介するとともに、ボーナス・スプレッドを徹底比較します。

この記事を読むと分かる事
  • おすすめの海外FX業者
  • おすすめな海外FX業者の特徴やメリット
  • 海外FX業者各社の比較

もくじで見る

おすすめの海外FX業者10選

海外FX業者は数多く存在し、日本人向けサービスを提供している業者あります。

各業者で取引条件が異なるため、自分にとって最も有利な条件で取引できる業者を選定することが重要です。

海外FXで特に人気が高く、おすすめの業者として以下10業者が挙げられます。

一覧

ここからは、各業者の特徴などを詳しく解説します。

IG証券

IG証券
出典:IG証券

IG証券は、FX関連だけでなく株式なども多く取引できる証券会社です。

IG証券が属するIGグループの「IG」は、Investors Goldの略であり日本語では金の投資家という意味となります。

その名が示すとおり、金のスプレッドベッティングをする企業としてイギリスで誕生しました。

2008年に日本の大手FXプロバイダーを買収し、そのFXプロバイダーをベースとして日本市場向けに立ち上げた金融サービス会社がIG証券です。

ここで、IG証券の基本情報を紹介します。

FX業者名IG証券
保有ライセンス関東財務局
取引形態DD方式
最大通貨ペア数101種類
最大レバレッジ100倍
最小取引単位10,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無あり
スプレッドUSD/JPN0.2銭
取引手数料無料
取引ツールオリジナルツール
公式サイトURLhttps://www.ig.com/jp
資産保証最大100万ドル
ボーナスの種類1種類
ロスカット水準75%
ゼロカットの有無なし

ここからは、IG証券の特徴を詳しく解説します。

1.45年以上の歴史を持ち、世界中のトレーダーが利用している

IG証券は、日本ではまだ10年程度の実績しかありませんが、IGグループとしてみると45年以上の歴史があります。

1974年にスチュアート·ウィーラー氏によって IG Indexの会社名で設立されました。

イギリス初の金融スプレッドベッティング事業として知られており、金の商品自体の販売だけでなく金の価格を指標として取引する手法を取り入れました。

1982年にはFT30株価指数の取引をスタートし、1995年には個別株のスプレッドベッティングも取り扱う最初のイギリス企業となったのです。

2000年7月には、新たに IG Group PLCとしてロンドン証券取引所に初上場して知名度が高まり、ヨーロッパ各地とアメリカ、そして日本を筆頭としたアジア、さらには南アフリカで事業を立ち上げるなど、グローバルに事業を展開しています。

2.取引可能な通貨ペアは101銘柄

IG証券で取引できる通貨ペアは、101種類と豊富です。

メジャーな通貨ペアであるドル/円やユーロ/ドル、ポンド/ドル、ドル/スイスフランだけでなく、コモディティ通貨も豊富に取り扱っているのが特徴です。

マイナー通貨も多く、また新興国の通貨ペアも取引できるため、スワップポイントを狙った取引もできる点が評価されています。

3.業界最狭水準のスプレッド

IG証券は、ゼロカットシステムがなかったりボーナスの種類も少なめです。

これは、日本の金融庁が発行するライセンスを取得していることが理由になりますが、その分だけスプレッド幅が狭めに設定されているのが特徴です。

主な通貨ペアのスプレッドは、以下の通りです。

通貨ペア午前9時~翌午前3時午前3時~午前9時
ユーロ/米ドル0.5ポイント9.0ポイント
豪ドル/米ドル0.6ポイント9.0ポイント
英ポンド/米ドル0.8ポイント21.0ポイント
米ドル/円0.2銭10.0銭
ユーロ/円0.6銭18.0銭
豪ドル/円0.7銭16.0銭
英ポンド/円1.0銭31.2銭
NZドル/円1.1銭11.0銭
メキシコペソ/円0.3銭3.0銭
カナダドル/円1.7銭14.0銭
スイスフラン/円1.8銭18.0銭
トルコリラ/円1.8銭10.0銭
南アフリカランド/円1.0銭5.5銭

時間帯でスプレッド幅が異なるのもIG証券の特徴であるため、タイミングを見計らって取引する必要があります。

4.投資について学べる「IGアカデミー」

日本の方針として、貯蓄ではなく投資を推奨している状況が続いています。

ただ、具体的にどのようにして投資すれば良いのか悩んでいるトレーダーが多いのも事実です。

そこで、投資の基礎を学べる機会があると便利ですが、IG証券では投資について学べる「IGアカデミー」というコンテンツが提供されています。

IGアカデミーは初級から上級まで、自分のペースで学習できる比較的短いコースが用意されています。

例えば、IGアカデミーの「金融市場と金融商品」という項目では、次のカリキュラム内容となっています。

金融市場と金融商品のカリキュラム内容
  • 金融取引とは?
  • なぜ金融市場で取引をするのか?
  • 株式とは?
  • 株式取引
  • 株価指数とは?
  • 株価指数取引
  • Forexとは?
  • 外国為替取引
  • コモディティとは?
  • コモディティ取引
  • クイズ

IGアカデミーは動画スタイルのコンテンツであるため、誰でもわかりやすく解説しているのが特徴です。

動画はIGアカデミーのメンバーのみ視聴可能で、IGアカデミーのメンバー登録は無料でできます。

最後にクイズがあり、理解度を確認できる点も評価できます。

5.取引方法は「DD方式」を採用

IG証券では、取引方法としてDD方式を採用しています。

DDはDealing Deskの略であり、相対取引となりトレーダーとFX業者が1対1で取引する方式のことです。

DD方式は、OTC取引やMM(マーケットメーク)方式とも呼ばれています。

国内のFX業者ではDD方式を採用している業者が大半であり、日本の金融ライセンスを取得しているため、DD方式が採用されています。

NDD方式と比較してスプレッドが狭く、固定されているためわかりやすいという特徴があります。

一方で、価格変動が激しい相場においては有利なタイミングで取引したくてもレートが再提示される、「リクォート」が発生しがちです。

DD方式はデメリットが多い方式であるため、自分にマッチする方式であるかをよく確認してください。

6.オリジナルツールが提供されている

IG証券では、取引プラットフォームとして有名な存在であるMT4やMT5に対応していません。

一方で、IG証券では以下のオリジナルツールで取引できます。

IG証券で提供されている取引ツール
  • Webブラウザ版取引システム
  • トレーディング・アプリ
  • ProRealTimeチャート

PCだけでなく、モバイルデバイス向けのツールを提供しているのも特徴的です。

また、ProRealTimeチャートは有料ツールとなりますが自動売買も可能です。

カスタマイズ性も高く、自分好みの表示にできるため、効率よく取引したいトレーダーに好評です。

7.ゼロカットシステムがない

ゼロカットは、トレードしている中で結果的に口座残高以上の損失が発生した場合でも、マイナス分をゼロにリセットしてくれる仕組みです。

ゼロカットを活用することで、ハイレバトレードで攻めたトレードが可能です。

また、結果としてマイナスになってもFX業者からマイナス分を補填してもらえるため、積極的にトレードできます。

海外FX業者ではゼロカットシステムを採用している業者が大半ですが、日本の金融庁ではゼロカットを禁止しているため日本のFX業者同様にIG証券ではゼロカットを採用していません

よって、相場が大きく変動するようなリスクがあるタイミングでは慎重に取引する必要があります。

FXGiants(FXジャイアンツ)

FXGiants(FXジャイアンツ)は、7年連続で顧客満足度1位を獲得している海外FX業者です。

世界的に見てFXトレードが最も盛んな日本国内からの口座開設数としては、業界内最大となるなど人気の高い業者として有名です。

ここで、FXGiants(FXジャイアンツ)の基本情報を紹介します。

FX業者名FXGiants(FXジャイアンツ)
保有ライセンスバミューダライセンス
取引形態NDD
最大通貨ペア数70種類
最大レバレッジ1,000倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無あり
スプレッドUSD/JPN
取引手数料無料
取引ツールMT4
公式サイトURLhttps://www.giants-forex.com/index.php
資産保証最大100万ドル
ボーナスの種類なし
ロスカット水準レギュラー口座:20%
ゼロスプレッド口座:80%
ゼロカットの有無あり

ここからは、FXGiants(FXジャイアンツ)の特徴を詳しく解説します。

1.日本語対応している

FXGiants(FXジャイアンツ)は、完全日本語に対応したサイトを提供してます。

また、運営スタッフは各国から優秀なスタッフが集結しており、あらゆる国のトレーダーニーズに応える体制が構築されています。

さらにFXGiantsでは、サポートを充実させており、日本語を含めた各国の言語に対応しています。

24時間のメールサポートだけでなく、リアルタイムチャットもあるために困ったことがあってもすぐに解決できます。

2.有名サッカーチームのスポンサーを務めている

FX業者の信頼性を語る上で、他の企業などから信頼されているかどうかが挙げられます。

FXGiants(FXジャイアンツ)では、世界的なサッカーチームであるFCバルセロナの公式パートナーを務めています。

信用性がない企業が有名チームのパートナーになることは困難であることから、FXGiants(FXジャイアンツ)は信頼できる業者ということが判断できます。

シーズン中には観戦チケットのプレゼントキャンペーンなども行っているため、サッカーファンにとっても注目の業者です。

3.スマホアプリが提供されている

為替相場は常に変動しており、一瞬の間で大きく値動きする可能性があります。

よって、外出先でも取引できる体制を整えておくことが重要です。

そこで、スマートフォンアプリなどがあるとネット環境さえ確保できればいつでも取引できます。

FXGiants(FXジャイアンツ)では、専用スマホアプリがAndroid、iPhone向けに提供されています

各種メニューにスピーディーにアクセスできるので、瞬時に取引しなければならない場面でも有利に取引できます。

4.無料VPSが用意されている

FXGiants(FXジャイアンツ)では、無料VPSが提供されています。

VPSとは?

Virtual Private Serverの略であり、日本語で「仮想専用サーバー」という意味です。仮想化されたサーバー環境を提供するサービスであり、物理サーバーにインストールされたOS上に各ユーザー毎の仮想サーバーを割り当てられます。その仮想サーバーを、自分専用のサーバーとして使用できます。

VPSは、主にMT4でEAを用いた自動売買時に使用されます。

通常、自分のPCなどにMT4をインストールした後、EAをセットして常に起動させて自動売買しなければなりません。

上記のやり方だとPCが常に安定して稼働することが条件となり、また運用時には電気代がかかってしまいます。

その点、VPSで運用すれば安定した環境で電気料金など気にすることなく運用が可能ですが、通常VPSは有料でレンタルしなければなりません。

しかしFXGiants(FXジャイアンツ)では、無料でVPSをレンタルできるため費用を気にすることなく自動売買を利用できます。

FXGiantsのVPSは、比較的安定しているサーバーを利用できる点も評価できます。

5.PMAMで複数のFXポートフォリオを簡単に管理できる

FXGiants(FXジャイアンツ)では、PMAMと呼ばれる仕組みによって複数のFXポートフォリオを簡単に管理できます。

無制限でMT4アカウントを管理でき、ワンクリックで注文を入力できるのでスピーディーな取引に寄与します。

また売買レポートがいつでも確認可能で、注文、ポジション、株式、エクスポージャーをオンラインで管理できるのも魅力です。

リアルタイムでモニタリングすることで、常に取引チャンスを逃すことなく取引できる点も評価できます。

6.入出金がスピーディー

海外FX業者では、入出金に時間がかかり手数料が高いというデメリットがあります。

その点、FXGiants(FXジャイアンツ)では4つの入出金方法が用意されていますが、どの方法もスピーディーに完了します。

急いで入金して取引開始したい場合、FXGiants(FXジャイアンツ)は最適な選択肢と言えます。

7.スプレッド幅が広め

FXGiants(FXジャイアンツ)では、スプレッド幅が広めに設定されています。

FXGiantsでは、スキャルピング取引が認められていますが、スプレッド幅が広いためになかなか利益に直結しにくい弱点があります。

8.リクォートされるケースがある

FXGiants(FXジャイアンツ)では、リクォートされる可能性があります。

リクォートとは?

注文した際の価格で約定されず、FX業者から別の価格での約定を提示されることを指します。基本的に、トレーダーの希望額と同等、または低い金額を提示されることが多く、リクォートが発生すると損をする可能性があります。

実際に取引しているトレーダーからは、「取引しようとしたらリクォートというメッセージが表示されて取引できなかった」という口コミが確認できました。

確実に取引を完了させたい場合、FXGiants(FXジャイアンツ)はあまりおすすめできません。

XMTrading

XM Trading
出典:XM Trading

XM Tradingは、ユーザビリティが高く、日本人にも人気の海外FX業者です。

XMでは、3つの口座が用意されており、トレーダーのスタイルに応じて好きな方法で取引できます。

ここで、XMTradingの基本情報を紹介します。

FX業者名XM Trading
保有ライセンスセーシェル金融庁
取引形態NDD STP または ECN
最大通貨ペア数57種類
最大レバレッジ888倍
最小取引単位10通貨
スキャルピング・自動売買の有無あり
スプレッドUSD/JPN1.5銭
取引手数料無料
取引ツールMT4/MT5
公式サイトURLhttps://www.xmtrading.com/jp/
資産保証最大100万ドル
ボーナスの種類3種類
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり

ここからは、XMTradingの特徴を詳しく解説します。

1.リクォートがない

XMTradingでは、DD方式を採用していることで約定拒否されることが懸念されます。

ただ、実際にはリクォートが発生しないことを宣言しているため、確実な取引が可能です。

さらに、全注文の99.35%は1秒以内で約定されるスピーディーさも魅力です。

2.16のプラットフォームから選択できる

XMTradingでは、WindowsだけでなくMacにも対応しており、さらにスマートフォン・iPhoneでも利用可能な「XMTrading MT4」や「MT5」が提供されています。

また、ブラウザから直接利用できる「XMTrading WebTrader」も利用可能です。

アプリ版のXMTrading MT4やMT5を使用すれば、スマートフォンやタブレットから口座にアクセスしてフルに口座機能を利用してトレードできます。

3.独自のポイントシステムがある

XMTradingでは、通常ボーナスの他にも独自のXMTRADINGロイヤルティプログラムという仕組みがあります。

リアル口座を保有している全てのトレーダーはエグゼクティブレベルからスタートしますが、一定の取引活動期間を経たタイミングで自動的にステータスがアップグレードされます。

ロイヤルティステータスがアップグレードすると、1ロットにつき獲得できるXMP(XMTradingポイント)の数も比例して増加するのが特徴です。

より速いペースでXMPを獲得して、ポイントを取引に利用できるのでおすすめです。

4.24時間サポート体制が確立されている

XMTradingは、24時間のサポート体制が確立されています。

また、スタッフの複合的な専門知識レベルは、他のFX業者では見られないハイレベルな内容となっています。

XMの広範囲に渡る経験だけでなく、8言語以上対応のサポート提供でXMTradingは、世界中の全レベルのトレーダーに選ばれるFX業者して名を馳せています。

5.ブログで各種情報を入手できる

XMTradingでは、オリジナルのブログが用意されています。

ブログでは、毎日の取引に役立つニュース情報が解説付きで提供されているため、トレードする上で役立ちます。

また、デイリーマーケット分析ビデオやFXウェビナーなど、学習コンテンツが満載でFX初心者でも利用しやすいという特徴があります。

6.無料VPSが利用可能

XMTradingでは、「口座残高が50万円以上あること」「月に合計5ロット以上の取引があること」を条件に、無料VPSが利用できます

取引サーバーと同じく、ロンドンにサーバーがあるために遅延なく自動売買などを楽しめます。

XMで使える無料VPSは、比較的サーバー自体の安定度が高い点も魅力的です。

7.信託保全は全額ではない

XMTradingでは、トレーダーの資金に対して最大100万ドルまで補償してもらえます。

日本人にサービス提供しているセーシェルライセンスにおいて、AIGグループの倒産防止保険に加入していることから、いざという時でも安心です。

ただし、完全信託保全ではないため、預けた資金が全額保証される保証がないので注意が必要です。

多くの資金でトレードしたい場合は、全額補償されない可能性があることを気に留めてください。

8.法人口座が作成できない

海外FX業者の多くが、法人口座を用意しています。

法人口座とは?

法人が開設できる口座であり、法人口座で取引することで損失繰越できたり法人税の適用により節税につなげられるチャンスがあります。

ただし、XMTradingでは法人口座が開設できません

よって、法人としてFX取引したい場合は、他の海外FX業者を選定する必要があります。

GEMFOREX

出典:GEMFOREX

GEMFOREXは、FX初心者にも優しい各種サービスを提供している海外FX業者です。

英語圏や日本だけでなく、中国や香港、台湾、韓国を中心にサービス展開しており、日本人にとってもなじみ深いサービスです。

アンバサダーとして、デビット・ベッカムを起用していることでも注目されています。

ここで、GEMFOREXの基本情報を紹介します。

FX業者名GEMFOREX
保有ライセンスニュージーランドFSP
取引形態DD
最大通貨ペア数33種類
最大レバレッジ1,000倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無過度なスキャルピングは禁止
ノースプレッド口座は自動売買不可
スプレッドUSD/JPN1.6銭
取引手数料無料
取引ツールMT4/ミラートレード
公式サイトURLhttps://xem.fxsignup.com/
資産保証最大100万ドル
ボーナスの種類3種類
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり

ここからは、GEMFOREXの特徴を詳しく解説します。

1.隠れMarkupが一切ない

FX業者によっては、Markupと呼ばれるオリジナル配信レートに対してブローカーの利益を上乗せしてスプレッドをかけることを、トレーダーに知らせることなくおこなうケースがあります。

Markupをおこなう理由としては、会社の体力や営業方針の問題、ポリシーの欠如などがありますが、トレーダーにとっては不条理に感じるものです。

そこで、GEMFOREXでは隠れMarkupは一切しないことが宣言されているため、フェアな取引ができます。

2.リクォートと約定拒否の追放が宣言されている

GEMFOREXでは、隠れMarkupが一切ないことと合わせてリクォートと約定拒否の追放を宣言しています。

24時間マーケットオープン時は、いつでも専用のトレーディングプラットフォームによりオンライントレードできますが、意図的なリクォートと約定拒否は発生しません。

これにより、安心して取引できる点が魅力です。

3.全取引の99.99%が0.78秒以内に執行されている

GEMFOREXは、全取引の99.99%が0.78秒以内に執行されています。

特にスキャルピング取引する場合、執行スピードはとても重要です。

一瞬のディレイが発生するだけでも大きなチャンスを逃すことになりかねませんが、その点でGEMFOREXは、特殊なディーリングシステムの採用によって即時決済が可能です。

確実かつスピーディーに注文できる体制を望む場合、GEMFOREXは最適な業者です。

4.最短30秒で口座開設できる

海外FX業者では、基本的にオンラインで口座開設できますが手続きが面倒なケースが大半です。

特に、住所をローマ字で入力しなければならないなど、日本人にとっては一苦労です。

その点、GEMFOREXでは日本人でも口座開設しやすいように工夫されており、提出する書類等も少ないため最短30秒で口座開設できます。

すぐにでも口座開設して取引を始めたい場合、GEMFOREXは最適な業者と言えます。

5.EAが無料提供されている

FXで自動売買したい場合、MT4でEAを用いておこなうのが一般的です。

MT4自体は無料で入手できますが、問題となるのがEAです。

人気の高いEAはとても高価な価格で購入しなければならず、もし不適切なものを掴まされると無駄な出費になりかねません。

しかし、GEMFOREXでは多くのEAが無料提供されているので安心ください。

実は、GEMFOREXの運営会社であるGEM-TRADE Co.Ltdは2010年に設立されていますが、2010年10月にEAの無料提供サービスであるゲムトレードがスタートしました。

この流れをGEMFOREXが汲んでいるため、無料で多くのEAが利用できるのです。

これによって、お試し感覚で多くのEAを試すチャンスがあります。

6.通貨ペア数が少ない

GEMFOREXでは、通貨ペアが33種類しか提供されていません

GEMFOREXはメジャーな通貨ペアを取り扱っていますが、マイナーな通貨ペアで取引したいトレーダーにとって、狙っている通貨ペアがない場合があります。

また、CFD銘柄や貴金属、エネルギーを合わせても47種類しかありません。

ある程度通貨ペアを絞って取引するトレーダーにとっては影響がありませんが、デメリットの一つとなっています。

7.口座維持費が発生する場合がある

GEMFOREXでは、3ヶ月間入金や取引がない場合に1,500円の手数料が徴収されます。

ポジションを保有している場合は口座がアクティブと判断されますが、もし取引する見込みがない場合は出金して残高を0円にしないと口座維持費が常に徴収されるので注意してください。

AXIORY

AXIORY
出典:AXIORY

AXIORYは、「極限まで利益にこだわりトレードを。」をコンセプトに掲げている海外FX業者です。

AXIORYは、シンプルなホームページが特徴で、見やすさを追求しています。

ここで、AXIORYの基本情報を紹介します。

FX業者名AXIORY
保有ライセンスベリーズ国際金融サービス委員会
取引形態NDD STP または ECN
最大通貨ペア数61種類
最大レバレッジ400倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.2銭
取引手数料無料
取引ツール MT4/cTrader
公式サイトURLhttps://www.axiory.com/jp/
資産保証最大2万ドル
ボーナスの種類なし
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり

ここからは、AXIORYの特徴を詳しく解説します。

1.スリッページが狭い

AXIORYでは、スリッページ率の情報について公開しています。

スリッページとは?

マーケットの状況によって注文時の画面に表示されている価格となる注文レートと、約定した価格である約定レートが異なる場合があり、注文レートと約定レートの差をスリッページと呼びます。

スリッページの発生はなるべく避けたいものですが、FX業者のサーバー能力などによっては、スリッページが発生する場合があります。

しかし、AXIORYが公開しているスリッページ率は、64.5%が+0.1pips程度となっており、とても低い状態です。

一部では「-3.1pipsの滑りが1.0%」ほど、「+3.1pipsの滑りが0.9%」ほどありますが、ほぼ価格通りに注文できると言えます。

2.狭いスプレッドで取引できる

AXIORYでは、以下4つの口座から自分好みの口座を選定できます。

AXIORYの口座種類
  • スタンダード口座
  • ナノ口座
  • テラ口座
  • アルファ口座

AXIORYの口座の中で、スプレッド幅が狭いのがナノ/テラ口座であり、最狭水準のスプレッドで提供されています。

FX通貨ペア取引の1ロットあたりの手数料が往復6ドルかかりますが、スキャルピングや指数トレードをしたいトレーダーに最適な業者です。

3.各種アワードを受賞している

AXIORYは、各賞レースで大きな実績を残しています。

過去の受賞歴は、以下の通りです。

AXIORYの受賞歴
  • 英メディアInternational Investor Magazine主催International Investor Awards 2020で「最高のカスタマーサービス」「最も透明性の高いブローカー」賞
  • 海外FX情報サイト「FxDailyInfo.com」が主催するブローカーアワードで「ベスト・アフィリエイト・プログラム」賞
  • ドバイの「最も顧客主義のFXブランド 2020」賞

各界から高く評価されており、また多くのトレーダーから選ばれている点も特徴的です。

4.電話サポートに対応している

AXIORYでは、メールやチャットだけでなく電話でのサポートにも対応しています。

対応時間も、平日の9:00〜24:00と長期にわたり営業しています。

特に、重要指数が発表される前後の夜間にも電話対応している点が特徴的です。

AXIORYは、日本語に長けたスタッフによるサポートを受けられるため、困ったことがある際にも安心です。

5.信託保全が万全で信頼性も高い

AXIORYは、トレーダーから預かった資産全額が補償対象となる、完全全信託保全に対応しています。

よって、もしAXIORYが倒産したとしても、預けていた資金や未決算の評価損益なども全額返金されるので安心です。

さらに、運営資金と別口座での分別管理だけでなく、顧客と第三者監査機関の承諾がない限りは出金できない仕組みを採用している点も評価できます。

6.約定力が非常に高い

AXIORYは、約定率99.99%と圧倒的な高さを誇ります

常にハイレベルであることを宣言しており、特にスキャルピング取引した場合におすすめです。

7.少額入金時の手数料が高い

AXIORYでは、最低入金額が5,000円に設定されており、比較的少額でスタートできます。

ただ、20,000円以下の入金額に対して、一律1,500円の手数料が徴収されます。

これは、他の海外FX業者と比較しても高い設定となっているため、少額入金したいトレーダーには向いていません。

8.認証システムJumioの登録が必要

AXIORYでは、厳重な個人情報管理をおこなっているユニオン銀行と提携している関係上、ID認証システムJumioへの登録が必須です。

Jumioとは?

カメラを用いて、クレジットカード情報やID情報を正確に読み取るシステムのことです。

安全な個人情報管理ができるため安心感がありますが、登録時には顔写真付き身分証と自身の顔写真の提供が必要となります。

手続き自体は比較的簡単ですが、手間がかかるのは事実であるため、個人情報の提出に抵抗があるトレーダーにとってはデメリットの一つとなります。

FXGT

FXGT
出典:FXGT

FXGTは、他の海外FX業者と比較しても多くの口座種類があり、6種類の中から自分好みの口座でトレードできます

初心者向けの口座から、Pro口座と呼ばれる上級者向けの口座もあり、様々なトレーダーに愛されている存在です。

ここで、FXGTの基本情報を紹介します。

FX業者名FXGT
保有ライセンスセーシェルFSA
取引形態NDD STP(DMA)
最大通貨ペア数48種類
最大レバレッジ1,000倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.5銭
取引手数料無料
取引ツールMT5
公式サイトURLhttps://fxgt.com/jp/home
資産保証なし
ボーナスの種類3種類
ロスカット水準セント口座・ミニ口座・スタンダード口座:20%
ECN口座:40%
ゼロカットの有無あり

ここからは、FXGTの特徴を詳しく解説します。

1.暗号資産も取引できる

FXGTでは、法定通貨と暗号資産も取引できることを売りにしており、そのことを「ハイブリッド取引」と称しています。

FXGTは、ここ数年で法定通貨以上に注目を集めている暗号資産取引を同時におこなえるのが魅力的です。

2022年には17銘柄の暗号資産が取引に追加され、いわゆる草コインも取引できます。

さらに、注目度の高いNFTも取引できるため、高く注目されています。

2.最小0pipsのスプレッドでトレードできる

スキャルピング取引など値幅が少ない状態で取引する場合、スプレッド幅がとても重要となります。

そこで、FXGTではスタンダード口座でもUSD/JPYの通貨ペアでスプレッド幅が1.5銭と比較的狭めです。

さらに、Pro口座となれば0pipsで取引できる通貨ペアがあるなど、お得感があります。

その分、取引手数料がかかるなどのデメリットもありますが、スイングトレードしたい方にも向いています。

3.最大1,000倍のレバレッジで取引できる

FXGTでは、最大1,000倍のレバレッジで取引が可能です。

正確には、1倍〜1,000倍まで8段階で設定や変更できますが、レバレッジをかける時は倍率ごとに条件が設定されています。

ポジションの総量最大レバレッジ必要証拠金率
300,000ドル未満1,000倍0.002
300,000〜1,000,000ドル500倍0.005
1,000,000〜2,000,000ドル200倍0.01
2000,000〜3,000,000ドル100倍0.02
3,000,000〜5,000,000ドル50倍0.05
5,000,000〜ドル20倍0.001

約1億円までは500倍で取引できますが、これは他の海外FX業者と比較しても好条件です。

また、暗号資産でも最大1,000倍のレバレッジを掛けてトレードできます。

4.独自のGTi12指数が魅力的

FXGTでは、独自の指数であるGTi12指数が提供されています。

GTi12指数とは?

暗号資産CFDを主に取り扱うCryptoGTと、そのグループ会社となるFXGTで取り扱われている銘柄です。

主要12種類の暗号資産の価格に連動した指数となり、個別の銘柄ではなく、暗号資産市場全体の値動きに対してトレードが可能です。

GTi12指数は、暗号資産の市場動向を把握できるとともに、法定通貨取引でも参考になるものとして注目の存在となります。

5.高度な価格アグリケーションシステムを採用している

FXGTでは、自動的に優良リクイディティプロバイダーのネットワークを経由して、最も競争力ある価格を検出しています。

また、FXGTの最新テクノロジーを最大限活かして、高い執行力をキープしています。

優良リクイディティプロバイダーに厳選して提携している関係上、取引ボリュームや市場ボラティリティに関係なくスピーディーな約定が可能です。

FXでは、高いボラティリティを伴うケースがありますが、取引に直接影響する競争力のある価格提供や低遅延の約定執行は重要なポイントです。

その点で、FXGTではスピーディーかつ確実な約定が可能である点が魅力的です。

6.まだ運用実績が乏しい

FXGTは、2019年12月に設立されたばかりの海外FX業者なので、まだまだ運営実績が浅いのが事実です。

CryptoGTとしての実績は十分ですが、CryptoGTとFXGTが同じグループであると認識しているトレーダーが少ない実情もあります。

ただし、運用実績が浅いからと言って悪い業者とは判断できないので、FXGTを選定する際は事前調査を徹底しましょう。

7.口座維持費がかかる

FXGTにおいて90日以上の取引がないケースでは、口座維持費が請求されます。

月10ドルの口座維持手数料が請求され、ボーナス剥奪とともに口座凍結状態となります。

もし、FXGTの口座に残高がない場合は、口座閉鎖となるため注意してください。

8.ストップレベルが高めに設定されている

FXGTでは、主要な通貨ペアで5.2pips程度のストップレベルが設定されています。

ストップレベルが高いので、実質的にスキャルピング取引には向いていない業者ということが分かります。

TitanFX

TitanFX
出典:TitanFX

TitanFXは、スタイリッシュなホームページで日本人にとっても接しやすい海外FX業者です。

多くのプロバイダと契約しており、周囲からの信頼もとても高いと言えます。

ここで、TitanFXの基本情報を紹介します。

FX業者名Titan FX
保有ライセンスバヌアツ共和国VFSC
取引形態NDD STP または ECN
最大通貨ペア数57種類
最大レバレッジ500倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.2銭
取引手数料無料
取引ツールMT4/TitanFXウェブトレーダー
公式サイトURLhttps://jp.titanfx.com/
資産保証なし
ボーナスの種類なし
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり

ここからは、TitanFXの特徴を詳しく解説します。

1.高い約定能力を誇る

TitanFXでは、次世代型のSTP/ECN方式を採用することによって提携銀行や金融機関の間で低レイテンシのネットワーキングを実現しています。

EQUINIX NY4と呼ばれる世界最大規模のインフラを確保していることで、超高速決済が可能です。

これにより約定率が高くなっているので、狙ったとおりの取引ができます。

さらに、リクイディティプールの価格と1秒あたり数百万回も比較して、最良の価格でトレーダーにマッチングしています。

2.180を超える取引商品を取引可能

TitanFXでは、FX取引だけでなく人気の株価指数CFDや商品先物、米国株式CFD、仮想通貨CFDなど180銘柄を超える商品を選択できます。

特に、CFDは取引のしやすさが魅力的で、初めて投資をするトレーダーにも大人気です。

FXだけでも、マイナー通貨の取引ができるので様々なトレード方針をもってトレードできます。

3.業界最狭スプレッドを達成

TitanFXは、世界十数社の為替マーケットネットワークやAAAクラスの大手銀行とタッグを組み、圧倒的に低いスプレッド水準を実現しています。

実質0銭、0pipsを謳い文句としているため、特にスキャルピング取引したいトレーダーに最適です。

4.金融ライセンスを保有している

TitanFXは、バヌアツ共和国の金融ライセンスを保有しています。

バヌアツの金融ライセンスは、決して信頼性が高いとは言えませんが、ここ数年で信頼度が高まっています。

また、TitanFXでは信託保全に対応していませんが、分別管理を厳格に行っているのが特徴です。

分別管理先の銀行は、非常に信頼度が高いことで知られているバヌアツ国立銀行とナショナルオーストラリア銀行であるため、一定の安心感があります。

5.30日間無料のデモ口座が提供されている

TitanFXを本格的に利用する前に、お試しでデモトレードしたいというトレーダーが多いと思います。

TitanFXでは、30日間無料のデモ口座が提供されているため、十分シミュレーションした上で口座開設可否を判断できます。

また、TitanFXのデモ口座では50,000ドルの仮想資金が使用できるので、十分使い込んで検証できるというメリットがあります。

6.ボーナスが提供されていない

TitanFXでは、スプレッド幅が狭くゼロカットにも対応しているためボーナス制度がありません

他の海外FX業者では、ボーナスによって口座開設時や入金時にボーナスを得ることで取引に使用できます。

しかしTitanFXはボーナスがないため、すべて自分自身の資金でトレードしなければなりません。

7.両建てが利用できない

TitanFXは、基本的には両建てを認めていますが、同じ口座内で両建てすることに限定されています。

TitanFXの別口座間で両建てすることは明確に禁止されており、意図的でなくても両建てすると違反行為と認識されるリスクがあるので注意してください。

iForex

iForex
出典:iForex

iForexは、他の海外FX業者にはない利息制度があるなど、独自のスタイルを追求しています。

世界120カ国にサービスを提供しており、16のサポート言語とグローバルなサービスを提供しています。

ここで、iForexの基本情報を紹介します。

FX業者名iForex
保有ライセンス英国領ヴァージン諸島金融サービス委員会
取引形態DD
最大通貨ペア数82種類
最大レバレッジ400倍
最小取引単位750通貨〜
スキャルピング・自動売買の有無不可
スプレッドUSD/JPN1.0銭
取引手数料無料
取引ツールFXnetView
公式サイトURLhttps://www.iforex.jpn.com/
資産保証なし
ボーナスの種類2種類
ロスカット水準0%
ゼロカットの有無あり

ここからは、iForexの特徴を詳しく解説します。

1.暗号資産のトレードが可能

iForexでは、ビットコインやイーサリアムを筆頭に、数多くの暗号資産銘柄を取引できます。

柴犬コイン(1000)などの超マイナー通貨があるなど、自分が探している暗号通貨が見つかる可能性があるというメリットがあります。

また、最大40倍でトレードできるので、少ない資金で効率よくトレードできる点も評価できます。

2.マージンコールが実質ない

iForexでは、マージンコールが証拠金維持率0.25%以下になると発動します。

通常、マージンコールはロスカットの手前で発動され、アクションを起こさなければなりません。

しかしiForexでは、ロスカット自体が証拠金維持率0%以下に設定されているため、マージンコールがほぼない状態です。

よって、ギリギリまで粘ってトレードできる体制が整っています。

3.新規トレーダーに3%利息サービスがある

iForexでは、有効保有額1,000ドルから150,000ドルまでの場合、有効保有額全額に対して3%固定利息が付与されます。

この利息は毎月算出して口座に入金され、取引している間にお金がお金を生み出せます。

なお、利息サービスは新規のトレーダーにのみ適用されますが、まだ慣れていないトレーダーにとって心強い存在です。

4.簡単即座の出金に対応

海外FXのデメリットとして、出金までに時間がかかる点が挙げられます。

特に、銀行口座への送金は場合によっては数週間かかることもあり、スピーディーに資金を回収したい場合に困ります。

iForexは、すべての出金依頼でiForex内での処理を経て、3営業日以内に決済処理業者に指示されるためスピーディーな出金が可能です。

5.友達紹介制度がある

iFOREXでは、お友達紹介制度が用意されています。

リアルな友人や知人、ブログなどを経由してiFOREXを紹介すると、取引をはじめたトレーダー1人につき最大500ドル(約65,000円)が付与されます。

具体的な条件は、以下の通りです。

お友達の初回入金額紹介元のボーナスお友達のボーナス紹介元の必要取引量お友達の必要取引量
250-500ドル50ドル50ドル1,000,000ドル1,000,000ドル
501-1,000ドル100ドル50ドル2,000,000ドル2,000,000ドル
1,001-2,000ドル200ドル100ドル3,000,000ドル3,000,000ドル
2,001-3,000ドル300ドル150ドル5,000,000ドル5,000,000ドル
3,001-4,000ドル400ドル200ドル7,000,000ドル7,000,000ドル
4,001ドル以上500ドル250ドル9,000,000ドル9,000,000ドル

友達紹介制度をうまく活用することで、さらに有利にトレードできる点が魅力的です。

6.MT4が利用できない

iFOREXでは、有名な取引プラットフォームであるMT4に対応していません。

オリジナルのプラットフォームであるFXnet Viewerが用意されており、とても使いやすいと高く評価されています。

ただし、MT4に対応していないことでEAを用いた自動売買ができない点はデメリットとなっています。

7.分別管理だけで信託保全には対応していない

iFOREXでは、トレーダーの資金管理方法として信託保全に対応していません

iFOREX自体は信頼性が高い業者であり、出金拒否などの口コミも見受けられないため比較的安心して利用できます。

しかし、iFOREXの顧客資金管理方法が信託保全ではなく分別管理であるため、もしiFOREXが倒産した場合に投資金が全額返金されない可能性がある点は注意が必要です。

Tradeview

Tradeview
出典:Tradeview

Tradeviewは、世界中のラグビー団体を応援しており、ラグビー好きであれば頻繁に目にする海外FX業者です。

スタイリッシュなホームページで、ほしい情報を逐次確認できます。

ここで、Tradeviewの基本情報を紹介します。

FX業者名Tradeview
保有ライセンスケイマン諸島金融庁
取引形態NDD STP または ECN
最大通貨ペア数71種類
最大レバレッジ400倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.8銭
取引手数料無料
取引ツールMT4/MT5/cTrader/CURRENEX
公式サイトURLhttps://www.tradeviewforex.com/ja/
資産保証最大35,000ドル
ボーナスの種類なし
ロスカット水準100%
ゼロカットの有無あり

ここからは、Tradeviewの特徴を詳しく解説します。

1.cTraderが使用できる

Tradeviewでは、取引プラットフォームとして定番のMT4やMT5だけでなく、cTraderが利用できます

cTraderは、約定力が非常に高くスキャルピングに適したプラットフォームとして人気で、取引面でもMT4より直感的に使いやすいという魅力があります。

またcTraderは、クリック注文のカスタマイズが簡単で、日本語化しやすい特徴があるなど、MT4よりも使いやすい取引プラットフォームが利用できます。

2.ECN方式による透明性の高い取引が可能

Tradeviewは、ECN方式を採用していることでトレーダーの注文がFX業者を介さず直接インターバンク市場に流れる方式で取引できます。

ECN方式は株式投資に採用されている取引方法であり、トレーダー同士が直接取引するため、透明性のあるトレードが可能です。

ECN口座でのみ利用できるため、信頼を求めるならECN口座を選定してください。

3.日本人スタッフがサポート

Tradeviewでは、日本人スタッフが常駐しています。

他の海外FX業者でも日本語対応しているところが大半ですが、あいまいな日本語を使用しているケースがあります。

その点、TradeviewではFXの知識に長けた日本人スタッフが対応するので、気軽に相談できる点が魅力的です。

4.暗号資産で入出金できる

Tradeviewでは、bitpayを経由してビットコインを入金してトレード可能です。

入金は即日反映されるため、早急に取引開始したい際に役立ちます。

また、他所で暗号資産を増やして、その資金をbitpayに移管してTradeviewで取引できます。

5.最大ポジション数は無制限

Tradeviewでは、最大ポジション数が無制限となっています。

大量な資金でトレードしたい場合、ポジション数が制限されていると自由な取引ができません。

その点で、Tradeviewでは最大ポジション数が無制限であるため、様々な通貨ペアで自由にトレードできる点が魅力です。

6.口座開設が面倒

他の海外FX業者では、最短30秒で口座開設まで完了するケースがあります。

その点、Tradeviewでは入力項目が多く、本人確認書類のアップロードも同時に行う必要があるため手間がかかります。

すべての手続きはオンラインで完了しますが、多少時間がかかって面倒である点には注意が必要です。

7.ロスカット率は100%

Tradeviewでは、ロスカット率が100%に設定されています。

これは、日本のFX業者と同レベルの高さであり、他の海外FX業者よりも早い段階でロスカットされます。

もし、ギリギリまで粘ってハイレバトレードしたい方は、Tradeviewの利用はおすすめできません。

HotForex

HotForex
出典:HotForex

HotForexは、有名サッカーチームであるパリサンジェルマンのオフィシャルパートナーに就任しています。

よって、特にヨーロッパではとても知名度の高い業者として知られています。

ここで、HotForexの基本情報を紹介します。

FX業者名HotForex
保有ライセンスセントビンセント・グレナディーンFSA
取引形態NDD STP
最大通貨ペア数51種類
最大レバレッジ1,000倍
最小取引単位1,000通貨
スキャルピング・自動売買の有無可能
スプレッドUSD/JPN1.6銭
取引手数料無料
取引ツール MT4
公式サイトURLhttps://www.hotforex.com/sv/jp/index.html
資産保証最大500万ユーロ
ボーナスの種類4種類
ロスカット水準20%
ゼロカットの有無あり

ここからは、HotForexの特徴を詳しく解説します。

1.ビデオチュートリアルでFXを学べる

HotForexでは、FXを学べるコンテンツが充実しています。

特に、ビデオチュートリアルではFX取引の基礎を動画で学べます

また、ニュースコンテンツも満載であり、今後どのようにトレードを進めればよいのかを決めることができます。

2.各種賞を受賞

HotForexは、過去に多くの賞を受賞している実績のある海外FX業者です。

過去にHotForexが受賞した賞は、以下の通りです。

HotForexの受賞歴
  • BEST FOREX BROKER NIGERIA INTERNATIONAL FINANCE AWARDS
  • TOP 100 COMPANIES WORLD FINANCE MAGAZINE
  • BEST MULTI-ASSET BROKER GLOBAL PAN FINANCE
  • FOREX TRADING PLATFORM OF THE YEAR BUSINESS DAY
  • BEST FOREX BROKER ASIA GLOBAL BUSINESS REVIEW MAGAZINE
  • BEST CLIENT FUND SECURITY GLOBAL 2021 INTERNATIONAL BUSINESS MAGAZINE
  • BEST FOREX PARTNERS PROGRAM – GLOBAL GLOBAL FOREX AWARDS
  • MOST TRUSTED FOREX BROKER ASIA GLOBAL FOREX AWARDS
  • BEST CFD TRADING CONDITIONS 2021 WORLD ECONOMIC MAGAZINE
  • BEST FOREX BROKER LATIN AMERICA 2021 GLOBAL BANKING AND FINANCE REVIEW
  • BEST FOREX MOBILE APPLICATION GLOBAL BRANDS MAGAZINE
  • BEST FOREX BROKER AFRICA THE EUROPEAN
  • BEST MARKET RESEARCH AND EDUCATION GLOBAL 2021 CAPITAL FINANCE INTERNATIONAL MAGAZINE (CFI.CO)
  • BEST CUSTOMER SERVICE EXPERIENCE – GLOBAL WORLD BUSINESS OUTLOOK
  • MOST TRANSPARENT BROKER THE EUROPEAN – GLOBAL BANKING & FINANCE REVIEW AWARDS

1年程度で上記のような賞を受賞しているため、各方面から高い評価を受けていることが分かります。

3.最大1,000倍のレバレッジでトレードできる

HotForexでは、最大1,000倍のレバレッジで取引できます。

レバレッジ1,000倍にする条件は、マイクロ口座で口座残高300,000ドル以下としなければなりません。

ただ、少額トレードではレバレッジ制限を気にするすることなくトレードできる点が評価できます。

4.ロスカット水準が10%と低め

HotForexは、ロスカット水準が10%と低めに設定されています。

これにより、ギリギリまで粘ってトレードできるメリットがあります。

5.約定率が高い

HotForexは、安定したサーバーにより運用されていることから、約定率が高い点が魅力的です。

また、日本人トレーダーの利用者が少ないこともあり、混雑することがない点もメリットとなります。

6.銀行送金で入金できない

HotForexでは、クレジットカード/デビットカード、ビットコイン、bitwalletでの入金に対応していますが、銀行送金に対応していません

なるべく、手元資金の中で手軽に送金したい場合に銀行送金が最適ですが、対応していないため注意してください。

7.日本円口座が用意されていない

HotForexでは、円建て口座に対応しておらず、取引口座の基軸通貨はドル建て口座、ユーロ建て口座しか選択できません

円建て口座がないため、資金管理時に日本円でどの程度の資金があるかを一目で確認できません。

また、入金時よりも出金時に円安の場合は利益が発生、逆に入金時よりも出金時に円高の場合は損失が発生するリスクがあります。

海外FX業者各社を項目ごとに徹底比較

各業者の特徴について紹介しましたが、各業者を相対的に評価することも重要です。

主に、FX取引する上で以下の項目が重要となります。

FX業者で評価すべき項目
  • ボーナス
  • レバレッジ
  • ゼロカット
  • スプレッド
  • ロスカット

ここでは、上記項目について各業者を比較した結果を紹介します。

海外FX業者各社のボーナス比較

海外FX業者では、スプレッドが実質的な手数料となっており、徴収された手数料をゼロカットやボーナスという形で還元されています。

よって、日本のFX業者では見られない魅力的なボーナスが多い点が魅力的です。

FX業者各社のボーナスを比較した結果がこちらです。

FX業者名ボーナスの種類ボーナス内容
IG証券1種類新規口座開設ボーナス
FXGiants(FXジャイアンツ)なし
XM Trading3種類新規口座開設ボーナス
入金ボーナス
XMポイントプログラム
GEMFOREX3種類新規口座開設ボーナス
入金ボーナス
友達紹介ボーナス
AXIORYなし
FXGT3種類新規口座開設ボーナス
入金ボーナス
友達紹介ボーナス
Titan FXなし
iForex2種類100%キャッシュバック
入金ボーナス
Tradeviewなし
HotForex4種類ウェルカムボーナス
スーパーチャージボーナス
クレジットボーナス
友達紹介ボーナス

単純に、ボーナスの数で言えばHotForexが最もおすすめです。

HotForexのスーパーチャージボーナスでは、1ロットごとにUSD2ドルのキャッシュバックを取引口座に直接獲得でき、さらに最大累計リベートはUSD 8,000ドルまでとなります。

さらに、クレジットボーナスと併用すればボーナスを出金することも可能です。

ボーナスという観点で言えばXM Tradingもおすすめで、XMポイントプログラムによって取引数に応じてボーナスを獲得できます。

海外FX業者各社のレバレッジ比較

海外FX業者の醍醐味として、ハイレバトレードできる点があります。

これは、日本のFX業者のように金融庁の規制を受けておらず、自由にレバレッジを設定できるためです。

FX業者各社のレバレッジを比較した結果がこちらです。

FX業者名最大レバレッジ
IG証券100倍
FXGiants(FXジャイアンツ)1,000倍
XM Trading888倍
GEMFOREX1,000倍
AXIORY400倍
FXGT1,000倍
Titan FX500倍
iForex400倍
Tradeview400倍
HotForex1,000倍

FXGiants(FXジャイアンツ)、GEMFOREX、FXGT、HotForexが横並びで1,000倍のレバレッジを設定可能です。

また、XM Tradingも比較的高めの888倍でトレードできます。

海外FX業者各社のゼロカット比較

ハイレバトレードする場合、なるべく資金ギリギリまで粘ってトレードしたいものです。

ただ、ハイレバトレードでは大きな相場の変動時に多額の負債を抱えるリスクがあります。

そこで、ゼロカットシステムがあると仮に大きなマイナスとなった場合でも損失補填を受けられます。

各業者のゼロカットを比較した結果がこちらです。

FX業者名ゼロカットの有無
IG証券なし
FXGiants(FXジャイアンツ)あり
XM Tradingあり
GEMFOREXあり
AXIORYあり
FXGTあり
Titan FXあり
iForexあり
Tradeviewあり
HotForexあり

IG証券は、日本の金融ライセンスを取得しているためゼロカットを採用していません。

他の海外FX業者ではゼロカットに対応しているので、安心してください。

ただし、自動で補填してくれる業者が大半の中で一部申請が必要になる場合があるので注意してください。

海外FX業者各社のスプレッド比較

海外FXでは、いかにスプレッドが狭い業者を選定できるかが重要です。

そこで、FX業者各社のスプレッドを比較しました。

FX業者名スプレッド
IG証券USD/JPN0.2銭
FXGiants(FXジャイアンツ)USD/JPN1.6銭
XM TradingUSD/JPN1.5銭
GEMFOREXUSD/JPN1.6銭
AXIORYUSD/JPN1.2銭
FXGTUSD/JPN1.5銭
Titan FXUSD/JPN1.2銭
iForexUSD/JPN1.0銭
TradeviewUSD/JPN1.8銭
HotForexUSD/JPN1.6銭

上記結果より、スプレッドが最も低いのはIG証券ということが分かりました。

これは先ほど紹介した通り、日本の金融ライセンスを取得しているため、スプレッドは日本のFX業者並みに低く設定されています。

IG証券を除けば、iForex、AXIORY、Titan FXが比較的狭めのスプレッドに設定されています。

海外FX業者各社のロスカット比較

ゼロカットに至る前に、ロスカットがどの程度の設定になっているのかを確認することも海外FX業者を選ぶ際に重要です。

そこで、FX業者各社のロスカットを比較しました。

FX業者名ロスカット水準
IG証券75%
FXGiants(FXジャイアンツ)レギュラー口座:20%
ゼロスプレッド口座:80%
XM Trading20%
GEMFOREX20%
AXIORY20%
FXGTセント口座・ミニ口座・スタンダード口座:20%
ECN口座:40%
Titan FX20%
iForex0%
Tradeview100%
HotForex20%

iForexの0%という設定は破格であり、ほぼゼロカットの基準まで粘ってトレード可能です。

また、一般的にはロスカット水準が20%に設定されていることが多い中、IG証券やTradeviewはロスカット水準が高めに設定されていることが分かりました。

まとめ

海外FX業者を利用することで、日本のFX業者では得られないハイレバトレードを楽しめます。

また、IG証券のように日本の金融ライセンスを取得していることで、信頼性の高さが判断できる業者も存在します。

今回紹介した内容をしっかりと確認して、自分にとって最適な業者でトレードしてください。

おすすめの記事