xmのアイキャッチ画像

XMTrading(エックスエムトレーディング)は最大1,000倍のハイレバレッジトレードができ、日本語サポートも充実している日本でも人気の海外FX業者です。

ただし海外FX業者の多くが、日本の金融庁の認可を得ていないため、少なからずリスクも存在します。

では実際にXMはどのようなFX業者なのでしょうか。

 
XMって安全なの?
 
XMでFXトレードするメリットとデメリットが知りたい

そこでこの記事では、日本国内で人気のXMについて徹底解説していきます。

この記事を読めば分かること
  • XMの特徴
  • XMのメリット・デメリット
  • XMの実際の口コミや評判
  • XMの安全性
  • XMの口座タイプ
  • XMの入出金方法
  • XMの口座開設方法

もくじで見る

XMの概要

XM公式サイトの画像
出典:XMTrading

それではまず、XMを運営する会社はどのような会社なのか、会社概要を紹介します。

運営会社名Tradexfin Limited
商号XMTrading(XM トレーディング)
設立年2009年
本社所在地F20, 1st floor, Eden Plaza, Eden Island, Seychelles
金融ライセンス情報FSA:セーシェル金融庁
(登録番号:SD010)
従業員数180名以上(支社を含むと200名以上)

XMはTradexfin Limitedが運営する日本でも人気の海外FX業者です。

2009年に設立され、10年以上にわたりFXトレードサービスを提供しています。

また、XMは日本語でのサポートにも定評があります。

以下はXMのサポート情報です。

対応言語日本語、英語、中国語、マレーシア語、ロシア語、韓国語、チベット語、フィリピン語、台湾語、タイ語、アラビア語、ヒンディー語、ヒンディー語、ギリシャ語、ハンガリー語、フランス語、ポーランド語、イタリア語、スウェーデン語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語、ダッチ、チェコ語
日本語サイトあり、完全日本語仕様
日本人スタッフ数15名前後
取引システム日本語対応
日本語電話サポートあり
日本語メールサポートあり
サポートメールアドレスsupport@xmtrading.com
日本語ライブチャットサポートあり
口座開設サポートあり

上記のように日本語でのサポートも手厚く、海外FX業者ながら日本人スタッフも15人ほどいるので、安心して取引できる点も魅力です。

日本語での電話やメール対応はもちろん、営業時間内であれば日本語でライブチャットでき、迅速にサポートしてもらえる点もポイントです。

XMのトレードスペック

XMの会社概要を把握したところで、続いては実際の取引環境や条件について解説します。

XMの取引条件は以下の通りです。

口座タイプマイクロ口座スタンダード口座XM Zero口座
注文方式NDD+STP方式NDD+STP方式ECN方式
取引ツールMT4,MT5MT4,MT5MT4,MT5
最大レバレッジ1,000倍1,000倍500倍
取引手数料無料無料1lot取引毎に
片道5USD
スプレッド1.6~1.8pips1.6~1.8pips0.0~0.3pips
取引通貨単位1lot=1,000通貨1lot=100,000通貨1lot=100,000通貨
最低取引数量0.01lot(10通貨)0.01lot(1,000通貨)0.01lot(1,000通貨)
初回最低入金額5USD5USD5USD
ストップレベル4.0pips4.0pips4.0pips

XMでは「マイクロ口座」「スタンダード口座」「XM Zero口座」の3種類の口座タイプを用意しており、それぞれ取引条件が異なります。

また、FXをはじめ、多くの銘柄をトレードできる点もXMが持つ魅力の1つです。

XMでトレードできる銘柄は以下の通りです。

XMTradingでトレードできる銘柄一覧
  • 通貨ペア:57銘柄
  • コモディティ(商品):8銘柄(先物CFD)
  • 貴金属:4銘柄(現物CFD 2銘柄+先物CFD 2銘柄)
  • 株式指数:24銘柄(現物指数CFD 14銘柄+先物指数CFD 10銘柄)
  • エネルギー:5銘柄(先物CFD)
  • 仮想通貨:31銘柄

1つの口座から、上記全ての銘柄の取引が可能です。

さらにXMでは、CFDで取引できる銘柄も豊富なので、資金を抑えながら効率よく様々な銘柄が取引できます。

XMのスプレッド比較

それではここで、XMと他の海外FX業者とのスプレッドを比較してみましょう。

スプレッドはFX取引する際の買値と売値の差であり、実質的にこれが取引コストになるため、スプレッドは低い方がコストが少なくて済みます。

FX業者や口座のタイプ、取引する通貨のペアでも異なるため、今回は各海外FX業者の最もスタンダードな口座タイプで通貨ペアごとに比較します。

FX業者ドル円(USD/JPY)ユーロ円(EUR/JPY)ポンド円(GBP/JPY)
XMTrading1.6pips2.3pips3.5pips
AXIORY1.4pips1.7pips2.1pips
GEMFOREX1.5pips2.6pips2.7pips
iFOREX0.9pips1.2pips2.3pips
BigBoss1.6pips1.9pips2.4pips
IS6FX1.6pips2.3pips3.1pips
Tradeview2.15pips2.18pips2.77pips
FBS2.0pips3.0pips4.0pips
HotForex1.8pips1.9pips3.26pips
Land-FX0.8pips1.8pips1.8pips

上記の通り各社スタンダード口座の比較では、XMは決してスプレッドが狭いわけではないようです。

どうしてもスプレッドにこだわって取引したい場合は、他社の利用を検討するか、もしくはスプレッドが最小0.0~のXM Zero口座の利用を検討してみてください。

XMとは?XMの7つの特徴をご紹介

XMは海外FX業者でありながら、日本人のトレーダーにも幅広く利用されています。

ではそんなXMには、具体的にどのような特徴があるのでしょうか。

XMの特徴には、利用者に支持されている以下の7つが挙げられます。

XMTradingの7つの特徴
  1. 透明性の高いNDD方式を採用
  2. リクオート無しの強い約定力
  3. ゼロカットシステムを採用
  4. 豊富な入出金方法が手数料無料
  5. 24時間いつでも日本語で完全サポート
  6. 資金の分別管理で高い安全性を保障
  7. 世界的にもポピュラーなMeta Trader 4&5を採用

ここからは、XMの特徴を具体的に1つずつ解説していきます。

1.透明性の高いNDD方式を採用

XMでは取引方式に、NDD方式を採用しています。

NDD方式とは?

NDD方式とはNon Dealing Deskの略で、トレーダーからの注文がそのままインターバンク市場へ流れる取引手法のことです。

これに対してDD方式とはトレーダーとFX業者が1対1で取引する手法のことを言います。

トレーダーの注文が市場にダイレクトに流れるNDD方式は、価格の操作がしにくいため、一般的に透明度の高い取引方式と言われています。

一方、国内のFX業者の場合はDD方式が採用されていますが、DD方式ではFX業者を介しての為替レートの提示となります。

そのため為替レートの操作がしやすく、不正が行われる余地が入ってしまうのがデメリットです。

XMでは透明性の高いNDD方式が採用されているので、不正の余地なく、トレーダーに最もメリットのあるタイミングで約定できる公平性が魅力です。

2.リクオート無しの強い約定力

XMの公式見解によると、平均約定率は99.98%を実現し、全取引の99.35%が1秒以下で執行されています。

このリクオート無しの強い約定力は、トレーダーにとっても非常に頼もしいポイントです。

XMの強い約定力の画像
出典:XMTrading

注文した際のレートで約定できず、追って別価格を提示されるリクオートは、トレーダーにとってかなりのストレスになります。

1秒以下で約定できればほとんど滑ることなく、希望価格に近いレートで取引できるため、トレーダーからの信頼性も向上します。

前述したNDD方式の採用により、トレーダーと業者間での利益相反が起こらず、より早く約定できる点もポイントです。

FX取引において強い約定力は、公平なトレードにもつながるため非常に重要であり、この約定力の強さはXMの大きな強みと言えます。

3.ゼロカットシステムを採用

XMでは、ゼロカットシステムを採用しています。

ハイレバレッジをかけてトレードできるのが海外FXの醍醐味であり、大きな魅力の1つです。

しかしハイレバレッジトレードには、大きな損失を生み出す可能性があるというデメリットも存在します。

そんなリスクからトレーダーを守ってくれるのがゼロカットシステムです。

ゼロカットシステムとは?

ゼロカットシステムとは急激なレートの変動により、ロスカットが間に合わず損失が発生した場合に、証拠金以上の損失を負わないシステムのことです。トレードによって発生した損失で口座残高がマイナスになった場合は、そのマイナス分をFX業者が負担してくれます。

そもそもFXでは、証拠金維持率が下回った場合ロスカットが実行され、損失を大きくしないようになっています。

しかし何百倍~何千倍のハイレバレッジがかけられるトレードでは、急激な相場の変動に対応できず、ロスカットが間に合わないケースもあります。

その際ゼロカットシステムを採用していないFX業者の場合だと、証拠金以上の損失が発生して大きな借金を抱えることになります。

国内FXで借金を抱えるのは、基本的に追証が発生して損失が大きくなってしまうケースがほとんどです。

その点海外FXではゼロカットシステムを採用している業者が多く、追証が発生しないため借金を抱えるリスクがありません。

XMでもゼロカットシステムを採用しているため、ハイレバレッジをかけて資金効率よくトレードしつつ、損失にはゼロカットシステムでリスクに対応できるのが大きな特徴です。

4.豊富な入出金方法が手数料無料

海外FXではしばしば、トレードで利益が出てもなかなか出金してもらえなかったというケースや、場合によっては出金拒否されたという話も耳にします。

せっかくFXトレードで利益が出ても、こういった出金トラブルに巻き込まれてしまっては台無しになってしまいます。

XMではこういった出金トラブルなく、迅速に入出金処理しているのも特徴です。

また、出金だけでなく各種入金の際にも手数料がかからず、入金方法も様々な手段が用意されています。

XMTradingで利用できる入金方法
  • 国内銀行送金
  • クレジットカード/デビットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • BXONE(ビーエックスワン)

※ただし現在STICPAYによる入金の新規受付を終了しており、過去に入金履歴が合うユーザーのみ利用できます。

国内銀行送金は近くのATMやインターネットバンキングから手軽に入金ができるので、どなたでも簡単に入金可能です。

クレジットカードでの入金もXMの口座に直接送金でき、その手軽さが魅力です。

急いで入金したい場合はbitwalletやSTICPAY、BXONEといった電子ウォレットでの入金がおすすめです。

通常5分程度で入金が反映され、すぐにトレードが始められます。

どの入金手段を選んでも、銀行や決済サービスによる手数料が発生した場合も含めXM側が手数料を負担してくれるため、入金額がそのまま口座へ反映されるのも嬉しいポイントです。

5.24時間いつでも日本語で完全サポート

海外FX業者であるXMが、多くの日本人に利用される理由の1つがこの充実した日本語でのサポートです。

XMでは日本人オペレーターが、メールやライブチャットなど様々な方法でトレーダーをサポートしてくれます。

海外FX業者を利用する際の一番の不安点である言語の壁について、手厚くサポートしてもらえるのは非常にありがたく、安心感を得られるポイントです。

サポートの対応時間も、ライブチャットは平日午前9時から午後9時まで対応してもらえ、メールでのサポートであれば平日は24時間対応しています。

営業時間内であればちょっとした問い合わせはライブチャットですぐに確認でき、営業時間外でもメールしておけば確認してすぐに対応してもらえます。

特に海外FXを初めて利用する初心者には、こういった完全日本語サポートがあることで海外FXにも挑戦しやすくなるのでおすすめです。

6.資金の分別管理で高い安全性を保障

XMではセーシェル金融庁の金融ライセンスを取得しています。

このセーシェル金融庁の金融ライセンス自体は、取得難度は正直それほど高くありません。

こちらの金融ライセンスに加えて、XMでは資金を明確に分別管理しています。

トレーダーが得た利益については、英国のバークレイズ銀行やスイスのクレディスイスといった一流銀行にて、通常の運転資金とは分けて管理されています。

そのため、万が一XMの運営に支障が出た場合でも、顧客の資金が運営資金に回されることなく安全に管理されているのです。

また、顧客の資金については米国最大手の保険会社であるAIG損害保険がかけられており、安心して資金を預けながらトレードに集中できます。

7.世界的にもポピュラーなMeta Trader 4&5を採用

XMのMeta Tradingの画像
出典:XMTrading

XMはこのMT4とMT5を、世界で最初に提供したFX業者の1つです。

MT4(Meta Trader 4)とMT5(Meta Trader 5)は、世界で最も利用されているFXトレードのプラットフォームです。

MT4とMT5では様々なインジケーターが利用でき、自分の取引スタイルに合わせてチャート画面をカスタマイズしながらトレードできます。

また自動売買機能により、事前に決めた設定に沿ってシステムが自動でトレードし続けてくれるため、普段の生活をしながらでもチャンスを逃さずに取引ができます。

XMではMT4のビデオチュートリアルを製作し、HP上で公開しています。

こういった無料の教育プログラムの提供もあり、これらが利用できる点もXMの大きな特徴であり強みと言えます。

XMのメリット・デメリット

続いてXMを利用するメリットとデメリットを紹介していきます。

XMには他の海外FX業者にはない、独自のメリットが多く存在します。

一方で他社に比べて物足りなく感じる、やや残念なデメリットも確かにあります。

利用を検討する場合には、メリットに加えデメリットも把握しておくことが非常に重要です。

ここからは、XMのメリットとデメリットを具体的に解説していきます。

XMのメリット

それではまず、XMを利用するメリットから解説していきます。

XMの利用には、魅力的な5つのメリットがあります。

XMTradingを利用する5つのメリット
  1. 最大1,000倍のハイレバレッジをかけて取引できる
  2. 豪華なボーナスキャンペーンを開催している
  3. XMPロイヤリティプログラムがお得
  4. 仮想通貨CFDが取引可能
  5. デモ口座を用意しており何度でも練習できる

それぞれ1つずつ詳しく解説していきます。

1.最大1,000倍のハイレバレッジをかけて取引できる

海外FXを利用するメリットと言えば、高いレバレッジをかけて取引できる点が挙げられます。

国内FXの場合は、金融庁によりレバレッジは最大で25倍までと定められており、厳しく規制されています。

一方XMでは2022年6月より、最大レバレッジが従来の888倍から1,000倍に引き上げられました

これにより手元の資金が少なくても大きな取引が可能となり、必要な証拠金額は少なくて済みます。

例えば1ドル100円の場合に、1ロット=100,000通貨分の取引に必要な証拠金は通常だと10,000,000円となりますが、1,000倍のレバレッジでは証拠金が10,000円あれば同様の取引ができます。

ハイレバレッジを利用して取引すると、資金効率良く取引できるのが魅力です。

ただしレバレッジが高くなるほど、損失が発生した場合の金額も大きくなります。

そこでXMでは、口座の証拠金残高に応じてレバレッジに制限を設けて、リスクを管理しています。

証拠金毎の最大レバレッジは下の表のとおりです。

口座内の証拠金残高最大レバレッジ
0~$20,0001,000倍
$20,001~$100,000200倍
$100,001以上100倍

注意しなければならないのは1口座の証拠金残高ではなく、1アカウント、最大で8つの口座残高の合計金額で制限がかかる点です。

このレバレッジ制限に加え、ゼロカットシステムの採用により証拠金以上の損失は発生せず、借金を負うリスクはありません。

リスクを限定しつつ、最大1,000倍のハイレバレッジで効率よくトレードできる点は、XMの大きなメリットです。

2.豪華なボーナスキャンペーンを開催している

XMでは定期的に豪華なキャンペーンを開催しており、多彩なボーナスが用意されている点も魅力です。

2022年7月現在開催されているボーナスキャンペーンを例に解説します。

XMTradingで開催されている3つのボーナスキャンペーン
  1. 新規口座開設ボーナス
  2. 2段階の入金ボーナス
  3. 友人紹介プログラム

1つずつ解説していきます。

XMの口座開設ボーナスの画像
出典:XMTrading

新規口座開設ボーナスは、XMで初めて口座を開設するトレーダーに限り、証拠金として利用できる3,000円分のボーナスをプレゼントしています。

これにより入金しなくてもトレードできるので、試しにボーナスを使って海外FXを体験してみる、といった使い方も可能です。

新規口座開設ボーナスは口座を開設し、確認書類の提出による口座の有効化後に申請可能です。

XMの入金ボーナスの画像
出典:XMTrading

XMの入金ボーナスは2段階に分かれています。

まず入金額が$500に達するまでは入金額の100%、つまり入金額と同額のボーナスが貰えます。

$500入金すると、$500分のボーナスが貰え$1,000の証拠金でトレードが可能です。

受け取ったボーナスが$500を超えた分からは、入金額の20%が入金ボーナスとして貰え、それまでの$500分のボーナスと合わせて最大で$5,000分の入金ボーナスが貰えます。

また、XMではこの入金ボーナスのリセットを不定期で行っています。

リセットの対象となるのは入金ボーナス枠を全て使い切ったユーザーで、リセットされると入金ボーナス枠が復活し、再度入金ボーナスが利用可能となります。

XMのお友達紹介キャンペーンの画像
出典:XMTrading

XMでは友人紹介プログラムというキャンペーンも随時開催されています。

こちらはXMを紹介すると、1人につき$25~$35のボーナスを得られます。

貰えるボーナスは紹介した人数により増えていきます。

XMTradingを紹介した人数1人紹介につき貰えるボーナス額
1人~15人1人につき$25
16人~30人1人につき$30
31人以上1人につき$35

このキャンペーンの特徴は、ここで得たボーナスは自由に出金が可能という点です。

通常キャンペーンでもらえるボーナスは、それ自体は出金できず、トレードに充ててそこで得た利益として初めて出金できます。

しかしこの友人紹介プログラムは、貰ったボーナス自体の出金ができるので、実質現金と同じような扱いができるのが魅力です。

ここまで紹介してきたとおり、XMでは様々なボーナスキャンペーンを開催しており、うまく利用することでコストを抑えてお得にトレードできる点は大きなメリットです。

3.XMPロイヤリティプログラムがお得

XMでは業界でもいち早く、独自のポイントシステムを採用しました。

それが「XMロイヤルティプログラム」です。

取引毎にXMP(XMポイント)という、現金やボーナスに交換できるポイントが貰えます。

交換先交換比率1200XP交換した場合
取引ボーナスに交換する場合XMPの33.3%400ドル分のボーナス
現金として換金する場合XMPの2.5%現金30ドル

上記の通りトレードで使用できるボーナスと現金への換金では、その交換比率に大きな差があるため、圧倒的にボーナスへ交換した方がお得です。

獲得できるポイントは、ロイヤルティステータスによって変動します。

XMのロイヤルティステータスの画像
出典:XMTrading

このロイヤルティステータスは、一定期間取引を継続するだけで自動的にランクがアップし、ステータスが上がると1ロット取引毎に獲得できるXMPが増加します。

特にデメリットはなく、取引を続けるだけでお得なポイントが貯まっていくので、XMでのトレードが楽しみになる要素の1つと言えます。

せっかくアップしたステータスも、一定期間取引がないとExecutiveステータスまで戻ってしまうので注意してください。

4.仮想通貨CFDが取引可能

仮想通貨CFDが取引できるのも、XMを利用するメリットの1つです。

XMの仮想通貨CFDの画像
出典:XMTrading

XMでは、ビットコインやイーサリアムをはじめ30種類以上の仮想通貨ペアを、24時間毎日トレード可能です。

仮想通貨CFDにはスワップが発生せず、決済期日も特に設定されていません。

そのためポジションの持ち越しによるロールオーバーや利払いを気にすることなく、アクティブなトレードができます。

仮想通貨についても最大250倍のレバレッジをかけてトレードでき、少ない証拠金でボラティリティの高い仮想通貨がトレード可能です。

ただし250倍のレバレッジが利用できるのは、以下の5つの仮想通貨とそのペアの銘柄のみで、その他のペアでのレバレッジは最大50倍なので注意が必要です。

XMTradingで最大250倍のレバレッジが利用できる仮想通貨ペア
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)

もちろん仮想通貨CFD取引の場合も、ゼロカットシステムにより追証無しでリスクが制限されているので、変動の激しい仮想通貨も安心してトレードできます。

5.デモ口座を用意しており何度でも練習できる

国内でのFXトレードに慣れているトレーダーでも、海外FXではまた勝手が異なるため、まずはマーケットの雰囲気に慣れたいと考える人もいると思います。

そんな人にはXMで用意されているデモ口座を利用するのがおすすめです。

XMのデモ口座は、専用フォームに必要項目を入力するだけで簡単に開設できます。

身分証明書等の本人確認書類の提出も必要なく、リアル口座とほぼ同じ環境で気軽にお試しできるのが魅力です。

$100,000の仮想残高を使い、トレードの練習や新しい戦略を試してみたり、自動売買を試験運用してみたりできます。

MT4やMT5の操作に慣れていない人は、このデモ口座で自分にぴったりの設定にカスタマイズすることもできるので、本番のトレードの前にリスクなくしっかりと準備ができる点もメリットの1つです。

XMのデメリット

ここまでXMのメリットを紹介してきましたが、XMには利用するにあたってのデメリットもいくつかあります。

XMの利用を検討する場合は、デメリットについてしっかりと把握してからでも遅くはありません。

ここからはXMを利用するデメリットについて解説していきます。

XMTradingを利用する3つのデメリット
  1. 全体的にスプレッドが広め
  2. 法人口座が開設できない
  3. 一定期間利用しないと口座維持費が発生する

デメリットについても、1つずつ具体的に解説していきます。

1.全体的にスプレッドが広め

この記事序盤の「XMのスプレッド比較」でも触れたとおり、XMのスプレッドは他の海外FX業者に比べ決して狭くはありません。

このスプレッドの広さが、XMの最大のデメリットと言えます。

スプレッドが広いとそれだけ1回の取引コストが高いことになり、取引の際にはコスト分を上回る利益を出さなければなりません。

したがってスキャルピングのような、取引回数を増やして小さな利益を積み重ねていくような戦略は不向きと言えます。

その分デイトレードやスイングトレードといった比較的しっかり腰を据えてのトレードでは、これくらいのスプレッドの広さはそれほど気にならないためおすすめです。

またXMでは豪華なボーナスキャンペーンも魅力ですので、このボーナスを利用して多少のスプレッドの広さは許容とするのも戦略の1つです。

2.法人口座が開設できない

現在XMでは法人口座の開設は行っておらず、個人口座のみ開設可能です。

法人口座が開設できると、他の事業と損益通算できたり、経費として計上できる項目が増えたりと多くのメリットが得られます。

また、FXトレードにより年間で大きな利益を得ている場合は、一般的に個人口座よりも法人口座の方が税率は低く抑えられ、節税効果も期待できます。

XMでは法人口座の開設ができないため、そういった法人口座を作るメリットが利用できない点は、XMを利用する上で大きなデメリットです。

どうしても法人口座を開設したい場合は、別の海外FX業者も検討してみましょう。

3.一定期間利用しないと口座維持費が発生する

XMでは基本的に口座の開設費用や口座の維持費用はかかりません。

しかし、一定の条件を満たすと休眠状態となり、毎月$5(約650円)の口座維持費が発生します。

口座が休眠口座となる条件
  • 口座に残高がある
  • 90日間取引していない
  • 90日間入出金、資金振替、追加の取引口座を開設していない

上記の3つの条件を満たしてしまった場合、以降口座は休眠口座として扱われ維持費が発生します。

口座の維持費はもったいないので、最低でも90日以内に取引や入出金するようにしましょう。

また、口座残高が0になった状態で90日間口座を放置すると口座凍結となり、二度と同じ口座で取引できなくなります。

口座を凍結させたくない場合は、口座残高を長い間「0」の状態にしないように注意しましょう。

XMはこんな人におすすめ!

XMは豊富なボーナスや安心の日本語サポートを受けながら、海外FXの醍醐味であるハイレバレッジトレードができるのが魅力です。

そんなXMは、これから海外FXトレードを始めてみたいトレーダーや、海外FXに興味はあるけどなかなか一歩が踏み出せないトレーダーに特におすすめです。

XMは日本でも多くのトレーダーが利用しており、安全面とトレードのしやすさに定評がある、海外FXデビューにはうってつけの業者です。

デモ口座が用意されているので、まずはデモトレードでマーケットの動向やハイレバレッジトレードの感覚を掴むまで十分練習できます。

慣れてきたら、口座開設ボーナスや入金ボーナスを最大限活かしながらトレードをスタートさせれば、最小限の自己資金で海外FXデビューが叶います。

ゼロカットシステムにより証拠金以上の損失は発生しないので、必要以上に怖がることもありません。

XMは海外FX初心者のデビューに、自信をもっておすすめできるFX業者です。

XMの評判・口コミ

XMの利用を検討する場合、実際の利用者の口コミや評判は気になるところだと思います。

ここからは実際のトレーダーによる、XMの評判や口コミを紹介していきます。

良い評判と悪い評判をそれぞれ紹介しますので、是非参考にしてみてください。

XMの良い評判

最初にXMの良い評判を紹介していきます。

これらのツイートは、どちらもXMのボーナスを喜ぶつぶやきです。

XMと言えば豪華なボーナスと言えるくらい、トレーダーにとっては口座開設ボーナスや入金ボーナスは非常にありがたいものです。

不定期で入金額の100%が追加でもらえる入金ボーナスキャンペーンも開催されており、これらをうまく使うことで自己資金を抑えながらFXトレードが楽しめます。

こちらはXMのロイヤルティステータスに関するツイートです。

XMでは独自のポイントプログラムを採用しており、このロイヤルティステータスによってもらえるポイントが変動します。

ロイヤルティステータスは、XMでの取引期間に応じて自動でランクアップしていくため、トレードとは別にXMP(XMポイント)を貯める楽しみもXMの魅力の1つです。

XMでは2022年6月より、最大レバレッジが1,000倍に引き上げられました。

これを受けてレバレッジを1,000倍に変更したトレーダーのツイートです。

ゼロカットシステムによりリスクを限定しつつ、ハイレバレッジを利用して少ない証拠金で大きく勝負できるのは、まさに海外FXの醍醐味と言えます。

XMの悪い評判

ここからは実際にXMを利用しているトレーダーから寄せられた、悪い口コミを紹介していきます。

こちらはXMを始めとした海外FX業者の安全性を疑問視するツイートです。

このツイートにもある通り、日本の金融庁は以下のように海外FX業者に向けて注意喚起しています。

外国為替証拠金取引は、比較的少額で取引できる反面、差し入れた証拠金以上の多額の損失が生じるおそれのある非常にリスクの高い商品です。取引の仕組みと取引に伴うリスクを十分に理解したうえで、自らの責任で適切な投資判断を行ってください

引用元:金融庁外国為替証拠金取引について

ただしこちらは特定の海外FX業者に向けてではなく、日本よりも高いレバレッジで取引可能な海外FXの利用そのものについての注意喚起であり、上記の通り自らの責任で投資するようにという内容に留まっています。

海外FXを利用する際は、リスクを把握した上で安心してトレードができる業者を見極めてトレードすることが重要です。

XMでの仮想通貨CFD取引開始を喜びつつも、スプレッドの広さを懸念しているツイートです。

確かにXMよりもスプレッドの狭い業者は他にもあるため、スプレッドに重点をおいて取引業者を選びたい場合は他のFX業者がおすすめです。

しかしXMには、そのスプレッドを許容してでも利用するメリットを感じるトレーダーも多くいます。

FX業者の利用には、安全性やサポートの有無など総合的な判断が重要です。

XMでは出金の際、どの出金方法を選んでも手数料は無料ですが、銀行出金の場合は出金額が40万円未満だと2,500円の出金手数料が発生します。

この出金手数料が意外に高く、もったいないと感じるユーザーも多いようです。

一旦口座の残高が40万円以上になるように入金し、その後出金するという方法もありますが、やはり面倒なため銀行出金の手数料を取られてしまうのは残念なポイントです。

XMの危険性や安全性に関して

XMの様々な口コミや評判を見てみましたが、「出金してもらえない」、「出金が拒否された」というような悪質な出金トラブルや詐欺のような口コミは見られませんでした。

実際過去にもそういった出金トラブル等が起きたことはなく、むしろ出金に関してはスムーズで迅速に対応してもらえたという評価をよく見かけます。

このようにきちんと出金が迅速に行われるといった点も、企業としての誠実さを感じ、信頼に値するFX業者を判断する基準となります。

実際XMは資本金約400億円の大企業であり、2017年に口座数は全世界で100万口座を突破、金融業界で15以上もの受賞歴を持っています。

特に2016年には「World Finance100」に選出されており、FX業者では唯一の選出であることからも、世界的に見ても評価の高いFX業者だと言えます。

上記のような点からも、XMは信頼性や安全性の高い海外FX業者であると判断できると思います。

XMの口座の種類

XMの口座についての解説画像
出典:XMTrading

XMではトレードスタイルに合わせて、特徴の異なる3種類の取引口座タイプが用意されています。

それぞれスプレッドや最大レバレッジ、ロット数、ボーナスの有無などが異なります。

XMTradingの3つの取引口座タイプ
  • スタンダード口座
  • マイクロ口座
  • XM Zero口座

それぞれの取引スペックは下記の通りです。

口座タイプスタンダード口座マイクロ口座XM Zero口座
最大レバレッジ1,000倍1,000倍500倍
取引手数料無料無料1ロット($100,000)の
取引につき片道$5
スプレッド1.0pips~1.0pips~0.0pips~
1ロットの通貨単位100,000通貨1,000通貨100,000通貨
最小ロット数0.01ロットMT4:0.01ロット
MT5:0.1ロット
0.01ロット
最大ロット数50ロット100ロット50ロット
口座開設ボーナスありありあり
取引ボーナス
入金ボーナス
ありありなし
最低入金額500円500円500円

それぞれの口座タイプの特徴について、1つずつ詳しく解説します。

スタンダード口座

スタンダード口座は、取引手数料無料で最低入金額が500円から、最大1,000倍のレバレッジをかけて取引ができるもっともポピュラーな口座タイプです。

口座開設ボーナスや入金ボーナスなど各種ボーナスが対象のため、ボーナスを元手にバランスの良い設定でトレードが可能です。

スペックにクセがないため、FX初心者から上級者まで幅広いトレーダーにおすすめの口座です。

スタンダード口座のスプレッド

XMのスタンダード口座における、主要通貨ペアのスプレッドは下記の通りです。

通貨ペアスタンダード口座の平均スプレッド
USDJPY1.6pips
EURJPY2.4pips
GBPJPY3.7pips
AUDJPY3.5pips
NZDJPY3.4pips
EURUSD1.7pips
GBPUSD2.4pips
AUDNZD3.8pips
XAUUSD3.5pips

上記の表を見ても、XMのスタンダード口座のスプレッドは他社と比べて広めと言えます。

スプレッドは取引手数料と同じ意味となるため、狭い方が取引コストを抑えられますが、XMでは豪華なボーナスなども用意されているため総合的に判断する必要があります。

マイクロ口座

マイクロ口座も基本的な取引スペックは、スタンダード口座と大きく変わりません。

異なる点は1ロットあたりの通貨単位で、スタンダード口座が100,000通貨なのに対し、マイクロ口座は1,000通貨と100分の1となっています。

つまり1ロットあたりの価値がスタンダード口座の100分の1であることを意味します。

これにより1ロットでエントリーする場合の必要証拠金も100分の1で済み、損益の変動も100分の1となります。

万が一読みが外れて損失が発生した場合でも、損失額も100分の1なのでリスクを極限まで抑えてトレードが可能です。

少額で気軽にトレードを始めてみたい初心者におすすめの口座タイプです。

マイクロ口座のスプレッド

マイクロ口座のスプレッドも、基本的にスタンダード口座のスプレッドと同じになるため、やはりスプレッドは広めです。

通貨ペアスタンダード口座の平均スプレッド
USDJPY1.6pips
EURJPY2.4pips
GBPJPY3.7pips
AUDJPY3.5pips
NZDJPY3.4pips
EURUSD1.7pips
GBPUSD2.4pips
AUDNZD3.8pips
XAUUSD3.5pips

ただしマイクロ口座の場合は、そもそも取引金額が少額でリスクも低いため、スプレッドの広さはそれほど問題ととらえていないトレーダーも多いと思います。

マイクロ口座のスプレッドは広めですが各種ボーナスの対象なので、ボーナスを利用しながらお得に取引を始めるのがおすすめです。

XM Zero口座

XM Zero口座もスタンダード口座同様、1ロット100,000通貨で取引可能な口座タイプですが、スプレッドや取引手数料、最大レバレッジなどが異なります。

XMのデメリットは広めのスプレッドですが、XM Zero口座のスプレッドは最小0.0pips~と非常に狭いのが特徴です。

ただしXM Zero口座では、スプレッドに加え別途取引手数料がかかります。

手数料がかかるのは残念ですが、それでも取引コストで見ると他の2つの口座に比べ抑えられる傾向にあるので、スキャルピングをメインでトレードしたい方に特におすすめです。

取引手数料が低い一方で、最大レバレッジは500倍までと他の口座の半分に制限されています。

加えてボーナスについても、入金ボーナスや取引ボーナスは対象外となるので、最初にある程度まとまった自己資金が必要となります。

新規口座開設ボーナスは対象なので、このボーナスをうまく利用することで3,000円分の証拠金が受け取れ、リスク無しでXM Zero口座を試せます。

XM Zero口座のスプレッド

XM Zero口座は他の低スプレッドが売りのFX業者にも負けない、狭いスプレッドでトレードできますが、別途往復$10の取引手数料がかかります。

通貨ペアスタンダード口座の平均スプレッド取引手数料合計コスト
USDJPY0.1pips1.0pips($10)1.1pips
EURJPY0.45pips1.0pips($10)1.45pips
GBPJPY1.33pips1.0pips($10)2.33pips
AUDJPY1.52pips1.0pips($10)2.52pips
NZDJPY2.41pips1.0pips($10)3.41pips
EURUSD0.06pips1.0pips($10)1.06pips
GBPUSD0.46pips1.0pips($10)1.46pips
AUDNZD2.25pips1.0pips($10)3.25pips
XAUUSD2.1pips1.0pips($10)3.1pips

上記の通り、取引手数料を加味した合計コストでも、他の2つの口座はもちろん他社の低スプレッド口座にも負けないスプレッドの狭さが魅力です。

XMの入金方法

ここからはXMの入金方法について解説していきます。

2022年7月現在、XMへの入金方法は以下の5種類です。

XMTradingで利用できる入金方法
  • 国内銀行送金
  • クレジットカード/デビットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • BXONE(ビーエックスワン)

※ただし現在STICPAYによる入金の新規受付は終了しており、過去に入金履歴があるユーザーのみ利用できます。

それぞれの入金方法について、順番に解説していきます。

国内銀行送金を利用して入金する場合

はじめに国内銀行送金によりXMへ入金する方法を、手順を追いながら解説していきます。

国内銀行送金にて入金する場合の最低入金額は1万円です。

1万円未満の入金の場合は入金手数料980円が発生し、この手数料を差し引いた金額が口座に入金されるので注意してください。

1.会員ページにログインする

XMの会員ページログイン画面
出典:XMTrading

XMの会員ページログイン画面から、口座番号とパスワードを入力してログインします。

2.「入金」ボタンをクリックする

会員ページにログインすると、下の画面が表示されます。

XMの会員ページの画像
出典:XMTrading

右下にある、緑の「入金」ボタンをクリックします。

3.入金方法として「Local Bank Transfer」を選ぶ

入金ボタンをクリックすると、下の画像のように入金方法一覧が表示されます。

入金方法一覧画面
出典:XMTrading

「Local Bank Transfer」の「入金」ボタンをクリックします。

4.注意事項を確認して送金先銀行口座宛てに振り込む

「入金」ボタンをクリックすると、入金先の銀行口座情報が表示されます。

XMの送金先銀行口座の画面
出典:XMTrading

画面に表示されている注意事項に目を通して確認してください。

確認ができたら画面下部に表示されている銀行口座宛てに、ご利用の銀行口座窓口やインターネットバンキングから振込んでください。

振り込み時の注意点

入金手続きの際には振込人名義欄に、XMに登録しているアルファベットの名前と入金先の取引口座番号を、必ず指定して送金してください。

例えばXM口座の登録氏名がYamada Taroで、入金先の口座番号が12345678の場合、振込人名義は「Yamada Taro 12345678」としてください。

上記の振込人名義の指定を、忘れずに必ず行ってください。

5.入金完了メールの確認

入金先の指定銀行口座へ着金が確認されると、XMより入金完了メールが届きます。

入金処理完了メールの画像
出典:XMTrading

こちらの入金完了メールが届けば、国内銀行送金による入金は完了です。

銀行の取引時間内であれば、通常だと振込から30分~1時間前後でXMの口座へ残高が加算されます。

入金した金額分、口座残高が増えているか確認してください。

クレジットカード/デビットカードを利用して入金する場合

クレジットカードやデビットカードを利用して入金する場合は、24時間365日すぐに口座へ入金が反映されます。

入金手数料もかからず即時入金可能なので、非常に便利な入金方法です。

VISAカードとJCBカードが利用可能ですが、XMでは現在JCBカードによる入金の受付を停止しています。

JCBカードで入金できるのは、過去にJCBカードを利用しているユーザーのみで、新規での入金受付は行っていないので注意してください。

またクレジットカードやデビットカードは、XMに登録している本人名義のカードからのみ入金可能です。

家族名義や会社名義のカードからの入金はできないので、こちらも注意してください。

それではクレジットカード/デビットカードを利用して入金する方法を順番に解説していきます。

1.会員ページにログインする

XMの会員ページログイン画面
出典:XMTrading

XMの会員ページログイン画面から、口座番号とパスワードを入力してログインします。

2.「入金」ボタンをクリックする

会員ページにログインすると、下の画面が表示されます。

XMの会員ページの画像
出典:XMTrading

右下にある、緑の「入金」ボタンをクリックします。

3.入金方法として「Credit/Debit Cards」を選ぶ

入金ボタンをクリックすると、下の画像のように入金方法一覧が表示されます。

入金方法一覧の画像
出典:XMTrading

「VISA」か「JCB」のどちらかの「入金」ボタンをクリックします。

4.入金画面で入金額を入力する

下のような入金画面が表示されます。

カードの入金額入力画面
出典:XMTrading

入金額の欄に希望の入金額を入力します。

入力出来たらその下の「入金」ボタンをクリックしてください。

JCBカードの場合、最低入金額は1万円です。

5.入金額を確認する

「入金」ボタンをクリックすると下のような入金額の確認画面が開きます。

入金額の確認画面
出典:XMTrading

記載されている口座番号(XMの取引口座ID)と入金額を確認します。

確認できたら下の「確定」ボタンをクリックします。

6.カード情報を入力する

「確定」ボタンをクリックすると下のような画面が開きます。

カード情報の入力画面
出典:XMTrading

利用するクレジットカードまたはデビットカードのカード詳細を順番に入力していきます。

カード詳細の入力項目
  • カード番号
  • クレジットカード名義人氏名
  • 有効期限
  • CW2/CV2/CAV2

一番下の「CW2/CV2/CAV2」の項目には、カード裏面の署名欄に記載されているセキュリティコード(数字の下3桁)を入力します。

入力ができたら下の「支払う」ボタンをクリックします。

7.支払いの詳細を確認する

「支払う」のボタンをクリックすると下のようなカード支払いの詳細画面が開きます。

カード支払い確認画面の画像
出典:XMTrading

内容を確認して、問題なければ「お店に戻る」のボタンをクリックするとXMの会員ページに戻ります。

8.入金完了メールの確認

入金手続き後、すぐにXMより入金完了メールが届きます。

カード入金完了メール
出典:XMTrading

こちらの入金完了メールが届けば、クレジットカード/デビットカードによる入金は完了です。

クレジットカード/デビットカードからの入金の場合は、即口座へ入金が反映されます。

入金した金額分、口座残高が増えているか確認してください。

bitwallet(ビットウォレット)を利用して入金する場合

XMではオンラインウォレットのbitwallet(ビットウォレット)を利用して入金ができます。

bitwallet(ビットウォレット)とは?

bitwallet(ビットウォレット)とはシンガポールのbitwallet Pte Ltd社が運営するオンラインウォレットサービスです。日本円(JPY)、米ドル(USD)、欧州ユーロ(EUR)などの通貨に対応しており、24時間365日いつでも入金や送金、各種支払いなどが行えます。bitwalletは資金移動時の手数料が安価な点が特徴で、多くの海外FX業者で採用されている入金方法の1つです。

クレジットカード/デビットカードと同様、24時間365日いつでも入金でき、即口座に反映されます。

海外FX口座へ送金する方法として、非常に便利な入金方法です。

XMへのbitwalletを利用した入金では、日本円のみの対応となり、米ドルや欧州ユーロの取引口座へは入金できないので注意してください。

それでは、bitwalletでの入金方法の手順を詳しく解説します。

1.会員ページにログインする

XMの会員ページログイン画面
出典:XMTrading

XMの会員ページログイン画面から、口座番号とパスワードを入力してログインします。

2.「入金」ボタンをクリックする

会員ページにログインすると、下の画面が表示されます。

XMの会員ページの画像
出典:XMTrading

右下にある、緑の「入金」ボタンをクリックします。

3.入金方法として「Bitwallet」を選ぶ

入金ボタンをクリックすると、下の画像のように入金方法一覧が表示されます。

入金方法一覧bitwallet
出典:XMTrading

「Bitwallet」の「入金」ボタンをクリックします。

取引口座の通貨が日本円の場合のみbitwalletから入金が可能です。

取引口座の通貨が米ドルや欧州ユーロの場合は、入金方法一覧にbitwalletが表示されないので注意してください。

4.必要事項を入力する

「入金」ボタンをクリックすると下のような画面が開きます。

ビットウォレットからの入金画面
出典:XMTrading

必要事項を入力していきます。

入力項目入力例
①Bitwallet口座(Eメール)xmtrading@sample.com
②入金額(JPY)10,000

必要事項を入力したら「入金」ボタンをクリックします。

5.支払いの詳細を確認する

「入金」ボタンをクリックすると、下のような支払い詳細の確認画面が開きます。

ビットウォレットからの入金画面
出典:XMTrading

表示されている詳細画面を確認して、問題なければ「確定」ボタンをクリックします。

6.bitwalletのサイトに移動して必要事項を入力する

「確定」ボタンをクリックするとbitwalletのサイトへ移動します。

ビットウォレットのサイト画面
出典:XMTrading

ログイン画面が表示されたら、登録メールアドレス、パスワードを入力します。

「私はロボットではありません」にチェックを入れて「ログイン」ボタンをクリックします。

7.送金の内容を確認して決済する

ログインすると下の画面のようにアカウント決済情報が表示されます。

ビットウォレットのアカウント決済情報
出典:XMTrading

内容を確認して間違いなければ「決済する」ボタンをクリックしてください。

8.入金完了メールの確認

決済が完了すると下の完了画面が表示されます。

ビットウォレットの資金の送金完了画面
出典:XMTrading

「マーチャント画面に戻る」ボタンをクリックするとXMの会員ページに戻ります。

下の画面のように入金リクエスト完了という表示が出ればbitwalletによる入金は完了です。

ビットウォレットによる入金完了の画面
出典:XMTrading

入金手続き後、すぐにXMより入金完了メールが届きます。

入金した金額分、口座残高が増えているか確認してください。

BXONE(ビーエックスワン)を利用して入金する場合

XMではBXONE(ビーエックスワン)を利用して入金ができます。

クレジットカード/デビットカードと同様、24時間365日いつでも入金でき、即時口座に反映されます。

XMへのBXONEを利用した入金では、日本円のみの対応となり、米ドルや欧州ユーロの取引口座へは入金できないので注意してください。

それでは、BXONEでの入金方法の手順を詳しく解説します。

1.会員ページにログインする

XMの会員ページログイン画面
出典:XMTrading

XMの会員ページログイン画面から、口座番号とパスワードを入力してログインします。

2.「入金」ボタンをクリックする

会員ページにログインすると、下の画面が表示されます。

XMの会員ページの画像
出典:XMTrading

右下にある、緑の「入金」ボタンをクリックします。

3.入金方法として「Credit/Debit Cards」を選ぶ

入金ボタンをクリックすると、下の画像のように入金方法一覧が表示されます。

入金方法一覧BXONE
出典:XMTrading

「BXONE Wallet」の「入金」ボタンをクリックします。

4.必要事項を入力する

「入金」ボタンをクリックすると下の画面が表示されます。

BXONEの必要事項入力画面
出典:XMTrading

「BXONE 口座 ID」と「入金額」の欄にそれぞれ入力します。

入力が完了したら「入金」ボタンをクリックしてください。

5.入力内容を確認する

「入金」ボタンをクリックすると下の確認画面が表示されます。

BXONE入金の入力内容確認画面
出典:XMTrading

入金先のXMTrading取引口座ID、入金額を確認します。

間違いなければ「確定」ボタンをクリックしてください。

6.BXONEにログインする

「確定」ボタンをクリックするとBXONEサイトのログイン画面に移動します。

BXONEサイトログイン画面
出典:XMTrading

BXONEに登録済みのメールアドレスとパスワードを入力し、「私はロボットではありません」にチェックを入れて「ログイン」ボタンをクリックします。

7.決済情報を確認する

ログインすると下のように決済情報が表示されます。

BXONEの決済情報画面
出典:XMTrading

内容を確認して「Continue」のボタンをクリックします。

8.入金完了メールの確認

支払いが完了すると、下のような支払い情報画面が表示されるので内容を確認してください。

BXONEの支払い完了画面
出典:XMTrading

「Close」ボタンをクリックするとXMの会員ページに移動します。

BXONE入金リクエスト完了ページ
出典:XMTrading

上の画面のように「入金リクエスト完了」と表示されればBXONEでの入金は完了です。

入金手続き後、すぐにXMより入金完了メールが届きます。

入金した金額分、口座残高が増えているか確認してください。

XMの出金方法

ここからはXMでの出金方法について解説していきます。

XMで出金する場合、以下のような出金方法が利用可能です。

XMTradingで利用できる出金方法
  • 国内銀行送金
  • クレジットカード/デビットカード
  • bitwallet(ビットウォレット)
  • STICPAY(スティックペイ)
  • BXONE(ビーエックスワン)

どの出金方法を選んだ場合でも、出金手数料は全額XMが負担してくれるため無料です。

ただし国内銀行送金により出金する場合、出金額が40万円未満の場合は決済代行会社へ支払う手数料として、2,500円が発生するので注意が必要です。

またXMでは出金方法によって最低出金額と出金上限額が定められています。

各出金方法の最低出金額と出金上限額は以下の通りです。

出金方法最低出金額出金上限額
国内銀行送金10,000円無制限
クレジットカード/デビットカード500円入金金額
bitwallet(ビットウォレット)500円入金金額
STICPAY(スティックペイ)500円入金金額
BXONE(ビーエックスワン)500円入金金額

注意が必要なのは、国内銀行送金以外の出金方法では、入金した金額までしか出金ができない点です。

また、利益分の出金は国内銀行送金のみでしか出金できない点も覚えておきましょう。

国内銀行送金を利用して出金する場合

国内銀行送金での出金手数料は無料ですが、40万円未満の出金の場合は手数料2,500円がかかります。

国内銀行送金による出金では、唯一FXトレードによる利益についても出金が可能です。

また、出金先の口座として指定できるのは、海外からの送金が受け取り可能なSWIFTコードのある銀行の口座のみです。

SWIFTコードを持たない銀行の場合は、海外送金の受付ができないため利用できません。

以下の銀行はSWIFTコードを持たないため、利用できない銀行の一例です。

SWIFTコードがなく出金できない銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行(インターネット支店)
  • 新生銀行
  • ジャパンネット銀行
  • セブン銀行

上記の銀行口座しか持っていない場合は、トレードによる利益の出金が出来なくなってしまうため、SWIFTコードを持つ銀行の口座を新たに開設しましょう。

国内銀行送金を利用した出金方法

国内銀行送金により出金する場合、まずXMの会員ページから出金先の銀行情報と出金額を入力し、出金申請手続きをします。

出金申請から24時間以内にXMでの処理が完了し、その後1~2営業日で指定の銀行口座へ出金が完了します。

クレジットカード/デビットカードを利用して出金する場合

クレジットカード及びデビットカードを利用した出金では、手数料はかかりません。

VISAカードを利用して入金した場合は、利用したVISAカードへの出金となります。

他の入金方法も利用した場合でも、出金時はVISAカードでの出金が優先されます。

出金方法の優先順位はまずVISAカードでの出金、次いでオンラインウォレット(bitwallet・STICPAY・BXONE)、最後が国内銀行送金となっています。

また、出金可能なクレジットカード及びデビットカードはVISAカードのみです。

JCBカードで入金した場合も、JCBカードには出金できず、国内銀行送金を利用しての出金となります。

クレジットカード及びデビットカードで出金する場合、3つの注意事項があります。

クレジットカード/デビットカードで出金する場合の注意事項
  • 出金上限額はカードでの入金合計額まで
  • FXトレードで得た利益は出金できない
  • VISAカードで入金後3か月経過した場合は国内銀行送金での出金になる

1つめはVISAカードで出金の場合は、VISAカードで入金した合計額までしか出金できません。

仮にVISAカードで5万円入金して、国内銀行送金で3万円入金した場合でも、VISAカードに出金できるのは5万円までとなります。

2つめはFXトレードで得た利益は、国内銀行送金でしか出金できない点です。

仮にVISAカードで5万円入金して3万円分の利益が出た場合でも、VISAカードに出金できるのは5万円までで、利益の3万円は別途国内銀行送金を利用して出金しなければなりません。

3つめは入金から3か月が過ぎた場合は、国内銀行送金でしか出金できない点です。

クレジットカード及びデビットカードで出金する場合は、以前に入金した「利用記録」をキャンセルすることで返金処理が行われます。

そのため3か月が過ぎるとキャンセルできなくなってしまい、その後は国内銀行送金での出金となるのです。

以上の3つの注意点もあり、クレジットカード/デビットカードでの出金は、あまりおすすめできない出金方法となっています。

クレジットカード/デビットカードを利用した出金方法

クレジットカード及びデビットカードを利用して出金する場合、XMの会員ページからクレジットカード/デビットカードを選んで出金申請手続きをします。

出金申請から24時間以内にXMでの処理が完了し、その後カード会社により1週間~1か月ほどで指定の銀行口座へ出金が完了します。

オンラインウォレット(bitwallet・STICPAY・BXONE)を利用して出金する場合

オンラインウォレットを利用して入金した場合は、入金方法と同じ方法で出金が可能です。

bitwalletを利用して入金した場合はbitwalletが、BXONEを利用して入金した場合はBXONEが出金方法として選べます。

オンラインウォレットを利用して出金する場合は、即時に各オンラインウォレット口座の残高に、出金が反映される点がメリットです。

また、3つのオンラインウォレットのどの方法でも、出金手数料はかかりません。

クレジットカード/デビットカード同様、入金額以上の出金はできないため、入金額以上の出金分は別途国内銀行送金にて出金する必要があるので注意してください。

オンラインウォレット(bitwallet・STICPAY・BXONE)を利用した出金方法

オンラインウォレット(bitwallet・STICPAY・BXONE)を利用して出金する場合、XMの会員ページからそれぞれの出金方法を選択して、出金申請手続きをします。

出金申請から24時間以内にXMでの処理が完了し、即時に各オンラインウォレットの口座へ出金が完了します。

XMの入金ボーナス・口座開設ボーナス

続いてXMの魅力の1つでもあるボーナスについて解説します。

XMでは豪華な入金ボーナスと口座開設ボーナスのキャンペーンを開催しています。

入金ボーナス

XMでは不定期で、入金ボーナスキャンペーンを開催しています。

XMのボーナスキャンペーン
出典:XMTrading

入金ボーナスは2段階で分かれており、まず$500までの入金については入金額と同額のボーナスが貰えます。

つまり最初に$500入金した場合、証拠金残高は$1,000になります。

以降は入金額の20%がボーナスとして貰えます。

最大で$4,500分のボーナスを貰えるので、それまでの$500の入金とは別に、$22,500までの入金に対して毎回20%のボーナスが貰えるということになります。

非常にお得なキャンペーンですが、さらに嬉しいことにXMではこの入金ボーナスのリセットを不定期で行っています。

もしボーナスを満額まで受け取っている場合は、リセットを申請すると再度入金ボーナスが復活し、また1段階目のボーナスから受け取れます。

新規口座開設ボーナス

XMで初めて口座を開設する場合には、口座開設ボーナスが受け取れます。

口座開設ボーナスの画像
出典:XMTrading

最初のリアル口座を開設すると、証拠金として使用できる3,000円分のボーナスが貰えます。

このボーナスにより、投資のリスクがない状態でXMの様々な環境を試しながらトレードできます。

リアル口座開設後、本人確認書類の提出により口座を有効化した後、口座開設ボーナスの請求が可能です。

ボーナスの請求は、画面の指示に従って電子メール認証するだけなので、簡単に行えます。

新規口座開設ボーナスは初回の1度きりのボーナスですが、ノーリスクでトレードが開始できる絶好のチャンスです。

口座を開設する際は、忘れずにボーナスを請求しましょう。

どちらのボーナスキャンペーンも、うまく利用すれば非常に資金効率よくトレード可能です。

注意しなければならないのは、ボーナスそのものは出金できない点です。

ボーナスを利用して得た利益についてはもちろん全て出金可能なので、積極的にボーナスを活用してトレードすることをおすすめします。

XMの口座開設方法

ここからはXMの口座開設方法を解説します。

XMの口座開設は非常に簡単ですので、申請だけであれば5分程度で完了し、早ければ30分後にはトレードを開始できます。

XMの口座開設のステップは以下の3つです。

XMTradingの口座開設に必要な3つのステップ
  1. 口座開設ページを開き必要事項を入力する
  2. 確認メールを受けとる
  3. 本人確認書類を提出して口座を有効化する

1ステップずつ順番に解説していきます。

1.口座開設ページを開き必要事項を入力する

まずXMの口座開設ページを開きます。

XMのトップページの画像
出典:XMTrading

XMトップページの「リアル口座開設」ボタンをクリックし、口座開設ページにアクセスします。

XMの口座開設画面
出典:XMTrading

リアル口座の開設ページが開いたら、必要事項を入力していきます。

XM口座開設個人情報記入画面
出典:XMTrading
入力項目入力例
①下のお名前Taro
②ミドルネーム(該当する場合)空欄でOK
③姓Yamada
④居住国Japan
(プルダウンメニューから選択)
⑤希望言語日本語
(プルダウンメニューから選択)
⑥コード+81
(プルダウンメニューから選択)
⑦電話番号9011119999
⑧Eメールxmtrading@sample.com

⑦のコードは、日本の場合はプルダウンメニューから「Japan(+81)」を選択してください。

電話番号は頭の0を除いて入力します。

入力出来たら続けて取引口座詳細を入力します。

XMの口座開設画面の取引口座詳細
出典:XMTrading
入力項目入力例
①組織名「FSA」か「FSC」を選択
②取引プラットフォーム「MT4」か「MT5」を選択
③口座タイプ「Standard」,「Micro」,「XMTrading Zero」の3つから選択

①の組織名はどちらを選んでも取引環境に差はありません。

②の取引プラットフォームはどちらか好みの方を選びましょう。

分からない場合は、初心者にもおすすめのMT4を選択してください。

③の口座タイプは一度選ぶと変更できません。

それぞれの特徴を把握し、よく考えて選んでください。

上記の入力が完了したら、「ステップ2へ進む」のボタンをクリックして2ページ目に移動します。

XMの口座開設画面の個人情報
出典:XMTrading
入力項目入力例
①下のお名前(全角カナ表記)タロウ
②姓(全角カナ表記)ヤマダ
③生年月日2000-01-01

①と②の名前は全角カタカナで入力します。

③の生年月日は入力欄をクリックするとカレンダーが出てきますので、該当の年月日を選んでください。

入力が完了したら続いて住所を入力します。

XMの口座開設画面の住所詳細
出典:XMTrading
入力項目入力例
①都道府県・市Shibuya-ku Tokyo
②番地・部屋番号1-1-1
③区町村・町名Jingumae
④郵便番号1500001
⑤納税義務のある米国市民ですか?いいえ
(プルダウンメニューから選択)

①~③は英語で入力します。

英語で住所を入れる場合は、並びに注意してください。

④の郵便番号はハイフンを入れず7桁の数字で入力します。

入力ができたら取引口座詳細を選んでいきます。

XMの口座開設画面の取引口座詳細
出典:XMTrading
入力項目入力例
①口座の基本通貨JPY
(プルダウンメニューから選択)
②レバレッジ1:1000
(プルダウンメニューから選択)
③口座ボーナスはい、ボーナスの受け取りを希望します。
(プルダウンメニューから選択)

①の口座の基本通貨は後から変更できないので注意してください。

②のレバレッジは後から変更可能です。

③のボーナスは受け取らない理由はないので是非受け取っておきましょう。

取引口座詳細を選び終わったら、続けて投資家情報を入力していきます。

XMの口座開設画面の投資家情報
出典:XMTrading
入力項目入力例
①投資額(USD)0 – 20,000
②取引の目的および性質投機
③雇用形態被雇用者
④職種企業間電子商取引
⑤学歴中学校卒業
⑥年間所得総額(USD)50,000未満
⑦純資産(USD)はいくら位だと推定できますか?50,000未満

①~⑦は全てプルダウンから選択します。

①の投資額、⑥の所得総額、⑦の純資産は米ドルで回答してください。

全て選んだら口座パスワードを設定します。

XMの口座開設画面の口座パスワード
出典:XMTrading
入力項目入力例
①口座パスワードABCabc123
②パスワードの確認ABCabc123

口座のパスワードには大文字・小文字・数字の3種類を全て使い、8~15文字の英数字を設定します。

②は間違えないように①と同じ内容を再度入力してください。

XMの口座開設画面確認
出典:XMTrading

パスワードが設定出来たら最後に確認事項にチェックを入れて、「リアル口座開設」ボタンをクリックすれば口座開設の申請は完了です。

2.確認メールを受けとる

口座開設の申請が完了すると、XMより確認メールが届きます。

XMの口座開設確認メール
出典:XMTrading

先ほど登録したメールアドレスが有効なアドレスかの確認メールですので、「Eメールアドレスをご確認ください。」のボタンをクリックしてメールアドレスを認証します。

これで口座開設は完了です。

下のような画面が表示され、XMからもう1通メールが届きます。

XMの口座開設完了画面
出典:XMTrading

このメールにはログイン情報が記載されているので、大事に保管しておいてください。

メールに記載のIDと登録時に設定したパスワードで会員ページにログインします。

問題なくログインできるか、あらかじめ確認しておきましょう。

3.本人確認書類を提出して口座を有効化する

口座開設は完了しましたが、トレードを始めるには本人確認書類を提出して、口座を有効化しなければなりません。

口座を有効化するには、まず会員ページにログインします。

XM口座の有効化
出典:XMTrading

ログインしたら中央の「こちらより口座を有効化する」ボタンをクリックします。

クリックすると下のページに移動します。

XMの確認書類アップロード画面
出典:XMTrading

本人確認書類のアップロードは以下の手順で行います。

本人確認書類の提出方法
  1. 身分証明書のデータを選択する
  2. 現住所の証明ができる書類のデータを選択する
  3. 「書類をアップロードする」ボタンをクリックする

身分証明書と現住所が確認できる書類を1点ずつアップロードします。

これから紹介する提出書類のスキャンデータを、あらかじめ準備しておきましょう。

身分証明書としてアップロード可能なのは下記の書類です。

身分証明書として有効な書類
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 住基カード
  • 外国人登録証または在留カード
  • 障害者手帳

上記のいずれか1点の提出が必要です。

続いて住所確認書類として有効な書類を紹介します。

住所確認書類として有効な書類
  • 健康保険証
  • マイナンバーカード
  • 運転免許証
  • 公共料金の請求書または領収書
  • 印鑑証明書
  • 住民票
  • クレジットカードの明細書

確認書類を選んだら、「書類をアップロードする」ボタンから必要なデータをアップロードします。

アップロードが完了すると、XMから完了メールが届きます。

完了メールに続いて「口座有効化および顧客区分のお知らせ」という題名のメールが届きますので、このメールが届けば口座の有効化は完了です。

口座の有効化が完了したら、XMの口座開設作業は全て終了となり、すぐにでもトレードが始められます。

XMに関してよくある質問

最後にXMに関してよくある質問と、その回答を紹介します。

XMでは両建て取引はできますか?

XMでは同じ銘柄で「買い」と「売り」の両方のポジションを保有する「両建て取引」が可能です。

1つの取引口座内でポジションの両建てが認められています。

FXとゴールド・シルバーのトレードでは、両建ての必要証拠金はかからないため、証拠金維持率が100%未満でも両建てポジションが保有できます。

レバレッジの変更はできますか?

レバレッジの変更はログイン後、会員ページのマイアカウント内にある「レバレッジの変更」から変更可能です。

変更後のレバレッジには即時切り替えられます。

1つのアカウントで複数の取引口座を持てますか?

XMでは1アカウントにつき8口座まで開設可能です。

ただし、メールアドレスは全て共通のものを使用しなければいけません。

追加の口座開設は、会員ページからすぐに開設ができます。

また、新規口座開設キャンペーンはこれまでXMで口座を開設していない方が対象です。

複数口座を開設しても、最初の1口座しか口座開設ボーナスはもらえません。

口座タイプの変更は可能ですか?

XMでは特徴の異なる3種類の口座を用意していますが、一度口座タイプを決めて開設すると変更することはできません。

別の口座タイプを選んで、追加で口座を開設することは可能です。

おすすめの記事